西部開拓時代のゴールドラッシュ。当時の酒場で流行っていた賭け事をイメージして作られたこのゲームは、ハンドメイドで制作していた為に量産が出来ませんでしたが、今回はデザインを一新して一般販売分の制作を行います!木製のコインとマッチ棒で行う西部開拓時代の賭け事をどうぞお楽しみください。

プロジェクト本文


皆様、当プロジェクトにご覧頂き誠にありがとうございます。
Sharkyuu Games代表のユウと申します。

今回の商品である「GOLD RUSH」は、2018にゲームマーケットにて
販売した商品(※下画像)のリメイクとなります。
当時はほぼ全てハンドメイドで制作をしておりましたが、
制作数に限りが出てしまい十分な数の制作をすることが出来ませんでした。



しかしありがたいことにゲームマーケットにて無事完売し、
この2年間の間に再販を希望する声を数多く頂きましたので、
今回のリメイクを行うにあたり、量産できるようパッケージデザインや
コンポーネントデザインなどを一新して再販することにいたしました。

コンポーネントはより豪華に!持ち運びしやすいアミーゴ箱サイズに変更して、
さらにお値段も過去の物より安くしましたので、この機会にぜひご支援頂けますと
嬉しいです♪




1840年代の西部開拓時代に、酒場でギャンブルとして遊ばれたとされるゲーム、
それが「GOLD RUSH」です。

このゲームに勝ったプレイヤーが金鉱を掘り当てたことが原因で、
当時の酒場では「GOLD RUSH」で勝ったら幸せを掴めるというジンクスが
できたほど遊ばれていたそうです。

皆様もこのゲームで勝ったら金鉱を掘り当てるぐらいの幸せが、
舞い込んでくるかもしれませんね♪


ルール自体はとてもシンプル!やることは大きく分けて3つだけ!

①プレイヤーは袋に入ったコインから1枚を取り出し、コインの両面を確認して…


②好きな面を表にして場に出したら…



③全員で手持ちのマッチ棒を使ってコインを競り落とします!



◆ギャンブル要素は?
コインを袋からだしたプレイヤー以外はコインの表面しか見る事ができず、
唯一裏面を知っているプレイヤーの競りやアクションから、コインの裏面が
得点なのかそうではないのかを予想し、そしてゲーム終了時に裏面の得点を合計して
勝敗を決めます。

◆アピールポイント
このゲームの1番の魅力は「どちらの面を見せて賭けさせるか」を、
決められるプレイヤーの存在です。
コインが競り落とされるたびに、コインの両面を見れるプレイヤーは変わっていきます
ので、そのプレイヤーの心理や賭け方から裏面を想像してギャンブルを楽しみましょう!

遊ぶプレイヤーの数だけプレイスタイルがあるので、ぜひいろんなプレイヤーと
遊んでみてください♪

ゲーム自体のルールはシンプルなので、ルール説明も短い時間で終わりますよ!



◆パッケージ箱
アミーゴ箱サイズ:縦92×横120×高さ30(mm)

◆木製コイン(24枚)
サイズ:40x40mm

◆マッチ箱(1個)&マッチ棒(48個) 

◆麻袋(1枚)

◆説明書(JP/EN 各1枚)


デザイン費、印刷費といった初期コストに、
支援して頂いた資金を使用いたします。
何卒よろしくお願いいたします。



◆本商品
◆BGMデータ
◆店舗様向けプラン

など、様々なリターンを用意しておりますので、
リターンの項目をご確認いただきますと幸いです。



今回の素敵なイラストは、黄色いイラストを描かせたら右に出るものはいない、
kyo→ko様に描いていただきました!

<Profile>
Name : kyo→ko
Birthday : 1992.06.12
Birthplace : 神奈川県
Like : Hard Rock (KISSファン) &アイドル &
ハンバーガー & ドクターペッパー

〈kyo→ko様からひと言〉

町田・デザイン専門学校、
ビジュアルデザイン科グラフィックデザインコース卒業。
黄色がないと生きていけない黄色中毒。
YELLOW JUNKIE(イエロージャンキー)を活動名にし、
展覧会・アートイベントに参加しています。

アメリカンポップな画風で、少々ブラックジョーク、
皮肉を効かせたイラストを、反感買う覚悟で描いています。

SNSやっとります↓↓↓↓↓↓

Twitter : @YellowKyoko
Instagram : @yellowkyoko
ホームペー
ジ:https://yellow-junkie.jimdofree.com/





Sharkyuu Games 代表:ユウ
ボードゲームクリエーター。

幼少より将棋の有段者である父親の影響で、将棋やチェスなどに触れる機会が多く、
自然にボードゲームで遊んでいた。その後、中学卒業までの9年間をロシアで過ごす。
大学では、物が人に与える影響やプロダクトデザインを4年間学びつつ、
ディズニーランドのキャストとして人が楽しむ為のプロセスなどを学ぶ。
大学卒業後にゲームの勉強のため某ゲーム会社へ就職し、そこで再度ボードゲームに熱が入る。
ボードゲーム制作の為に会社を退社し今に至る。  

通販サイト: https://sharkyuu-games.booth.pm/
Twitter:https://twitter.com/sharkyuu_games



2020年8月30日:クラウドファンディング終了
2020年9月:リターン品の発注
2020年9月~10月:リターン品の梱包
2020年10月~11月:リターン品の発送。




2018年の販売からリメイクまで2年もかかってしまい、申し訳ございません!
この2年間納得のいくリメイクがなかなかできず、発表まで時間がかかってしまいました...

今回のリメイクで一般販売も可能になり、コロナが落ち着いたら海外への展開も考えておりますので、応援していただきますと嬉しいです♪

2020年、2021年と様々なゲームを発表いたしますので、
今後とも何卒よろしくお願いいたします。

Sharkyuu Games 代表:ユウ


※本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。
 目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください