私たちは SUMMER SONIC / SUPERSONIC を始めとし、国内外のアーティストのコンサートやフェスティバルを企画・制作・運営するコンサート・プロモーター、クリエイティブマンプロダクションです。未来のみんなのライブのために、皆さまのご支援を宜しくお願いいたします。

プロジェクト本文

※7/3 「追加リターン」,「応援コメント」を更新しました
※7/1 「活動報告」を更新しました

皆さまのお力添えにより、わずか数日で目標100%である1,000万円を達成する事が出来ました!スタッフ一同心より御礼申し上げます。そして新たに200%のストレッチゴール、2,000万円を目標として本プロジェクトを継続させて頂きます。

 お客様・アーティスト・関係スタッフの安全に配慮したフェスや公演の開催に向け、一層努めてまいりますので、引き続きご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

【 はじめに 】

グリーン・デイやアヴリル・ラヴィーンなど2月末から多くの公演の延期・中止を余儀なくされている中、多くの方々から応援のメッセージをいただき、フェスやライヴのある日常を一日も早く皆さまの元に取り戻したいという気持ちでいっぱいです。秋には世界に先駆けて開催されるインターナショナルフェス「SUPERSONIC」が控えています。

SUPERSONICでは、サーモグラフィーや消毒液の設置など安全にフェスを楽しんでいただくための環境を整えていく必要があります。開催時期の状況で、通常とは異なるオペレーションによってご不便をおかけする事もあると思いますが、これからのフェスやコンサートが今まで以上にかけがえのないものにするために皆さまのサポートをお願い致します。会場に来られないお客様のためには映像配信も予定していますのでご安心ください。

今年はお休みとなってしまったSUMMER SONICをオンライン配信フェスとして立ち上げ、そのスペシャルグッズをリターンの一つとしてご用意させて頂きました。 その他、フェス出店でもお馴染みのキューバ料理店カフェハバナお食事券や2021年のクリエイティブマン洋楽公演に来場可能なお得なチケットクーポンなどもございますので、ご支援のご検討をよろしくお願い致します。

6/19(土)よりオンラインで開催する「SUMMER SONIC 2020 アーカイブ・フェスティバル」
サマーソニック公式 YouTubeチャンネル

2020年9月 東京・大阪同時開催の都市型音楽フェス「SUPERSONIC」
SUPERSONIC 公式サイト


【 資金の使い道 】

■音楽フェス「SUPERSONIC」開催に向けたコロナウィルス感染症対策費用
■コロナの影響により延期・中止となったライヴ公演の振替開催時の感染症対策費用
■リターン商品と送料、CAMPFIRE 決済手数料

※ 感染症対策におきましては、入場時 非接触型体温計やサーモグラフィーによる検温、消毒・洗浄可能な設備の設置、ソーシャル・ディスタンスを保つレイアウト及び誘導スタッフの人員配置、屋外フェスティバルでは全てのエリアに救護を配置するなどのほか、政府および関係諸機関等からの発表を注視し、専門家の知見を踏まえつつ対策を検討いたします。

【 リターンについて 】

 ★  追加リターン(7/3更新)

■応援コース
 ¥2,000 お礼メール送付、支援者名のHP/SUPERSONIC会場掲示

■グッズ支援コース
 ¥3,000 フェイスタオル
 ¥5,000 サマソニ2020 Tシャツ (黒/白)
★¥3,000 エコバッグ (黒)
★¥5,000 サマソニ復刻ロゴ Tシャツ (黒/白)
★¥5,000 サマソニ2020 スマイル Tシャツ (黒)
★¥7,000 SUPERSONIC ロングスリーブ Tシャツ (黒/白)

■チケット支援コース
 ¥2,000  Cafe Habana Tokyo お食事券
 ¥20,000 CMP洋楽公演 チケットクーポン(standing) 2公演分  out of stock
 ¥50,000 CMP洋楽公演 チケットクーポン(standing) 5公演分 +Tシャツ(黒/白) out of stock
★¥10,000 CMP洋楽公演 チケットクーポン(standing) 1公演分

※「グッズ支援」,「チケット支援」の全コースに、「お礼メール送付」,「支援者名のHP / SUPERSONIC会場掲示」「ステッカー」が含まれます。

※「CMP洋楽公演 チケットクーポン 」が含まれるチケット支援コースのみ、お1人様につき1回のご支援受付とさせていただきます。なお、本チケットクーポンの転売・譲渡は固くお断り致します。

【 実施スケジュール 】

■支援受付開始:2020年 6月 18日 (木) 12:00
■支援受付締切:2020年 7月 31日 (金) 23:59


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

【クリエイティブマンプロダクション代表より】 

コロナウィルス感染拡大の影響から、自粛要請前に当座のライヴやフェスを中止すると決断した経緯
クリエイティブマンでは、2月の Pixiesジャパンツアーが最初の中止でした。その時はまだここまで⻑く険しい道のりになると予想だにしない中で、3/10 に A-haのツアーがスタートする直前の 3/7 に様々 な出来事がありました。その日、A-haはオーストラリア後のニュージーランドでの最後のショウデイで、翌日に日本に向けて発つという直前でした。こちらはアーティストのツアーを実現したいという要求に合わせて、サーモグラフィーやマスクなどの準備に取りかかっていたんですが、会場からのできたら延期をして欲しいという要望や、ファンの今のままでは会場に行くのが不安であるという板挟みの中での決断をしないといけないという状況です。結果はその日の夜に、東京とエージェントがいるイギリスとマネ ージャーがいるニュージーランドで話し合って、アーティストとファンの安全のために明日の日本行きはやめよう、そして大きなダメージを回避するために次のツアーもその場で来年に決めてしまおうという建設的な話し合いでした。 そしてその決断をした時に、この先ある来日公演は腹を括って全てのアーティストに繊細に向き合って延期か中止の判断をしようと決めました。そしてそれを、できるだけ早くお客様にアナウンスしようということでクリエイティブマンの意思決定として 4月5月の海外公演 は行わないことを発表しました。Green DayAvril LavigneIron Maiden 等の大型公演以外にもホール公演、クラブ公演、計100会場以上の公演が中止または延期となりました。

