栃木県日光にあるプロアイスホッケーチームの支援「共に乗り越えようIBプロジェクト」 H.C.栃木日光アイスバックスホームゲームを安全に開催実現の為の感染症対策支援企画を始めます。 おかげさまで開始から24時間で目標額を達成いたしました!多くの皆様のご支援ありがとうございます。

プロジェクト本文

皆様からのご支援ありがとうございます。開始から24時間で目標には到達いたしましたが、全ての環境を整えるためには、まだまだ負担が大きい状況です。
引き続き多くの皆様からのご支援頂きますようよろしくお願い致します。


H.C.栃木日光アイスバックスは、栃木県日光市をホームタウンとするプロアイスホッケーチームです。

1925年の創部以来、73年の歴史を重ねた日本最古のアイスホッケーチーム「古河電工アイスホッケー部」を母体に、日本トップリーグ史上初のプロアイスホッケークラブとして1999年に誕生。90年を超える歴史の中、不況や企業スポーツの危機、ウインタースポーツの相対的マイナー化といった逆風を乗り越え、親会社を持たないプロフェッショナルクラブとして国内外のファンやクラブ会員、スポンサーの皆様にご支援いただき活動しております。

アイスバックスシニアディレクターはサッカー界の「辛口コメント」で有名なセルジオ越後

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、3月に主管事業として開催を予定していた大会「アイスホッケー日本代表強化シリーズ2020」の中止が決定。
また5月、6月に開催予定をしていたスクール事業も開催地4箇所(兵庫・岡山・愛知・宮城)全ての開催が中止。クラブ運営にとって大きな影響を受けました。

度重なるイベントの中止において、クラブとしても苦しい状況ですが、私達よりも、大きな影響を受けている方々がおります。
地元日光市では観光客が減少しており、多くの方々が苦しい時間を過ごされております。

そんな中、私達が出来る事は何かと考えると、安全な試合開催を実現し、地域にまた人が戻ってくるきっかけを作ることが、地域への恩返しのひとつなるのではと考えております。チームを応援してくださる全国のファンの為にも、地元の皆様の為にも、たくさんの皆様をお迎えできる準備をしたいと思います。

しかし、現在のアイスバックスにおいては、設備の拡充には負担が大きい状況です。皆様に安全に観戦をして頂ける環境作りの為に、多くの皆様からお力をお借りして、日光の町の活性化にお役立ちできればと思っております。
このプロジェクトで集められた資金は、栃木県立日光霧降アイスアリーナで「安全」・「安心」に観戦していただけるように、感染症対策用の観戦環境整備の運営資金に使用させて頂きます。


考えられる環境整備

・入場者に対するサーモグラフィ,非接触体温計など新型コロナウイルス感染防止に必要な機器の導入費
・アルコール消毒液,次亜塩素消毒液など新型コロナウイルス感染防止に必要な消耗品費用
・スタッフ、関係者のマスクの準備費用
・飛沫防止ガードの設置費用
・会場内各所における、手洗い石鹸等の配置費用
・ソーシャルディスタンスを保つための、入場列や座席配置の為の諸経費
・オンライン観戦を想定した動画配信サービスの構築費用 等

このプロジェクトで集められた資金は、ファンの皆様に安心して応援していただける対策費用にあて、新シーズンの霧降アイスアリーナでの感動や喜びを分かち合えるよう前進するために大切に使わせていただきます。

今回の企画に賛同して頂いた皆様には、返礼品として、アイスバックス選手のキャラクターがデザインされたオリジナルハンドタオルやステッカーを始め、アイスバックス選手使用品に、オフィシャルグッズなど様々ラインナップをご用意しました。

クラウドファンディングオリジナルデザインハンドタオルクラウドファンディングオリジナルデザインハンドタオル

クラウドファンディングオリジナルデザインステッカー

最後に「H.C,栃木日光アイスバックス」は新たなシーズンの全日本アイスホッケー選手権大会2連覇とアジアリーグ初制覇を目指して、日光から栃木県、そして日本のアイスホッケー界を盛り上げていきたいと思っております。
そのためには、ファンの皆様の力が必要です。多くの皆さまからのご支援をお待ちしております。
ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください