〜「熊本ブラジルの日」フェスタ ジュニーナ2017を開催したい〜

 

■フェスタ ジュニーナとは?

ブラジル版カントリーパーティ。

ブラジル北東部の牧歌的な音楽(フォホー)が奏でられる中、

麦わら帽子をかぶったお百姓さん姿で参加するお祭り。

 

と同時に恋愛の神様を祝うお祭りでもあるので
若い男女の出会いの場として毎年6月に行われます。

 

 【詳細下記】  

※フェスタ・ジュニーナ(ポルトガル語: Festa Junina、「6月の祭り」)は、

聖ジョアン・バチスタの日(6月24日)を中心に、

聖アントニオの日(6月13日)と聖ペドロの日(6月29日)も併せて祝うブラジルの祭である。

もともとポルトガルからもたらされた聖ジョアン・バチスタの祭りであったが、

南半球の人々のこの時期の冬至祭と結びつき、ブラジル東北部で盛んで、これら火の聖人・結婚の聖人・雨の聖人に感謝し、破れた麦わら帽子に野良着を着て、踊り、夜は火を焚いて祝う習慣である 。

※引用(Wikipedia)

 

■テーマ

「新たな出会いの場」

「新たな名産発見の場」


■目的

 来る2018年はブラジル日系移民110周年です。

熊本から旅立った多くのブラジル日系移民の「歴史の再確認」と

これからの「日伯の活発な交流を加速させる為の周知活動」です。

 

※ブラジル州プロミッソン市 熊本県出身者の一家と。

 

昨年はオープニングレセプションとして
ご高齢のブラジル日系移民とゆかりのある方々と
日系移民の歴史を知らない若い世代との繋がりを
深められました。

http://bit.ly/2oG11RZ

 

 

今回は歴史を周知すると同時に、
これからの日伯の交流を加速させるために、
より若い方々の参加を進めます。

 

若い方々が一番興味を引くトピック
「恋愛、出会いの場」を要素として取り入れます。

また昨年に続き地元農産物を使ったブラジル料理など
も提供し、新たな熊本の可能性を発見します。

 

■スケジュール

    ツナガルマジワル
  「熊本ブラジルの日」
   フェスタ ジュニーナ 2017を開催します。

 日時:2017年6月18日 18:00~

 場所:熊本市国際交流会館 ホール

■詳細内容 (予定)

1.開催宣言

2.趣旨説明、昨年実績紹介

3.来賓あいさつ

4.オープニング ライブ(地元サンババンド)

5.カントリーファッション コンテスト(男女)※ 

6.農産物やブラジル料理紹介

7.熊本とブラジルをつなげる偉人紹介

  A.上塚周平
  B.間部学

8.ダンスレクチャー(北東部ダンス)

9.スペシャルライブ(東京からフォホーバンド招聘)

10.ブラジルとの中継(サンパウロ日伯協会青年部)

11.コンテスト結果発表

12.来年に向けての取り組み紹介

※参加自由。参加者は入場料無料。
 カントリー風の服装とメイクを競います。

■目標金額 380,000円 

 【支援金用途】

バンド招聘費         :304,000円 

Faavo手数料20%   : 76,000円   

 

 

  • 2017/04/16 18:07

    熊本とブラジルの繋がりは100年前にさかのぼる 日系移民の歴史から始まります。 日本で一番ブラジル移民を送り出したのが熊本。   そして日系移民の歴史を知る方々が日本とブラジル双方で 高齢化が進んでいることはとても危ういこと。   僕が熊本で熊本とブラジルの交流を深めるために実行...