秋のSUPERSONIC開催に向けて
9月には動き出さないと、次のステージに進まないと何も始まらないという思いです。舞台関係の方々からも、誰かが始めてくれないと限界が近づいているし希望が湧かないと言われています。あと、4大フェ スと呼ばれている主催者のロッキング・オン、WESS、SMASHのオーガナイザーの方々、がそれぞれ中止・ 延期をアナウンスする前に連絡をくれました。皆が、苦渋の判断をした時の思いを教えてくれました。 今の気持ちは、たまたまオリンピックの開催予定と重なって8月のサマーソニックがなくなり、この秋にスーパーソニックを屋外のみでやるという事実が、巡り合わせなのではと感じています。お前達からリスタートしなさいと言われているように。もう誰かがコンサート業界やライヴハウスに夢と希望があることを語って、それを現実にしていかないといけないタイミングに来ています。そしてその目標があるので皆がそれに向かって一丸となっています。

ライヴ再開への一歩として、安全に配慮した公演の開催に向け、感染対策にかかるコストに支援協力をお願いします
現状ライヴの自粛が続く中、多くの「支援の代わりにチケット代を払戻ししないので、頑張って下さい」 あるいは「クリエイティブマンの会員を更新しましたよ」などというお客様からのお声が弊社に届いて救われた気持ちになっています。それと同時に、ただそのようなことに甘えているのではなく、今できることでアクションを起こすことと、何かお返しをしたいという思いで3月、4月の配信に続き「SUMMER SONIC 2020 アーカイヴ・フェスティバル」を企画して、またこれから始まるライヴに向けてのクラウドファンディングも実行することにしたのです。チケットを買ってきてくれる方々が、今後のフェスや公演会場で安全に過ごせるような対策と、コロナで仕事をなくした舞台スタッフへの支援を中心に協力を募りたいと思います。クリエイティブマンが危ないのではと思ってしまう人もいるかもしれませんが、安心して下さい。今ではなく、未来に向けての支援をよろしくお願い致します。

株式会社クリエイティブマンプロダクション 
代表 清水直樹 


【 プロジェクトへの応援コメント 】

※7/3更新: 蒼山幸子、BiSH、ちゃんみな、Dizzy Sunfist、どんぐりず、iri、ザ ・リーサルウェポンズ、LOVEBITES、Nulbarich、PassCode、Pay money To my pain の皆さまより、プロジェクトへの応援コメントを頂きました!(アーティスト名順)

- ALLiSTER -


- ANTHEM -


- 蒼山幸子 -


- BiSH -


- ちゃんみな -


- Dizzy Sunfist -


- どんぐりず -


- iri -


- ザ・リーサルウェポンズ -


- LOUDNESS -


- LOVEBITES -


- Nulbarich -


- OUTRAGE -


- PassCode -


- Pay money To my pain -


- TOTALFAT -


- Ben from “Zebrahead” (ベン/ゼブラヘッド) -


- rockin'on編集長、ROCKIN'ON JAPAN編集長 山崎 洋一郎 - 


- ㈱クレア・ジャパン 代表取締役会長
/日本舞台音響事業協同組合 代表理事 西澤 勝之 -


- 株式会社ライブパワー 代表取締役社長 小崎 滋之 - 

- フリーランス舞台監督 八木沢 清俊 - 

- フリーランス ライブ映像ディレクター 田中 力 -


※2020年6月21日、弊社SNSアカウント上にて投稿しておりましたThe 1975のコメントに対し一部ネガティブなコメント付けが確認され、アーティスト了承のもと、アーティストサイドに影響が及ばない為の措置として、本プロジェクト本文を含め当該コメントを非掲載とさせて頂きました。SUPERSONICには予定通り出演致します。

=====================

クラウドファンディングのご支援に関するご質問や注意事項につきましては、
こちらの ヘルプページ をご覧ください。

  • 2020/07/02 15:00

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2020/07/01 14:01

    本日SUPERSONIC公式サイトにて、「SUPERSONIC 開催に向けて」のお知らせを公開し、新型コロナウイルス感染症対策におきまして、現在実施に向けたガイドラインを作成しており、後日詳細を発表することをご報告させて頂きました。(下記画像をご参照下さい)本プロジェクトでは、皆さまからのご支...

  • 2020/06/22 19:00

    この度は、SUPERSONIC / 来日公演 開催支援プロジェクトに多くのご支援、応援メッセージをいただき誠にありがとうございます。クラウドファンディングと同日にスタートしましたオンラインフェス「SUMMER SONIC 2020 ARCHIVE FESTIVAL」もご好評を頂いているなか、皆...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください