鹿児島県霧島市で開催される「ミコトデナイト」 霧島の地から始まった日本の歴史、その最初の一歩を踏んだ「天孫・ニニギノミコト」をテーマに霧島の伝統芸能と食を愉しむ夜。 日本遺産認定を目指し、霧島市有志による実行委員会で取り組みます!

プロジェクト本文

みなさん、はじめまして。

私たちは「きりしま みぞベル」です。 


 

2018年1月、霧島市溝辺町を舞台に活動するために結成した

任意のまちづくり団体です。

 


メンバーは、10名程で

農家や主婦、建築、飲食、販売、事務など

それぞれ仕事を持ち、空いた時間に活動しています。


誰かに頼まれて集まってる訳ではありません。

自分自身がそうしたいから。

 

 「みぞベルのロゴ」

 

 

私たちの理念(ビジョン)は

「みぞべに幸せのベルを鳴らし続ける」

みぞべの心地よい居場所となり

みぞべが抱える地域課題を良い経済の創出によって解決を試みます。

 

みぞべに世界中の人が訪れる賑わいを

みぞべに違いを理解する多様性を

 

そして

 

人生は愉しいということを、

大人が子どもに身をもって伝え

幸せのベルをなりし続ける人づくりをしていきます。

 

〈みぞベルの唄〉song by まさやん

 

 

「天孫・ニニギノミコト」をたくさんの人に知ってもらいたい!

 

みなさんは、天上界の神様が、日本を作ろうとされた時に

最初に降り立った場所をご存知ですか?

 

神話では「高千穂(峰)」とされています。

 

今でも高千穂峰の山頂には神様が日本に降りる際に

目印として刺したとされる鉾が突き刺さっています。

(画像提供 霧島市)

 

では、最初に地上に降り立ったのは神は誰でしょうか??

 

日本最古の歴史書「古事記」「日本書紀」によると

それは、

アマテラスオオミカミの孫・ニニギノミコトである、とされています。

 

いわゆるこれが「天孫降臨神話」と言われ

ニニギノミコトは三種の神器(鏡・剣・勾玉)を携えて

高千穂の峰に降り立ったと伝えられています。


 

天孫降臨を遂げたニニギノミコトは、その後、南九州各地を視察し

阿多の笠沙の黒瀬海岸(南さつま市)に上陸し

そこで、コノハナサクヤ姫と出会い3人の子を産みます。

その子ども達が

ホデリノミコト(海幸彦)、ホスセリノミコト、ホオリノミコト(山幸彦)です。


 

改めて、これって、凄いこと!

神話とは言え、日本で最も古い書物で確認できます。

私たちが住んでいる地域が、日本誕生の始まりの地という

なんと夢のある神話なんでしょう!

 

日本遺産認定を目指す 

この神話を、子どもたちに伝えたい!

もっと沢山の人と共有したい!

 

この素晴らしい地域資源である「天孫降臨神話」を

地域の誇りとして、地域の活性化に活かすために

日本遺産認定を目指した活動がスタートしました!

 

霧島市を含む4市(薩摩川内市、鹿屋市、南さつま市、霧島市)が連携して、

神代三御陵と笠沙宮の神話ストーリーを日本遺産に認定しよう、という取組が進んでいます。

 

霧島市には、そのストーリーにおいて重要な場所が3つあります。

 

【霧島神宮】

 国重文・県指定・市指定・国登録

 旧社格:官幣大社

 ご祭神:ニニギノミコト、コノハナサクヤ姫、ヒコホホデミノミコト、トヨタマヒメノミコト、ウガヤフキアエズノミコト、タマヨリヒメ

画像提供:霧島市

 

【鹿児島神宮】

 国重文・国史跡・県指定・市指定

 大隅国一宮、旧社格:官幣大社

 ご祭神:ヒコホホデミノミコト(山幸彦)、トヨタマヒメノミコト

画像提供:霧島市

 

【高屋山上陵】神代三山陵の二

 ニニギノミコトの子・ヒコホホデミノミコト(山幸彦)の御陵。

 神話「海幸・山幸」の主役で、海の神の娘・豊玉姫を妃としウガヤフキアエズノミコトをもうける。

画像提供:霧島市

 

霧島市では、これらの歴史的遺産群を日本遺産に登録し

民間主導で観光資源として活用していくことを目的に

この3つの地域に住む有志と市で実行委員会を結成しました。


そして

 

私たち「きりしまみぞベル」も同実行委員会に参画しています。

 

日本遺産認定に向けた取組を

 

霧島市民をはじめ、いろんな人に認定を目指していることを知ってほしい。

 

そんな思いで、今回、天孫・ニニギノミコトをテーマにした

「ミコトデナイト」を開催することにしました!

