※2016年4月1日、みなさまからのご支援とご協力のおかげで無事【東京裏山ベース】オープンしました。

東京裏山ベース ホームページ

東京裏山ベースFacebookページ

 

ここがスタートライン!

今後とも東京裏山ベースをよろしくお願いします!

2016.4.5 発起人 jinken

 

 

・・・・・・・・・

 

★駅前に作る「みんなの秘密基地」★

 東京都の西の奥、JR武蔵五日市駅。 ここは、秋川渓谷観光の拠点であり、手軽だけれど奥の深い「東京の裏山」とも言えるアウトドアフィールドを擁する五日市〜檜原村への玄関口です。

その駅前に、外遊び系アクティビティ(自転車、トレイルランニング、トレッキング等)と地域観光情報・イベント情報の発信、地域産品の物販、カフェ、シャワー、更衣室、ボディケアサービス等の機能を備えたシェアスペース「東京裏山ベース」を開設します! 

(武蔵五日市駅の改札から徒歩1分…今はがらんどうのこの物件をみんなでDIYしていきます)

ここを基点に多様なスタイルでこの地域の外遊びを楽しめる、みんなの秘密基地を、いっしょに作りませんか?

★多様な外遊びの基点、武蔵五日市駅★

 

 

 JR五日市線の終点であるここ武蔵五日市駅は、休日にもなると駅前のバスロータリーには都民の森(檜原村)に向かうバスにハイキング客の長蛇の列ができ、また2013年の国体ロードレースのコースになった檜原街道を登るロードバイクのヒルクライムの練習コースの基点でもあるため多くのロードレーサーが駅前を走り抜け、さらに日本有数のトレイルランニング大会「日本山岳耐久レース」(通称ハセツネカップ)のスタート・ゴール地点でもあるため多くのトレイルランナーが日々訪れ、また年間10万人以上が訪れる秋川渓谷の入口であり、多くのバーベキュー客・川遊び客が乗降する、アウトドアアクティビティの基点として機能する、文字通りのキーステーションです。

駅から少し歩くと、そこは東京都は思えない爽やかな風景が楽しめる秋川渓谷です。

(武蔵五日市駅から 徒歩で楽しめる秋川渓谷の景観)

(夏、秋川渓谷での川遊び!)

(マウンテンバイクでも楽しめる里山の風景)

(BBQスポットも多数あります)


(自然の中を走って楽しむトレイルランニングのフィールドとしても人気です)

ね、武蔵五日市駅〜秋川渓谷〜檜原村 、良いエリアでしょ!

 

★・・・なんですが、駅前の現状は・・・★

 

そうしたアウトドア(外遊び)の行き帰りに気軽に寄ってお茶を飲んだり買い物したり身体を休めたりする場所(お店)が案外少なくて、うーむ、なんだか寂しいのでした。

そして、ここから外遊びに出かける基点となる居場所、仲間が集まれる場所も改札前とコインパーキング、コンビニくらいしかない・・・。さらに駅前に銭湯やシャワー施設はなく、ロッカーも不足気味で、飲食店の席数も少ない

ならば・・・!

電車やバスの待ち時間を快適に過ごせるカフェ、シャワー、ロッカー、更衣スペース、アウトドア・地域観光情報の収集、身体の疲れを癒すボディケアなど、駅前に「あったらいいな」と機能をワンストップで満たせる「アウトドア基地」が駅前に作れないか?

そして、この地域のフィールドが大好きなみんなで、そんな場所を作って維持していけたら理想的(シェアスペースという発想)!

それは、都市とフィールド、都会と田舎、利用者と地域住民、様々なスタイルのアウトドアスポーツ、それらが繋がり一体となってこの地域を盛り上げていくための場所を作ること→五日市・檜原村の地域おこしにもつながる!

 →「東京裏山ベース」で、それを実現しよう!

・・・たくさんの人が持っている、「こんなのあったらいいな」の思い。
みんなの力をちょっとずつ集めて、でっかい力に盛り上げて、ぜひ実現させましょう!

