はじめに・ご挨拶


日頃より、居酒屋もちだをご愛顧頂き誠に有難う御座います。

居酒屋もちだ店主の清武大貴です。


「居酒屋もちだ」とは2019年10月に「もちだ酒店」の店内を改装して作られた角打ち風居酒屋です。


2019年の9月ごろに行ったこちらのクラウドファンディングの際、たくさんの方からご支援をいただき、2019年10月にお店をOPENをしてから、早稲田の地にゆかりがある方を中心に、人情味溢れる優しい多くのお客様にご来店いただき世代を超えた繋がりができる場所として楽しく営業してまいりました。



ですが、昨今のコロナウイルス蔓延に伴う政府の要請を受け、営業時間を短縮するなど、自粛せざるを得ない状況となりました。

それに伴い売り上げも90%以上減少してしまい、「店舗の存続」が極めて困難な状況に陥ってしまった為、大変心苦しいお願いであるのは承知の上では御座いますが、皆様からのご支援を緊急で募らせて頂きます。

この状況が収束し安心して外出できるようになった際には、また笑顔で皆様に会えますようどうか皆様の応援とご支援を、心よりお願い申し上げます。


これまでの活動

先述いたしました通り、元々「もちだ酒店」というお店の店内を改装し、居酒屋として営業しております。

「もちだ酒店」は新築マンション建設の兼ね合いなどにより、何度かお店の場所を移してはおりますが、戦前の創業より約80年を数える地域に根差した歴史ある酒屋です。


店主の望田健二さんが商店会長を務めていたこともあり、もちだ酒店は古くから西早稲田コミュニティの中心としての機能を果たし、お二人の人柄に惹かれて早稲田大学の応援部や野球部、サークルを中心とした多くの学生たちや早稲田大学OBが毎日のように集う憩いの場となっておりました。


その場を改装して、営業しておりますのが「居酒屋もちだ」となります。

OPENから半年間、立ち飲みのカウンターとテーブル(4~5人席×2)がほとんど満席になるほど、多くのお客様にご来店いただきました。



早稲田での思い出を語り合うOBOG、先輩と今の早稲田について語り合う現役学生、早稲田の地が好きで楽しくお酒を飲みに来てくださる地域の方など、あらゆる繋がりができる場として営業してまいりました。


また居酒屋もちだの特徴であり、発祥の商品である「学生奨学ボトル」も大変ご好評いただいております。


これはお店に来店された地域やOBOGをはじめとした大人の方々のご好意でボトルをご購入いただき、来店した学生はこのボトルのお酒を感謝のメッセージと引き換えに飲める仕組みになっています。



自分が学生時代、先輩方にお世話になったOBOGや大人の方々が現役学生に同じようにお酒を奢ってあげるこの仕組み。脈々と受け継がれる時代の歴史をひとつの「ボトル」で紡いでいく。

OPENから累計約100本以上のボトルを入れていただき、お酒を通じた縦のコミュニケーションがいくつも生まれてきました。




またスタッフも早稲田にゆかりがある人がほとんどでお客さんとの会話を楽しみながら、楽しく営業しております。


常連さんからの応援メッセージ

お店のスタッフはもちろん、来ているお客さん同士もとてもオープンな雰囲気です!

友人知人恋人と、また1人でも行きたくなって1人でも楽しめるアットホームなところが素敵!


ー2015年度 OG 戸澤さん


軽く一杯」と足を止めたのに、気づけば閉店時間——

やや緊張した面持ちで入ってきた一見さんも、一口お酒を飲めば自分のコアな世界について語り出す——

居酒屋もちだではごく当たり前の風景です!


店主は「男子チア」で鍛えたホスピタリティマインドで、客の魅力をすぐに見つけてくれます。夢に燃える学生、各業界の第一線で活躍する人、町の歴史を知る地元住民……フレンドリーな店主に惹かれて個性的な人がどんどんと集まってきます。新たな出会いへのワクワク感から、僕も常連客の一人になっていました。

学生街の賑わいを見守ってきた酒屋の風情をそのままに、清酒コンテナや酒瓶を活用したインテリアも店のチャームポイントだと思います。

進路に思い悩む人、人生に停滞感を感じている人、ただただ盛り上がりたい人、色々な人に門戸を開いているお店なので、ぜひ訪れてみてください!

ー2015年 早稲田大学卒 荒牧さん


自宅、職場、毎日の自分の移動線にふと寄りたいサードプレイスがある。

場所は新宿区西早稲田

早大西門通りにほど近いその場所は僕のサードプレイス。

心地よい会話が、今日も入り口から聴こえてくる。

その名は

「居酒屋もちだ」。

常連になり何ヶ月経つだろうか?

はいってしまったらその魅力にはまり、抜け出せないでいる。

サードプレイスの定義は、安価なフードやドリンク、そして心置きない知り合い、仲間と「有意義で心地よい」会話が交わされていることが大切になる。


職場と自宅の往復に何かを求めるが、そんな期待を裏切らないのが「居酒屋もちだ」なのだ。

店主の気さくな会話、魔術と言ったらよいのか、周りには狼煙を上げつつ放吟できる場所を提供するスタッフ。


怖がらないで一歩踏み出してくれ。

誰もが自分のサードプレイスに「居酒屋もちだ」を加えたくなるから。

ー西早稲田在住 丸山さん


世界で1番好きな呑み屋

居酒屋もちだ

3年生時代このお店に

何度救われたか分からん😅

多分この店に来る人って

酒を飲みに来くるってより

店員さんに会いに行ってる。

暖かさ人間味に溢れた

居酒屋もちだ。

一緒に、行こうぜ😋


ー現役早大生、早稲田大学応援部 大久保くん


資金の使い道

①自粛営業中の家賃・光熱費等への補填

②店舗スタッフへの給料補填

③支援者様へのリターン、CAMPFIRE手数料


リターンについて

学生奨学ボトル/店舗でのドリンクチケット/貸切飲み放題パーティー券/1日店長券/生涯無料券/オリジナルサービス券/店主の心のこもったギャグ動画など、居酒屋もちだならではのより楽しんでいただけるようなリターンをご用意しております。

リターンのページよりご選択ください。

最後に


早稲田の街は、四季折々のイベントのみならず、人情に溢れた素敵な街です。

この街の魅力を伝えていくとともに、「早稲田人情街の中心」に、そして、地域と学生、早稲田大学OBOGの止まり木となるようなお店を目指して日々奔走しております。

この度の売り上げ減少を含めて運転資金に困窮しております。大変心苦しいお願いではございますが、皆様のお力添えを頂戴したく何卒宜しくお願い申し上げます。



店舗情報

もちだ酒店/居酒屋もちだ

住所:    東京都新宿区西早稲田3-1-3

電話番号:03-3202-6513

WEB:https://www.waseda-mochida.com/


Twitter:https://twitter.com/WasedaMochida?s=20

Facebook:https://www.facebook.com/mochidawaseda/

Instagram:https://www.instagram.com/mochida_waseda/


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/07/30 09:00

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください