「身体には良さそうだけど熱そう」というイメージのお灸をセルフケアに取り入れてもらう活動の支援をお願い致します。

プロジェクト本文


▼はじめにご挨拶

私、松本武司 (まつもとたけし)は、2年前に『日本セルフお灸協会』を立ち上げました。

 

人間の身体には、無数の「経絡」(けいらく)という自分で自分の身体を律するツボの連絡網が走っています。一般的には、鍼灸師の元に行って、症状に応じたツボにお灸をすえてもらうことがベストです。しかし、それには費用も時間もかかるのが正直なところです。

故に、私は、自分でお灸をするという「セルフお灸」の普及推進に力を入れています。

 

▼セルフお灸の良さとは

自分でお灸をすえる。イメージだともぐさを身体のツボに置いて火がついている間はじっとしていなければ状態ですよね。うっかりやけどをしたら・・・ツボが間違っていたら効果がないと思う方も多いと思います。

21世紀の今、そんなお灸のイメージを崩すものがあります。せんねん灸です。

底のシールをはがして火をつけて、ツボだと思われるところに貼るんです。押さえて痛気持ちいいところでだいたいで大丈夫です。経絡はいきなり小さな点ではなく、身体全体につながっているのですから。せんねん灸自体の表面積も広いですし、きっと不快感を発信しているツボに当たります。時間にして5分間、やけどをしない柔らかな温かさでじっくり身体が温まってきます。

日頃の自分へのご褒美に、ゆっくり体質改善の時間にしてみませんか。お灸はもう一人でできる時代です。

 


▼プロジェクトをやろうと思った理由

お灸は、高齢者のするものだという固定概念があります。しかしそれは、テレビ番組の再現VTRや雑誌のイラストが、お灸している人を高齢者像にしぼって印象付けるからです。

 

お灸は、生まれたばかりの赤ちゃんからできます。逆に幼児期からお灸に親しむことは、自分の身体を寿命までの消耗品と考えた場合のメンテナンスできるということです。

冷えやむくみ、眼精疲労など、病院に行ってもすぐには治療効果がでません。西洋医学では、その症状そのものを病気とはとらえないからです。しかし、東洋医学、鍼灸の世界では、それらを一つの症状として認めます。 

 

私は、小学校5年生までおねしょをしていました。鍼灸院にも通いましたが、ツボに印をつけてもらい、家で祖母にもお灸をしてもらいました。それによって、改善したという体験を持っています。

 

鍼灸院に通う時間や費用が心配という方は多いです。また、お灸は熱くてやけどするのではといった誤った認識もあります。

そういう誤解を、この広報活動を通じて払しょくし、せんねん灸という自宅でも気軽にできるお灸で、セルフケアすることを広めたいと考えています。

繰り返しますが、身体の中には経絡というツボが連なっています。例えば頭痛するときに、足にお灸をすると言う場合もあります。これは、足の一点を通じて、頭痛の痛点に働きかけることができるからです。

 

身体は一つの宇宙です。ひとつのツボをお灸によって刺激することで、健康が得られる未来が続いていきます。

その知識を、家族の誰かが持っていたら。あるいは、家族全員が持っていたら。鍼灸師の資格はなくても、家の中でお互いに癒し合うことができます。

 

私のおねしょもそうですが、西洋医学では限界があります。幼児期の疳の虫と呼ばれるものも、西洋医学ではどうにもなりません。

そんな時には、やはりお灸なんです。火を使わないせんねん灸で、お子さんが寝ているうちにツボを温めることもできます。それを実践しているママたちも、微増ではありますが多くなってきました。

 

また、高齢者、認知症の対策にもお灸は役に立ちます。むせかえるほどの薬を服用しなくても、年齢や状態にあったケアができるのです。

 


▼これまでの活動

私自身、中国四国地方のカルチャースクールをベースに「セルフお灸」の講座を開催して、多くの人に喜んでいただいています。

しかし、もっと多くの人に「自分一人でもお灸はできるよ」ということを知ってもらいたいという点から、今回のクラウドファンディングに挑戦しようと思った次第です。

 

▼資金の使い道

60万円を集めたいと思います。

協会の運営費…広く言えば、紙媒体によるPR広告やセルフお灸の仕方のネット配信などを考えております。

 


▼リターンについて

目標額を達成しましたら、皆さまに感謝を込めてお礼の品をお届けします!セルフお灸のパイオニアでもあります「せんねん灸」を予定しています。これは、基金を寄せて下さった皆様の身体のためと考えた結果です。(竹生島も伊吹も標準的な温熱ですが、伊吹のほうがやや熱さを感じます。)

3000円・・・せんねん灸(竹生島・伊吹 からお選びください) 220個×1箱

5000円・・・せんねん灸(竹生島・伊吹 からお選びください) 220個×2箱 

        せんねん灸ツボブック 1冊  せんねん灸オリジナル紙袋

        症状別セルフお灸メルマガ配信

10000円・・せんねん灸(竹生島・伊吹・奇跡からお選びください) 220個×4箱 

        せんねん灸ツボブック 1冊 せんねん灸オリジナル紙袋

        症状別セルフお灸メルマガ配信

20000円・・出張セルフお灸講座(中四国地区限定 定員10名様にあなたの街でセルフお灸講座(90分)を行います。※交通費別途支給お願いいたします。)※2019年6月末までに実施をお願いいたします。

 

                                                                    


▼最後に

お灸の良さ、セルフケアの大切さ、子どもから高齢者までの健康管理に、ぜひ、自分ですえるお灸を。セルフお灸を全国に広めるために、私は志しました

今の時代に必要なセルフお灸を広める活動の支援をお願い致します。

 

 

 

 

  • 2018/10/30 21:40

    求職者支援訓練の一環として、美容業界を目指す方にセルフお灸講座を開催しました。   ちょうどテスト明けのタイミングで、疲れがピークだったのでお灸で癒される時間になったみたいです

  • 2018/10/28 23:22

    2年前から鍼灸師の新たな挑戦として、セルフお灸講座を開催しています。   鍼やお灸が良いのは何となくわかってくれています。   反面、何となくイメージが悪いのもわかっています。   セルフお灸講座がきっかけになって、鍼灸院に行くきっかけになればと思っています。   先日、ある受...

  • 2018/10/27 21:18

    知って得するツボ講座   今日は、刺さないはりの員利鍼(いんりしん)を使ったツボ刺激をレクチャーしました。   刺さないはりの良いところは、短時間の刺激で効果があることです。   コリや冷えがあるところを30秒から1分ほどさすることで、血流を良くします。   刺さないはりの代用...