 

★東京裏山ベースの場所★


 その「舞台」となるのは武蔵五日市駅前交差点に面した物件で、駅の改札からロータリーに下りて右斜め前、駅のすぐ向かいの好立地。   


電車やバスの時間待ちにも気軽に利用していただけるロケーション。

元々はコンビニとして、その後はその半分ほどのスペースがレンタサイクル屋さんとして(この秋まで)使われていた店舗。
そこを可能な限りリノベーションして、居心地のよいカフェ&店舗スペースを作ります。
 


(引き渡し時の物件内部はこんな感じ…ここからスタート!)

2016年4月1日のオープンを目指し、発案者である私(ジンケン)と仲間たち、そして有志の方々と協力し合い、これからDIYで内装を整えて最初の一歩を踏み出そうとしています。

※検討段階の仮図面です 

 

★施設とサービスの概要★


〜裏山ベースでこんなことができます〜

 

1:オープンサービス

 
 まず、どなたでも利用できるサービスからご紹介します。
 外遊びに出かける前に&帰りにお気軽にお立ち寄り下さい。
 

(1-1)カフェ

 裏山ベースの入口で皆様をお迎えするカフェ。挽きたてでこだわりのドリップコーヒーを提供、また檜原村の小規模な茶畑を再生して摘まれた無農薬茶葉を使用した、希少なひのはら紅茶も。待ち合わせや電車・バスの待ち時間の調整にも、気軽にご利用いただけます。
 

(1-2)地域産品やアウトドアグッズの物販コーナー

 五日市・檜原村の特産品や物産をアンテナショップ的にセレクトして販売します。また、「コンビニにはないけどあったら便利」なアウトドア小物類、救急セットや自転車のチューブ・携帯工具、ポンプ等「いざという時」の備えになるもの、地図類、そして東京裏山ベースのオリジナルグッズ等も販売します。
 

(1-3)地域の観光・アクティビティ情報の発信コーナー

 五日市〜檜原村には、様々な隠れ観光スポットや「知る人ぞ知る」極上の景観スポットやBBQ場、雰囲気も味も最高のレストラン、紅葉スポット、ワークショップや体験ツアー、滝、渓谷、散策路、他にも色んな魅力的なスポットが隠されています。
 東京裏山ベースではそれらの情報を可能な限り集め整理して、このエリアでのオススメの休日の過ごし方を提案していきます。
 そして、MTBのガイドツアーやトレイルランニングのスクールや大会の他、各種ワークショップやツアー、イベントの告知も行っていきます。
 駅を下りたらぜひ裏山ベースに立ち寄って、情報収集してみてください。
 

(1-4)ボディケア  

 外遊びの帰りに、身体がスッと軽くなるボディケアを。揉んだり押したり引っぱったりしないのに、不思議なほど身体が軽くなるさとう式リンパケアで疲れを落としてから帰路につけます。裏山ベース内にリラックスできる専用ブースをご用意してお待ちしております。
また、身体の機能が高まるので、アクティビティ前のウォーミングアップ代わりにもオススメです。時間帯等ご相談ください。 
※営業日や受付時間、料金等の詳細はオープンが近づく頃にホームページ等でお知らせいたします。
 

 2:裏山ベース会員向けサービス

 東京裏山ベースの以下のサービスは会員制となります。
 ※1日限定のDay会員(お試し)での登録も可能です。
 現時点ではコース設定・価格については「仮」ですが、会員登録のオプションは以下のように予定しています。

・Day会員:1,500円(1日のみ)※初回登録時にはお試し特価500円にて一日利用可能
・1ヶ月会員:3,500円(税込)
・6ヶ月会員(50名限定):→15,000円(税込)
   (一ヶ月あたり2500円相当。カフェ割引券・ボディケア割引券付き)
・12ヶ月会員(100名限定):→24,000円(税込)
   (一ヶ月あたり2000円相当。カフェ割引券・ボディケア割引券・レンタルMTB無料券付き)
 
