【ストレッチゴール150% & 200%を目指します!】

1/27(金)、プロジェクト開始からわずか5日という早さで、

達成率100%を突破することが出来ました!

ご支援/応援いただいた方、本当にありがとうございました!

 

100%に留まらず、さらに目標を高く!

150%を目指します!

150%を達成したら・・・

■活動をPRするためのフライヤーを作ります!

■イタリアン居酒屋カーサミアに、メッセージボードを設置します!

■イタリアン居酒屋カーサミアに、募金箱を設置します!

 

そして、150%を達成したあかつきには、

200%を目指します!!

200%を達成したら・・・

■リトル老犬ホームを作ります!!

私のお店「カーサミア」の倉庫の一部にスペースを設け、

まずは小さな老犬ホームを運営します。

 

最初はそこで、本格的な老犬ホーム運営に向けた

費用や人手・備品/設備などの準備やシミュレーション

また、今までの介護ノウハウ/スキルの向上を図りたいと考えています。

 

なにより!

老犬をもう1頭、もう2頭引き取ることができます!!!

 

皆さまのご支援のおかげで、

このプロジェクトの最終目的である老犬ホーム設立が目前に迫ってきました。

引き続き、応援/ご支援宜しくお願い致します!

【リターン品のデザインが完成しました!】

遂に!リターン品となる、

メッセージTシャツ&トートバックのデザインが完成しました!

今後もマグネットのデザインが出来次第、報告します!

 

      

【 ごあいさつ 】

みなさま、はじめまして、能登谷季典と申します。

今までボランティアとして、捨てられたり迷子になってしまい

引き取り手が現れない犬の里親を探す活動をしてきました。

犬好きがこうじてボランティア団体の活動に参加したのがきっかけでしたが、

今では我が家も、施設から引き取った老犬”Qべぇ”を含む

5匹の犬と共に暮らしています。

 

そして今後は、

里親が現れずに殺処分になってしまうケースの多い”老犬”に焦点を当てて、

活動の枠を広げていきます!最終目標は、老犬専門保護施設の設立です!

 

今回はその最初の1歩!

まずは「犬を捨てない、迷子のままにしない」というメッセージを

石川県内3大フルマラソンを通して、

皆さんと共に地域に広く投げかけるところから始めていきます!

 

▲今の家族

メッセージ T シャツでつなぐパートナーシップ 】

老犬ホーム設立を目指し、まずはその第一歩として・・・

石川県内3大フルマラソンを走ります!!

 

▶能登和倉万葉の里マラソン(能登地区)※エントリーすでに終了

▶加賀温泉郷マラソン(加賀地区)※エントリー1/31まで

▶金沢マラソン  ※エントリーは4月から

 

マラソンが趣味である私は、今までにも個人として「犬を捨てるな!」という

メッセージTシャツを着て、県内のマラソン大会に参加してきました。

 

▲メッセージTシャツを着て挑んだ金沢マラソン

 

走っていると、沿道の方がメッセージに気づいて声をかけてくれます。

「犬捨てるなぁ~!」 「犬がんばれぇー!」 とか、

「ほやね~犬捨てたらいかんよね~」と

親やおばあちゃんが子どもに言って聞かせる声も聞こえてきます。


一応の手応えはあるものの、気づいてくれるのはほんの一部。

最も人が集まるスタート/ゴール地点では人ごみに紛れて一人では目立ちません。

 

そこで!このメッセージをぜひ皆さんと一緒になって届けたい!

ランナーとして、沿道サポーターとして、

一緒にメッセージTシャツを着て県内3大マラソンに挑みませんか!?

みんなでチームになってメッセージを伝えたらもっともっと広がるはず!

沿道に人がたくさん集まるマラソン大会はアピール効果が抜群です!

 

そして今回のプロジェクトでは、

県内3大フルマラソンで着用するメッセージTシャツ/トートバッグの

制作資金を募ります!

※今回制作するTシャツのデザインは写真のものとは異なります。

 メッセージは「犬も家族、最後まで一緒に!」



【 里親が現れない犬たちの行く末 】

ここ数年のペットブームにより、家庭で飼育される動物の数は増え続けています。

その反面、一度は家族として招き入れたペットを飼いきれずに捨ててしまう飼い主も増えているのです。そうして捨てられた動物は、野生化したり、行政によって殺処分されてしまいます。

平成27年度の石川県(金沢市を除く)における犬の殺処分数は41頭。

全国的に見ると少ない数ですが、奥能登や加賀の山中には捨て犬たちが野犬化し繁殖しています。

 

 

子連れで保護された野犬。捨てられた犬が野犬となって繁殖

 

そんな現状を受けてボランティア団体が行ってきた保護活動では、

近年成果も上がるようになってきました。

最近は、施設から犬を引き取ることへの理解も広がり、

比較的若い犬であればその多くが新しい里親のもとに引き取られ

第二の人(犬)生をおくっています。

しかし救いきれずに殺処分されてしまう犬はまだまだ少なくありません。

そして、その内のほどんどが老犬です。

 

 

▲余命わずかで捨てられた老犬(すでに殺処分)

 

老犬の里親が現れにくい原因はいくつかあります。

 ※すべての老犬が当てはまるわけではありません。

・しつけがしにくい

・吠える

・高齢に伴う病気を抱えている

・介護が必要

・余命が近く、長い間一緒にいることが出来ない.....