 

・「ミコトデナイト」は天孫・ニニギノミコトにこだわったイベント

 

霧島市に継承されている天孫降臨神話、芸能、食、文化を発信し、体験することができるイベント(祭り)を開催します。 


日時|令和元年10月5日(土)18時〜開場/18時30分〜開演/21時30分閉園(予定)

場所|霧島市西郷公園

主催|ミコトデナイト実行委員会

後援|霧島市、霧島市教育委員会、FMきりしま

料金|前売券1,000円/当日券1,500円(ただし、高校生以下、外国人は無料)

内容|①芸能披露

    霧島九面太鼓

    郷花

    霧島神楽

    南部式×ジャンアントストンプス)

   ②飲食夜店

    米屋:おにぎり、あくまき

    塩屋:塩ラーメン、塩せんべい

    酒屋:焼酎、生ビール(1,000円飲み放題)

    その他、おつまみ、ソフトドリンク等もご用意しています。

   ③神ってる!?仮装コンテスト

 

 

 

 

 

「みぞベル」のこと


「みぞべの未来が良くなるなら、やろう!」 

 

みぞベルの活動は、常に、地域(溝辺)とともにあります。

SDGs(持続可能な開発目標)にもあるように

地域全体と住民個人がともに発展していけるように

地域におけるコミュニティーの構築、

大人と子どもの開かれた教育の充実につなげることを見据えて活動しています。


2018年3月11日「ヨカバイチ」

 新燃岳噴火の降灰被害で大変な苦労された生産者の農作物を販売(朝市)

準備風景(早朝の西郷公園正門)


降灰の影響を受けた椎茸(のちに完売)

 


2018年5月23日「セゴドンデナイト」

 大河ドラマ「西郷どん」放映効果を溝辺に。

 平日の夜、有料イベントにも関わらず多くの方が来場していただけました。


10年ぶり?20年ぶり?に賑わった夜の西郷公園

 

大河ドラマ「西郷どん」の楽曲を演奏したトリコロール&トシバウロン

(この日は、「トシバウロン」改め「トシどん」に)

 


2018年9月15日「LOVe & BASiC 2018」

 限界集落の中にある会場(森)の中で

 音楽、食事、遊びを周りに居るヒトを感じながら

 精一杯愉しんでもらおうと開催。 

森の中に流れる心地よい音


会場の横を流れる川では、金たらいで川下りもできる。

 

2019年9月8日「LOVe & BASiC 2019」に向けて

 

9月15日に開催される本番に向けて会場周辺の除草作業など美化作業を実施しました!

このイベントを介して、地域に住む方々、それを支えようとする方々の繋がりが出来ました。

 


 

2019年9月15日「LOVe&BASiC 2019〜愛と基〜」


地域の中と外の人たちが、同じ場所、同じ空間で、愛の溢れる時間を過ごしました。

大人も子どもも心地良い日曜日になりました。

 

 

 

 

お越し下さった皆様、

出演して下さったアーティストの皆様

朝早くから夜遅くまで飲食を提供して下さった出店者様

愉しい体験を提供して下さったワークショップ出店者様

細かな部分を支えて下さった無償ボランティアの皆様

趣旨賛同して下さり協賛して頂いた皆様

 

皆様のおかげで

「最幸に愉しいアイの溢れる日曜日」になりました!

 

● 支援金の使いみち

 

「ミコトデナイト」出演者への謝礼

「FAAVO」手数料

 

・霧島九面太鼓  

 

・霧島神楽

 

・南部式


 

● 実行スケジュール

 

2019年10月5日 ミコトデナイト 開催

2019年12月ごろ 返礼品 第1弾発送

2020年2月ごろ 返礼品 第2弾発送

 

● お問い合わせ先

きりしまみぞベル 担当:今吉(090-3410-0857)

  • 2019/10/07 00:18

    天気は晴れ!西郷公園に300名!!大人も、子どもも、日本人、外国人も みーんな一緒に、素晴らしい時間を過ごしました!   当日の様子を写真でお楽しみください。   霧島九面太鼓「郷花」     霧島神楽     神ってる!?仮装コンテスト 結果は、最...

  • 2019/10/04 21:25

      今日は、明日のイベントに備えて 必要な設備、道具などを西郷公園に搬入! 1トンダンプ大活躍!!   発電機にLEDライト、椅子やテントに   あと、、鳥居!?   田の神さぁ!?   次々と祭りの準備が整います!   協賛木札も制作!   そして、...

  • 2019/10/04 01:07

    昨年開催の【セゴドンデナイト】での、《皆で西郷どん極太眉!》が大好評(笑)だったので、今回は!ニニギノミコトのあの象徴的なヘアスタイル【みずら】(角髪・角子・鬟・髻・美豆良)を作ることにしました!とはいえ、どうやったらいいのやら(涙)。何度か試作を重ねて、雰囲気が掴めたところで、さて、大量制作...