宮崎市の中心街【若草通】の落書きを、みんなで消すプロジェクトです。

プロジェクト本文

こんにちは!地域×クラウドファンディング FAAVO運営責任者の齋藤です。

 

FAAVOは「まちから生まれるおもいをつなげる」をコンセプトとした、地域を盛り上げるプロジェクトを多く取り扱ったクラウドファンディングサイトです。

※今、ご覧頂いているサービスです!

 

▲ 2012年6月のサービス開始より、累計5億円超の資金を地域に還元いたしました  

 

私たちは、2017年1月より、もっとFAAVOをまちに寄り添ったクラウドファンディングにすべく、責任者である齋藤の出身地であるここ宮崎の若草通(わかくさどおり)にオフィスを開設しました。

 

 

あの頃のワクワク感を取り戻したい!みんなでまた若草通に集まりませんか?  

 

▲昭和52年にアーケードがオープン。その後長く宮崎の流行の発信地でした 

 

今の30代以上の宮崎出身の皆さまであれば、若草通といえば、宮崎の流行発信地であり、そこにいけば、ドキドキワクワク、少し大人になった気がした想い出がある方は多いのではないでしょうか?

 

この若草通は、昔から大変多くのお店が軒を連ねており、宮崎の中心市街地の役目を果たしていました。

 

 

それが今や、昔とくらべて大幅に数が減っています。

大きい要因は、郊外型の大型ショッピングモールの出現です。

 

よくある話ですが、この影響で街中から郊外へ人の流れが変わってしまったのです。

 

▲特に平日のお昼の人通りはまばらです

 

若草通振興組合を構成する理事のみなさまは何十年もこの若草通に根ざして商売を行ってきたみなさまであり、勿論どうにかしてその流れを変えたいと考えてこられています。

 

▲若草通振興組合理事のみなさま、心強くバックアップ頂いています 

 

今、ご縁あって新しく入居した私たちサーチフィールドが若草通のために出来ること。

 

それは私たちが得意としている新しい手法クラウドファンディングを用いて、この若草通にインターネットの力で「新しいファン」をつくること、また「かつてのファンを呼び戻す」ことだと考えています。

 

温故知新の精神のもと、若草通振興組合のみなさまにご了解を頂き、この取り組みをさせていただくことができる運びとなりました。

  

なんでクラウドファンディングするの?

 

 

① 若草通の顔をつくりたい!     

この看板の管理は、若草通振興組合の担当です。この組合には、若草通に入居した私たちも所属しました。  

 

 よし、若草通を拠点にするからには、SNSのプロフィール写真も変えねば!ということで、写真スポットを探していた時に、愕然としてしまいました・・・

 

 

商店街の入口看板の一番目立つところに、落書きがあるんです・・・!

 

▲ 宮崎の中心市街地アーケードの入口なのに・・・

 

SNS(facebook、Twitter、instagramなど)がこれだけ普及している時代です。

 

普段みなさんも、行った場所や食べたものなど、記念に撮影して感想と共にSNSに投稿しませんか?SNSから色んな情報を取得し、実際に足を運んでみたことがある方も少なくないでしょう。

 

私たちは、若草通に来た人が「若草通に来たよ!」という写真を撮って、どんどんSNSに投稿し、日本中いや世界中の多くの方に「若草通」の名前を覚えてもらい、実際に遊びに来てもらうきっかけにしてほしいと思っています。

 

さて、では若草通の中のどこでその写真を撮影すればよいでしょうか?

 

 

「若草通」であることが分かって、さらに写真映えする場所を探してみたところ・・・・

 

 

 

 

理想的な場所が見つからなかったのです。

 

 

唯一、ここなら行けるかも?と思ったのが今回の場所。

 

なのに・・・

 

 

おーーーーーーい!

 

 

 

落書きがあるよ!!!!!

 

 

 

県外県内問わず、多くの人が若草通にきて、その記念に写真をとってSNSにアップする。

この落書きさえなければ、ここは、そのための絶好の場所になると思いませんか?

  

 

② 落書きの再発防止

 

この落書きですが、実は以前も書かれたことがあり、それを若草通振興組合のみなさまで消したという経験があるそうです。 

 

落書きをする側の心理はわかりませんが、1対1ではイタチごっこになってしまうのではないでしょうか。

 

今回、クラウドファンディングで支援を募り、みなさまから募った支援金でこの落書きを消すことにより、一人でも多くの人に再発防止にご協力頂きたいのです。

 

誰でも自分の家に落書きをされたら嫌な気持ちになるように、若草通、ひいては宮崎の顔ともも言えるこの看板に落書きをされることを、同じように嫌な気持ちになってもらえるよう、多くの宮崎県のみなさまに監視してもらえる、そのような体制を築いていきたいと思っています。

 

 

ただの落書き消しで終わらない。楽しいまちを、みんなでつくろう

 

 

想像してみてください。

 

昼間に多くのビジネスマン、学生が行きかい、お店やオフィスに頻繁に出入りしている若草通を。

 

さらに多種多様なお店が出店し、シャッターが空き始める若草通を。

 

老舗から新店舗までが共存し、刺激し、変貌しつづける若草通を。

 

(そして夕方から誘い合ってニシタチに飲みに行く、そんな若草通を笑)

 

 

今回の落書きを消すこの取り組みは、若草通を活気あふれる商店街にしていくことを、みなさんに「自分ごと化」してもらう第一歩に過ぎません。

 

 

この取り組みを通じ、私たちのふるさと宮崎県がより活気ある場所になること、そしてこれからの人口減社会の中で「選ばれる地方」になること。

 

 

せっかく宮崎県に住んでいるのであれば、そのような未来を一緒に見に行きませんか?

 

私たちもまだまだ微力ではありますが、まずは一緒に、ここからスタートしましょう!

 

みなさまからのご支援、何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

内訳(想定)

※せっかくきれいにするので、両面の看板ともにキレイに塗り直したいと思っています。

 

費用:500,000円(両面クリーニングで算出)

 - 落書き消しのみ:81,000円

 - 片面(広島通り口のみ)クリーニング:151,200円

 - 両面(一番街通りも含めて)クリーニング:172,800円

リターン品:101,160円

送料:42,120円

FAAVO手数料20%:80,000円

予備費:100,000円 ※郵送や発注時のバッファとして入れています

 

 

起案者情報

 

 

株式会社サーチフィールド WAKAKUSA Office代表 齋藤隆太

1984.10.16 宮崎市生まれ(大淀小→大淀中→宮崎南高)

2017.1 株式会社サーチフィールドWAKAKUSA Office立ち上げ

 

13歳の頃、若草通のショップで初めてSTUSSYの偽物を買ったことが始まり。

15歳、若草通全盛期で古着にハマる。

17歳、お年玉で買ったちょっといい服を来ていたところ、カツアゲに会う。半泣きでお金を出そうとしていたら、蕎麦屋の店主のじいちゃんに助けられ、一命を取りとめる。

18歳まで足繁く通い、たくさんの想い出を得る。

 

今の若草通周辺のオススメは、「ちょんぷーや」のカオマンガイと、なんだかんだで「おぐら」