自己紹介

熊本で農産物の卸販売(産直)の会社を運営をしております

株式会社gift  代表の宮本健二郎と申します。

弊社では会員の農家さんの農産物を中心に産直での青果物販売を行っております。


今後の農業を明るく活気ある業界にしたい思いで、若手農家で結集し約3年前に会社を設立しました。

また、農産物をご利用になるお客様全員に、少しでも安心して美味しく召し上がっていただきたい思いで

HPやSNS、YouTubeなどで農園や栽培状況などの情報発信に力を入れ日々取り組んできました。


↑ ホームページ(コンテンツページ) https://harvest-kumamoto.co.jp/content/


↑ Instagram https://www.instagram.com/harvest.kumamoto/?hl=ja


↑Twitter https://twitter.com/HARVEST24575603



HARVESTメンバーです。

上記メインメンバー以外にも多数のメンバーと共に販売及びPR活動を行っております。



このプロジェクトを立ち上げたようと思った理由

今回のコロナウイルス感染拡大による活動自粛や休止の影響を受け、

弊社が携わっている農家さんが栽培している農産物(ネギや玉ねぎ、メロン、スイカ、トマト、ミニトマト、ナス、キャベツ、カスミソウなど)の中でも、

学校給食や契約販売を行っていた品目は取引休止になり急な対応ができなくなった為に畑内で放置状態(廃棄)になりました。

また臨時的に出荷場所・形態を変更したものや

イベント・お祝い行事などの自粛により需要が無くなってしまった農産品目は

間接被害の対象になり価格低迷による大幅な売上減少になりました。

生産者の中には諦めて作付けの縮小を考えていたり、栽培品目の転換を考えはじめている方もおられます。

そこで、現状を少しでも改善し、来季以降の農作物栽培に取り組んでもらえるように

ご支援を受けられないかとプロジェクトを発足しました。

今回、各農園で被害をうけた売上減少分を

このご支援の返礼品や、弊社の今後の販売活動を通して、

積極的にご紹介し、販売することで

今季の売上減少分の補填を少しでもしていきたいと考えております。


被害を受けた生産者が作った農産物を中心に返礼品をご用意しており、

生産者へのご支援をお願いできないかと思っています。


ご支援が集まる事により、上記の農産物などの

維持発展が可能となれば

各農園(今まで思考錯誤、研究とチャレンジをしてきたこだわりの農産物たち)を守ることができ、

雇用の維持も可能になります。


また近未来の農業での生産規模・雇用の拡大も考えていますので

担い手不足問題の解消にも繋げたい思いです。


以前から全国で農家の担い手不足も深刻な問題となっており、解決しなければいけません。

我々若手農家世代で楽しく、人気な職業に少しでも変えて行きたいと思っております。


どうにか立ち直り、1年・3年・5年先のために僕たちは

「今を楽しむ!!」

「リアルを発信していく!!」

「できることから改善する!!」

をモットーに取り組みます。



私たちの地域のご紹介

弊社は熊本県熊本市西区に会社があります。

市街から少し離れると、どこにいっても農産物の有名な産地があり全国でも有数の農業地帯なんです。

また、熊本県でみますと春夏秋冬きれることなく農産物を栽培できることや、自然いっぱいの環境も特徴です。

街と自然のバランスが取れており、生活も遊びもしやすい環境なんです。

今回返礼品のメインとなる、お米畑とみかん畑です。




これまでの活動

農産物の卸販売

イベント出店・即売会企画(HP・Instagram内に記載)

機能性食品米「LGCソフト」の試験栽培(HP・Instagram・You Tube内に記載)


各活動をブログにてご紹介しております。

https://harvest-kumamoto.co.jp/content/


資金の使い道・実施スケジュール

1・CAMPFAIRE手数料
2・生産者への農産物費(返礼品)及び配送費用
3・お困りの生産者の農産物の積極的な買取り及び販売経費


最後に

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
まだまだ立ち上げたばかり会社ですが、日本の農業の未来のために全力で取り組んでいきたいと思っております!
皆様がまだまだ知らない生産者の方々や農産物も多くあります。

今回のご支援に対しての返礼品には旬の熊本特産物を産直品としております。


これからも発信し続けお客様との橋渡しをしていきたいと思っております!

恐縮ではございますがどうかご支援の程よろしくお願い致します。




本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください