昨年の来阪外国人観光客数は約1200万人と言われています。今後、オリンピック、大阪万博等のイベントが目白押しで、観光客数はさらに増加すると思われます。そこで、外国人観光客向けに日本の伝統である日本そばの手打ち体験教室を開きたいと思います。

プロジェクト本文

今、大阪が熱い!

 

はじめまして。

株式会社ベーシスの平山と申します。プロジェクトをご覧いただき、誠にありがとうございます。

プロジェクト内容をご説明させていただきます。

 

タイトルにある通り、

大阪に訪れる外国人観光客向けに、そば打ちの体験教室を開きたいと思っています。

 

増加する来阪外国人観光客、過去最高の1200万人

昨年の来阪観光客数は約1200万人。

今や大阪は世界でも有数の観光都市となりました。

 

 

前年越えは7年連続で、増加率はこのところ全国トップを維持しています。

欧米からの観光客数は東京に劣るものの、アジアからの観光客は東京をしのぐ勢いです。

25年の大阪万博、夢洲・うめキタなどの開発事業等のイベントが目白押しで、今後も大阪を訪れる外国人観光客は増加していくと思われます。

 


体験型ビジネスの潮流

 

爆買いからコト消費へ

外国人観光客が増加していく中で、消費行動にある変化が起きています。
数年前に流行語となった爆買いは落ち着き、

消費行動は、「モノ消費」から「コト消費」に変わり始めています。

コト消費とは?

商品やサービスから得られる体験(コト)を重視した消費傾向のことです。

つまり傾向として、外国人観光客は商品(モノ)よりも何かを体験することに価値を見出していると思われます。

最近では、習字体験、着物体験や酒蔵見学が外国人観光客の注目を集めているようです。

 

 

 

*実際の体験写真です。

 

そば打ち体験教室

今回のプロジェクトは、純粋な体験型コト消費になります。

では、なぜそば打ち体験なのか?

一般的に外国人が好む日本食メニューは、ラーメン、すし、てんぷら、たこ焼きといったところでしょうか。しかし、それらは近年アジア各国で日本企業が積極的に進出しており、外国人にとって身近なメニューとなりつつあります。

“日本で食べる”という価値はあるものの、十分に満足しているかどうかは懐疑的で、日本に来たからすし、天ぷら、大阪に来たからたこ焼き、お好み焼き…といったような、

ある意味安易な食の選択は変化していくと思われます。

一方、日本そばを海外で食す機会はまだ少なく、上記のメニューと比べても、より日本的なものと言えます。

最近では、日本そば屋で外国人がそばをすすっている光景をよく見かけるようになりました。

そこには、純粋に落ち着いた和の空間で、日本の伝統的なものを食すニーズがあることに気づきました。そばは日本の伝統であり、健康にも良いとされており、幅広い年齢層に好まれています。

そして、打ちたて手打ちのそばは、機械で作られたものとは違う味わいがあります。

そば打ちを体験してもらい、自ら打ったそばを食べていただくことは、観光客にとって特別な体験、時間になるのではないでしょうか。

 

 

*実際の調理写真です。

プロジェクトの社会的意義

昨今、深刻な人口減少問題を抱える事になった日本にとって、インバウンドビジネスの重要性は今後ますます増していくと思われます。

政府の施策や、様々な企業努力により、日本は着実に観光立国の道を歩んでいます。

インバウンドビジネスは都市部はもちろんのこと、地方創生の起爆剤ともなりえます。

外交、経済等の諸問題を抱え閉塞感が漂う日本にとって、

外国人観光客で賑わう町並みは、唯一の明るい兆しとも言えます。

 

選ばれ続ける国に

今後、観光立国として新たな成長を見据える日本は、

近視眼的ではなく、20年後30年後も選ばれ続ける国である必要があります。

そのためには、いかにして観光客の満足度をあげていくかが重要で、満足度が上がれば、リピーター、新規の観光客は増え続けると思われます。

そのためにはやはり、既存のサービスだけではなく、日本的で特別な体験、時間という付加価値を提供することが必要だと思われます。

その付加価値が、SNSや口コミで拡散されることが真の日本のプロモーションになるのではないでしょうか。

そういった地道な活動、取り組みが、選ばれ続ける国であるために必要なことと思われます。

 

 

*実際の体験写真です。

 

和の体験、空間、時間を提供する

 ロケーション

教室は古民家を利用しています。

最寄り駅は、天神橋筋6丁目駅です。

*実際の店舗風景です。

 

 

 

集客

・近隣ホテルとの提携

・旅行会社へのプランの提案

・SNSを活用した宣伝

 

 運営

・週5日営業

・10時~12時、12時~14時、14時~16時、17時~19時

計4コマの完全予約制。1コマ2時間(接客時間は1時間半、30分は準備時間)

営業時間は変更は運営状況により、変更することがあります。

・定員 6名

・スタッフ2人体制

 

スタッフ

英会話ができるスタッフが常時勤務しております。

 

体験メニュー

・そば打ち体験(1人1.5人前程度)

・試食⇒ざるそば、一品、ワンドリンク

・習字(お土産のうちわや色紙に筆ペンでお好きな文字を書いていただきます。)

 

 

支援金の使いみち

インテリア雑貨などの購入と広告宣伝費用に充当致します。

・インテリア(和の演出)雑貨 

・広告宣伝費

・利用手数料

 

スケジュール

9月27日~10月30日 支援金募集

 

店舗

善-zen-

大阪府大阪市北区長柄西1-1-41

リノベーション済みの古民家です。

近くに天神橋筋商店街や暮らしの今昔館などがあり、また難波や梅田からのアクセスが良いため、

外国人観光客が多く集まるエリアです。

 

善-zen-

 

最後に…

このプロジェクトを通じて、大阪、日本を盛り上げ、

日本の伝統文化を海外に発信したいと思っています。

皆様からのご支援お待ちしております!

何卒宜しくお願い申し上げます。

 

お問い合わせ先

株式会社ベーシス

代表取締役 平山博章

電話:090-2176-9187

メール:h.hiroaki0924@gmail.com