宮崎県日向市の障害者支援施設「白浜学園」のハンディキャップアーティストと、宮崎県のデザイナーとのコラボレーション作品をTシャツとトートバッグにして、より多くの人にこの素晴らしいアートを広めていきます。

プロジェクト本文

はじめまして!起案者の谷口大輔と申します。

宮崎市の株式会社アビックスで企業ユニフォームやイベントウェアなどの販売を行っています。自作でTシャツをつくったりするほど根っからの洋服好きです。

本プロジェクトを立ち上げるきっかけとなったのは、JAGDA(公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会)宮崎主催のみやざきアートピクニックのトートバッグ作成を受けたことでした。

 

障がい者アートの個性溢れるデザインとの出会い

依頼を受けたトートバッグは宮崎のデザイナーがバックアップし、”障がいを持つ方々が描く絵画のすばらしさを多くの人へ紹介する”というイベントで展示されるものでした。

展示したトートバッグは大好評で、私自身も欲しい!と思えるような品ばかり。デザインそのものに惚れ込んでしまいました。

 


そしてこのアートがつくられる背景を知るとさらに愛着が湧いて、これを商品化できればもっとたくさんの人に見てもらえて社会貢献にも繋がるのではないかと思ったのです。

 

 

そうして訪れた、宮崎県日向市の障害者支援施設「白浜学園」。


平成2年に設立された障害者支援施設白浜学園はサーフィンの名所、日向市お倉ヶ浜よりほど近いのどかな場所にあり、現在50名ほどの利用者さんが生活をしています。

 

 

月に2回ほど絵画教室を開き創作活動を行っているそう。施設内には至る所に作品が飾られています。

 

  

 

 

施設から数分のところにあるアトリエ。席順が変わったり少しの環境の変化で作風がガラリと変わってしまうとのこと。以前に比べ補助金などの見直しで画材道具に使える費用が減り、今はキャンバスではなく画用紙に描くことがほとんどなのだそう。

 

 

利用者さんの高齢化も進んでおり、体力的に作品を描き続けられるのは生涯のうちのほんの少しの期間だけ。それでも作品を描くことに生きがいを感じ、自分が必要とされていることがみんな嬉しいんです。と講師の方は語ってくれました。

 

 

 

実際に施設の様子を拝見し、アーティストの個性や作風、創作活動を続けていく上での大変さなど、とても貴重な話を聞くことができました。早速、白浜学園の小林園長とデザイナーの方々へ意向を伝えると双方ともデザインの使用を快諾してくださいました。快くプロジェクトに賛同してくださったみなさんに心より感謝します。

 

 

宮崎のデザイナーとのコラボにより最高のプロダクトを実現 

アーティストの原画をものに、プロのデザイナーが編集し、スタイリッシュなTシャツとバッグへ生まれ変わります。このプロジェクトをとおして制作販売するプロダクトは売り上げの10%を白浜学園へ寄付する予定です。


トートバッグ全8デザイン

リターン品のトートバッグはこちらの8点からお選びいただけます!

 

 

 

①白浜学園:美鈴さん × デザイナー:松村 慎一氏

②白浜学園:健二さん × デザイナー:梅木 三千世氏

 

③白浜学園:健二さん × デザイナー:黒田 シホ氏

④白浜学園:マリさん × デザイナー:黒田 シホ氏

 

⑤白浜学園:椎葉さん × デザイナー:松村 慎一氏

⑥白浜学園:美鈴さん × デザイナー:スガタユキヒト氏

 

⑦白浜学園:栄司さん × デザイナー:萩原 宏典氏

⑧白浜学園:由美さん × デザイナー:小野 信介氏 

 

トートバッグ(8デザイン)

販売価格:2500円(税別)

サイズ:フリー

スペック:幅36cm 縦37cm マチ11cm・持ち手幅2.5cm/長さ47cm

色:ナチュラル

素材:綿100%

12オンスのがっしりとしたキャンバス生地

無漂白のナチュラルな色合いです 

 


Tシャツ全3デザイン

リターン品のTシャツはこちらの3点からお選びいただけます!