※これは利用料というよりは、シェアスペースとしての「東京裏山ベース」をみんなで支えるための金額とお考えいただければ幸いです。また、オープンまでに若干の変更の可能性がございます。
 

以下、会員向けサービスの概要です。

 

(2-1)外遊びの帰りに利用できるシャワーブース、快適な更衣室、貴重品ロッカー

 駅前に温泉や銭湯・シャワー施設がないのがこの駅の「惜しい」ところだと、アウトドアアクティビティの基点として武蔵五日市駅を利用する人たち(私も含めて)の多くが感じてきました。外遊びの後、電車で帰るにせよ駅前駐車場に停めた車で帰るにせよ、これまでは快適に着替える場所すらほとんどありませんでした。シャワーと更衣室は女性の方にも安心して利用していただけるように配慮いたします。

※会員は無料で利用できます。

(2-2)手荷物預かりサービス

 輪行でやってくるサイクリストや身軽に行動したいトレイルランナー等に便利な、会員専用スペースに荷物を置いて出かけられるサービスです。武蔵五日市駅のコインロッカーの数は少なく、ハイシーズンには足りなくなって「ロッカー難民」が発生していました。しかしこれからは、裏山ベース営業時間内ならいつでもかさばる荷物をここに置いて出かけられます。(日をまたぐ場合には別途ご相談ください)

※会員は無料で利用できます。

(2-3)レンタル自転車(MTB)サービス

 五日市エリアの魅力のひとつが、メインの街道から少し外れたとたんに広がる景色の美しさ。かつては湖だったという変化に富んだ地形と景色に出会うには自転車が最適。裏山ベースに常設される本格的なレンタルMTBをリーズナブルな価格で利用可能です。手ぶらで駅までやって来ても、駅前すぐの裏山ベースから整備されたMTBですぐ走り出せます。観光に、散策に、林道ツーリングに、ご利用下さい。

※台数に制限がありますが、会員は無料または格安で利用できます。

(2-4)月極の屋内自転車預かりサービス

 五日市〜檜原村に定期的に自転車で訪れる方で、都度自転車を持ってくるのが大変だという方向けの自転車預かりサービスです。お気に入りのビーチにサーフボードを預ける感覚に近いでしょうか。会員専用エリア内の専用ラックに自転車を固定し、カギをかけてそのまま帰宅できます。スペースに限りがあるため台数の制限はありますが、余裕があれば1週間単位の短期預かりも可能です。

※月ぎめの預かりサービスは2〜3台限定、5000円/月程度でご利用いただけるように検討中です(営業時間内出し入れ自由)。

(2-5)汚れた自転車の泥を落とせるバイクウォッシュ&オイルアップスペース

 裏山ベースの裏庭に設置された会員専用スペースで、ご自身の手で自転車の洗車や整備ができます。
※会員は無料で利用できます。

(2-6)無料の高速Wi-Fiと携帯電話充電(電源)サービス

 Wi-Fiを利用してその日撮った写真をSNSにUPしたり、カフェでコーヒーを飲みながらその日の出来事をブログにUPしたり。ご自由にお使い下さい。

※会員は無料で利用できます。

(2-7)利用者、スタッフ、そして地域の皆さんとの交流会を定期開催

会員(利用者)同士、また地域の皆さんと利用者との繋がりと協力体制をつくっていきます。
色んなアイディアを出し合い、知恵を持ち寄って、都会と田舎、都市とフィールドをつなぎ、盛り上げていきたいです。
 
 

 
 武蔵五日市駅前にこうしたスペースができ、人が集まり、地域情報の発信基地として機能するようになれば、より多くの方に五日市〜檜原村エリアで充実した時間を過ごしていただけると思いますし、またそれをきっかけにこの地域への理解が深まれば、単なる「遊びのフィールド」を超えた愛着を感じてもらうこともできるでしょう。そして、新たな人的繋がりや地域交流が生まれていくでしょう。色んなスタイルの「楽しさ」が交錯し、思いがけない新たなアイディアが生まれ動き出す。東京裏山ベースがそんな動きの舞台になっていけば嬉しいです。
 
 
 

★皆様からのご支援の使い道★

 

ご支援いただいた資金は、「東京裏山ベース」のオープンのための開業資金として不足している内外装工事費・設備費・システム構築費等に使用させていただきます。

また、当面どうしても必要になる目標額150万円(オープンまでに残り必要な設定金額)をご支援額が超えた場合には以下のように施設を充実させることができます!

