オカヤマストリートフェスティバルは岡山を代表して全世界,全国に向けて活躍する10代〜40代のアーティストやダンサー,Xスポーツライダー,写真家などプロフェッショナルの有志が一つになり ,岡山の街中を活気つけようと一つになりました。

プロジェクト本文

初めまして!齋藤将希と申します。

 

今回のプロジェクトの企画者であり、イベント主催者をさせて頂いております。

自分は普段、岡山を中心にカメラマンとして活動しています。

元々音楽やXスポーツが好きで、周りの繋がりをきっかけに最初は趣味で始めました。

仕事としてカメラマンをやり出して早3年、周りの仲間で岡山を代表して世界や日本中で活躍する若者達を応援して頂きたくこのプロジェクトを立ち上げました。

少し長くなりますが、イベントの開催目的、この先の未来、出演者の紹介をしていきたいと思うので是非ご覧になって下さい!


 Xスポーツとは?

 

エクストリームスポーツ(extreme sports) は、速さや高さ、危険さや華麗さなどの「過激な(extreme)」要素を持った、離れ業を売りとするスポーツの総称。アクションスポーツ(action sports) とも呼ばれ、Xスポーツ(X sports) と略される事です。
X系とは..*乗り物*
BMX(フリースタイル) / エクストリームバイク / マウンテンバイク / フリースタイルモトクロス / ドラッグレース / スケートボーディング / アグレッシブインラインスケート /  etc... 

 

 

イベントを一人でも多くの方に知ってもらい、理解してもらい、街中にスケートパークを創り岡山を活性化させたい!


今、岡山の中心部にはスケートパークがありません。Xスポーツの普及に向けてもっと街中で若者が活躍出来る場所が必要です。

 

他県ではスケートパークが街中に出来ているところもあり、若者が活躍する場所が増えています。

岡山を代表して活躍する若者達の力で実際に社会実験としてイベント開催をし、街中にスケートパークが創りたい!そう思い今回は街中での開催に踏み切りました。

 


オカヤマストリートフェスティバルは今回で2回目、1回目は池田動物園様にて開催しました。


このイベントは今回で2回目、2018年は岡山が誇る老舗動物園"池田動物園で開催しました。

自分達がしていることを、一般の方にも知って頂きたく、池田動物園の方と協力して会場内にライブステージを設置したり、スケートボードやDJの体験コーナーも設置し、およそ3000人の方にご来場頂きました。

ご家族連れから10代〜20代の若者が中心で園内は1日中賑わっていました。

 

ステージ前で賑わうお客様。

飲食店も1日大にぎわいでした。


 

イベント自体は一人でも多くの方が参加できるよう入場無料にし、昼間はスケートボードやBMX、インラインスケートの体験コーナーやDJ体験コーナーなどをメインとします。

 

※写真は昨年池田動物園で開催したオカフェス2018の模様です。


子供達に色んな文化で触れ合ってもらえるよう、各専門のプロフェッショナルが実際にパフォーマンスしたり、 体験会を交えて人との繋がりや触れ合う事の大切を知ってもらいたいと思います。

 

夕方からは県外からゲストの方を招いてのショーケースや音楽パフォーマンスなど, 家族連れの方はもちろんのこと10代〜20代の今後の岡山の活性化を担っていく方々も楽しんで頂ける内容にしてまいります。

 

※昨年の池田動物園でのステージ模様。3000人近くのお客様がご来場頂きました。


イベント開催までの期間、実行委員会で定期的に掃除を行い、イベント終了後もクリーンアップ大作戦と題し、みんなで掃除を行い、環境問題にも前向きに取り組んでまいります。

 

実際に人と会い地域の繋がりを大切にしたい。

 

現在、SNSの多様化により外に出なくても情報が手に入れることが増えています。

 

当イベントでは今後の岡山の未来を担う子供達に向けて、直接目で見て触れ合うことの大切さを感じてもらいたいと思っております。

 ※イベント開催に向けてプレイベントを駅前ICOTNICOTで定期開催。

 

今回のイベント開催を踏み切った理由となる、岡山で活躍する今回のイベントの出演者を紹介致します。

 

【 出演者紹介 】

アグレッシブインラインスケーター世界チャンピオン"金島総一郎"


プロアグレッシブインラインスケーター。岡山在中。10歳から アグレッシブインラインスケートを始め、 中学2年生の時アメリカで行われた プロ認定アマチュア世界大会にてプロ資格を取得。 プロ転身後2018年までに国内外を問わず多数の大会で タイトルを獲得している。 また2010年にはアジア人として初となる自身のモデルの インラインスケートも『 SK.1 』世界各国で発売されている。山田グリーンパークオーナー。

 

 

アグレッシブインラインスケーター"後藤祐斗" 

1994年生まれ。10歳の頃にインラインスケートを始め、2007年〜2009年の全日本選手権大会3連覇。その後アメリカのカリフォルニアで行われた世界大会で優勝し15歳でプロに転向。
世界各地への大会参戦、ショーケース、映像配信などをメインに活動している。

2019年 NLcontest 4位 (フランス ストラスブール開催)
2019年 Pannonian Challenge 準優勝(クロアチア オシエク開催)
UrbanSportsWeekAmsterdam トーナメント戦 準優勝(オランダ アムステルダム開催)
2019年UrbanSportsWeekAmsterdam 公式戦 優勝(オランダ アムステルダム開催)
2019年 WorldRollerGames 5位(スペイン バルセロナ開催)


イベント自体は入場無料、運営はスポンサー企業様からの協賛金や体験コーナーでの参加費で賄います。

 

今回のイベント開催は地域活性化と若者の力でここまで出来る!というところに焦点をあてているため、非営利開催となっております。

一人でも多くの方の支援がイベント成功の資金源や活力になります。

現在は、岡山市南区に山田グリーンパークというスケートパークがありますが、公共交通機関ではなかなか行けれない場所で、子供達も親御さんのサポートがないと自分たちだけではやりたくでも出来ない事が現状です。

今回のイベントを通して、街中で出演者が活躍出来る場所を増やし、実際に若者たちがする事で経済効果があるということを理解したもらい、岡山に住まれる方からのサポートを受けながらイベント運営、パーク設立を目指し活動してまいります。

 

 

支援金の使い道

 

今回イベント開催に関してかかる費用は700万です。県外からのアーティストギャランティや特設ステージ設置、音響設備、セキュリティの配置やテントなどのレンタル、配布物の制作などお客様に喜んでもらうためにかかる目に見えないものが沢山あります。今回の目標金額の150万に関しては運営費の中の一部(当日特設メインステージ費150万円に充てさせて頂こうと思っております。是非、若者の未来にお力を下さい。

  

実行スケジュール

9月13日(金) クラウドファンディング開始

       同日から街中でポスターなどの配布を開始

10月6日(日) 9:30~19:00 イベント開催

10月半ば   挨拶まわり / 支援者の皆様へお返し

 

オカヤマストリートフェスティバル実行委員会

担当 : 齋藤

080-5232-4001

okafes086@gmail.com