 

①白浜学園:美鈴さん × デザイナー:松村 慎一氏

 

②白浜学園:健二さん × デザイナー:梅木 三千世氏

 

③白浜学園:健二さん × デザイナー:黒田 シホ氏

 

Tシャツ(3デザイン)

販売価格:2900円(税別)

サイズ:S・M・L

スペック:

S・・・肩幅40cm 身幅47cm 着丈65cm 袖丈19cm

M・・・肩幅43cm 身幅50cm 着丈68cm 袖丈20cm

L・・・肩幅46cm 身幅53cm 着丈71cm 袖丈21cm

色:ホワイト

素材:綿100%

5オンスの肉厚でなめらかな肌触りのTシャツです

  

 

宮崎のアートシーンを世界へ

ハンディキャップを持つアーティストや、独自の感性を持つイラストレーター・デザイナーが描くアート作品。"Sunny be good"「サニー・ビー・グッド」は県内で活動するアーティストの作品をより身近により多くのちほへ発信したいという思いで誰もが気軽に購入できるアートプロダクトを展開していきます。

作品をグッズとして販売していくことで、個展やコンペ以外で自身の作品を披露する機会が増え、より多くの人に見てもらうことで何かのチャンスが生まれることもありうるでしょう。また収益の一部を還元することで創作活動の支援ができ、宮崎のアートシーン全体の活性化につながるお手伝いができればと願っています。


 

支援金の使いみち

販売用Tシャツ・トートバッグ制作費 50%(売上の10%を白浜学園へ寄付)

返礼品 30%

FAAVO手数料 20%

 

 

実行スケジュール

8月上旬に各販売店にて販売スタート!

販売先は随時レポートでご案内します

 

 

お問い合わせ先

株式会社アビックス

担当:谷口

電話:0985-24-2526

メール:abcx.co.ltd@gmail.com

Facebook:http://www.facebook.com/Sunnybegoodmiyazaki/

Instagram:@sunnybegoodmiyazaki

白浜学園への直接の寄付や支援など、なんでもお問い合わせください

 

 

Credit

白浜学園のハンディキャップアーティストのみなさん

shirahama-gakuen.jp

 

参加デザイナー(五十音順)

梅木 三千世(DESIGN BROCCOLI)

d-broccoli.com

小野 信介(オノコボデザイン)

onokobodesign.jp

黒田 シホ(Cook+ie DESIGN WORK)

cookie-dw.com

スガタユキヒト(ミラクルハウス)

萩原 宏典(はにわ広告事務所)

www.haniwadesign.com

松村 慎一(SDグラフィックス)

 

  • 2018/07/25 12:41

    ARTIST PROFILE #5   河野 栄司(かわの えいじ)さん 昭和49年生まれ   犬やネコの作品が多いのは、身近な存在であるがゆえ。 栄司さんの作品はちょっとアニメの世界のキャラクターっぽかったり 明るくカラフルな色使いが多く見る人の楽しい気分にさせてくれる。 黄色...

  • 2018/07/23 17:51

    ARTIST PROFILE #4   椎葉 達也(しいば たつや)さん 昭和63年生まれ   ニワトリは酉年の干支展ように描かれたもので 雨宿りしているネコ、スコティッシュフォールド、春のアヒルたち、、、 どれも楽しんで描かれた作品。輪郭を黒い太線で縁取る描き方にこだわってしまう...

  • 2018/07/20 13:12

    ARTIST PROFILE #3   黒木 球(くろき まり)さん 昭和56年生まれ   現在は絵画メンバーから外れているが、彼女の後期の作品で 床に置いたキャンバスにチューブから直にアクリル絵の具をぽとりぽとり、、、 と落として描かれたもの。