私は、今後、このような老犬にもスポットライトを当て、

老犬が幸せな一生を歩めるよう活動を広げていきたいと考えています。

 【 老犬Qべぇが歩む第2の人生 】

▲処分場収容時のQべぇ

 

3年前、“Qべぇ”は我が家の一員になりました。

当時15歳、犬の年齢ではすっかりおじいちゃん。

「吠えるようになったから」と以前の飼い主が保健所に持ち込んできました。

 

吠えるようになったのは、体力の低下や痴呆、

老化に伴う自制心の衰え等の可能性が考えられますが、

それも含めて終身面倒を見ることが飼い主としての責任のはず。

しかし、15年も一緒にいた愛犬を手放すとは...

何か他にも事情があったのかもしれない。

 

犬を捨てるという行為への身勝手さを許せない思いがある一方、

その背景にある、飼い主側の事情にも目を向けていかなければならないと私は考えています。



【家族の絆を絶たずに、                                              犬と人間がハッピーに暮らせる社会を目指して】

このプロジェクトの最終目標は、老犬専門の保護施設を設立すること。

保護施設というよりは、”老犬ホーム”というべきかもしれません。

 

この老犬ホームを通して、「飼えなくなったから捨てる」ではなく、

飼えない原因を解消できるサービスを提供し、

飼い主と犬の ”家族の関係” を絶たずに、

両者が家族としてハッピーに暮らせる社会を目指します。

 

 

 

前出の写真で3頭写っているうちの引き取られた一頭。表情は見ての通り笑顔。

 

例えば・・・

■老犬の介護の負担が大きくて飼いきれない。

 →老犬ホームに犬を預けて、

  毎日でも時々でも飼い主は様子を見に来たりお世話が出来る。

■飼い主自身の高齢化や体の都合で散歩が出来ず飼いきれない

 →老犬ホームスタッフによる散歩の代行や老犬介護のサポートを

  受けることが出来る。

■重度の病状の為に特別なケアが必要で、

 病院への通院が不可欠/ 駆け込みのリスクのある老犬

 →病院と連携し、病気やケガへの対応が出来る老犬ホーム

 

このように、

老犬の保護だけでなく、飼い主の負担や悩みに寄り添っていくことで、

家族の関係が絶たれることなく犬と人間が生涯パートナーとして

歩んでいける社会を作っていきたいと考えています。

 

 

▲公園の散歩で人気者のQべぇ

 

Qべぇプロジェクトは、

犬を飼われている方もそうでない方も、また、ランナーや沿道の応援に限らず、

何より、プロジェクトの想いにご賛同いただける方であれば誰でも参加できます。

あなたもこのTシャツを着て!トートバックを持って!

「Qべぇプロジェクト」に参加しませんか!

 

応援よろしくお願い致します!!!



【リターン品について】

Tシャツのデザインは、

石川県七尾市出身のデザイナー円山智幸さんが手がけます!

1月末~2月初め頃にアップ予定です、乞うご期待!

レポートでも報告いたします

 

Tシャツは賛同していただけるあなたの意思と支援の証。

マラソンランナー、沿道応援に限らず普段の着用も◎

ポスターのように使ったり愛車のシートカバーなどにしてもいいかもしれません。

トートバッグも選べます。※リターン品:3月上旬発送

※Tシャツのサイズはメッセージにてご確認させていただきますが、

 【備考欄】にもお書きいただけましたら幸いです。

 

サイズは以下の表をご参考に、S~XXLからお選びください。

 

 

なお残ったTシャツは、

販売しその売上金を老犬ホーム設立の資金としたいと考えています。

FAAVOを通じた皆さんの支援が種となり、

このTシャツやトートバッグが今後の活動と、

そして皆さんとのつながりを表すシンボルになりますように。

犬たちが終生健やかに暮らせる社会が人の豊かで幸せな社会を育むと信じています。

----------------------------------------------------------------------------------

 

【資金の内訳】

▶Tシャツ200枚の製作費 30万円

▶デザイン費+FAAVO手数料 10万円

 

【スケジュール】

・リターン品発送は3月上旬

↓以下は県内3大マラソンスケジュール↓

・2017年3月12日(日) 能登和倉万葉の里マラソン※エントリー終了

・2017年4月16日(日) 加賀温泉郷マラソン※エントリー1/31まで

・2017年10月29日(日) 金沢マラソン※エントリー4月から

 

【起案者情報】

・起案者Facebookページ:能登谷典季

 https://www.facebook.com/hidenori.notoya

・ブログ:我が家の老犬介護あれこれ http://chien.casamia.jp

 

 

 

  • 2017/11/09 13:53

      10月29日の金沢マラソンで2017年のマラソンを締めくくりました!!   今年1月にFAAVOクラウドファンディングでみなさんに協力を呼びかけ始まったこのQべぇプロジェクト、石川県内3つのフルマラソン大会と金沢城リレーマラソンを走りきりました! どの大会も一緒に走ったり、沿道でもた...

  • 2017/02/28 12:36

    おかげさまをもちまして、FAAVOプロジェクト成立いたしました。ご支援者の皆様、シェアなど拡散にご協力していただいた方々に深く感謝申し上げます。 本当にありがとうございました。ストレッチ目標の200%には達しませんでしたが今後、小さな老犬ホームから本格的な老犬保護施設設立に向けて活動していき...

  • 2017/02/27 07:52

    このレポートを書いている時点で残り20時間53分です。   達成率181% 725,000円     一人一人の思いがここに集結されました。このたくさんのご支援は今後のQべぇプロジェクトの原動力です。  これからこの思いを大事に膨らませていきます。ありがとうございました。   み...