・ご支援が170万円を超えると:裏山ベース内のシャワーユニットが2基になります

現時点では、資金的にシャワーは1基のみでスタート予定です。しかし、夏場や行楽シーズンには混み合うことが予想され、特に女性のお客様には使いにくいと感じられる場合もあるかもしれません。シャワーユニット1基の追加購入・設置までにかかる費用はおよそ20万円。ご支援が170万円を超えた場合には、シャワーユニット2基でスタートを切ることができます!その場合、シャワーブース1基は女性用とし、待ち時間を低減し、女性の利用者の方にもより快適に利用していただけるようにしたいと思います。

・ご支援が190万円を超えると:裏山ベース内の冷暖房をより快適なものにグレードアップします

夏場にどうしても必要なエアコンですが、現時点では家庭用の小出力のエアコンが1基だけ。1階なのと直射日光がガンガン射し込む場所ではないとはいえ、夏が・・・怖いです。冬場も、ファンヒーターや簡単な暖房器具で乗り切るのはなかなか厳しいです。夏は涼しく、冬は暖かく皆様をお迎えできるよう、ご支援が190万円を超えた場合には冷暖房設備をグレードアップし、スペース内でより快適にお過ごしいただけるようにします。

 

 

★このプロジェクトに至るまでの活動★

プロジェクトを代表して、私(jinken、MTBライダー)は、「裏山ライドTokyo」として五日市・檜原村エリアで自転車(マウンテンバイク)ガイドツアーを行っています。自転車という道具(仕掛け)を使ってこの地域の魅力を発見していけるよう工夫し、これまでも、サイクリングイベントや各種ワークショップを主催するなどして、五日市・檜原村エリアにやってくる(来てみたい)人たちがこの地域に寄せる期待やニーズの把握に務めてきました。 
 
 また私自身、18年前から五日市や檜原村を自転車で繰り返し訪れてこの地のファンになり、その後家族で五日市に移住して2年、さらに檜原村に移住して現在まで約3年暮らしてこの地域(五日市~檜原村)の魅力を実感すると同時に、この地域の抱える課題や、外からやって来る人たちの期待と現実とのズレも感じてきました。その上で、武蔵五日市駅前にこうしたスペース(外から遊びにくる人たちとこの地域の魅力とをつなぐ場所と機能)が地域活性化のためにも必要とされているのではないかと考えるようになりました。
 
 そして、2015年も終わりに差し掛かる頃、このシェアスペースの構想を実現させるのに最高の立地である駅前の物件に出会い、そこをお借りして【東京裏山ベース】として2016年4月にオープンさせるべく、現在、地域の皆様や多くの仲間たちの協力を得て急ピッチで準備を進めています。
 

 

★五日市〜檜原村、この地域の魅力を伝えたい。


秋川渓谷を愛する皆様に末永く愛される施設に!★

 
 このプロジェクトは、この地域のフィールドを利用する方々や地域の皆さんがいろんなアイディアを持ち寄り、それをカタチにさせていくために活用できる場所として、五日市~檜原村エリアで「みんなの夢を乗せて」動かしていく、そんな場所へと育てていきたいです。この地域を愛する人、そしてこの地域のアウトドアフィールドを愛する人たちがみんなで力を合わせて、まずは【東京裏山ベース】が最初の一歩を踏み出せますように、そして末永く皆様に愛される施設として発展していけますように・・・。
みなさんのご支援・ご協力 よろしくお願いします!

東京裏山ベースWebサイト http://www.ura-yama.com (随時更新します)