どうも、初めまして。愛原『♥』ピエロと申します。作家志望の東京都在住の男性です。


いまだ世界にはない忍者になるための訓練所に通うアメリカ人の少年が主人公の小説を知ってもらうために、今回、初めてクラウドファンディングを立ち上げました。



今回のクラウドファンディングで、忍者アルス・ウォーレン ~赤き忍刀と影からの刺客~ を少しでも多くの方に知ってもらうことを目的としています。


そして、作品を多くの方に知ってもらい、続巻も出していければと考えています。





6年前に作家を志し、5年前に忍者をテーマとした作品を思いつきました。


5年前に忍者をテーマにした作品を思いついたとき、世界にはまだ忍者になるために、忍者という生き方や忍者の生業を学ぶ場所で子供たちが活躍する小説作品はまだないと考えました。


私は初めにこの作品をアメリカで発表するために、アメリカ在住の翻訳家の方とメールでやりとりをして、最終的にアメリカの小さな出版社での販売経路も見つかったのですが、翻訳料金が高く、断念しました。


そこで日本での販売を目指し、本の宣伝も兼ねて、CANPFIREでのクラウドファンディングを選択しました。


今回支援を求める作品は、プロットと作品完成に5年以上の年月を費やし、長編小説の予定となっております。小説自体の認知度が上がり、最終巻まで紙媒体として世に出せればと考えております。


※内容のよく分からない小説にお金を出すのは、難しいことだと思いますので、小説家になろうというサイトにて、忍者アルス・ウォーレン ~赤き忍刀と影からの刺客~ の第4章まで無料公開しております。試し読みもできますので、試し読みの結果、支援していただける方をお待ちしております。


小説家になろう→サイト内で、忍刀と検索すれば、作品を探し出すことができ、試し読みいただけます。


小説家になろうURLhttps://syosetu.com/




アメリカの児童養護施設で暮らすアルスの元に、藤村と名のる日本人が来なるべた。藤村はアルスに対し、忍者になるための訓練所に通うことを勧め、アルスは忍者になるために伊甲忍者訓練所に入所する。


そこで、訓練所の所長服部 豪風からアルスの両親を殺した男である影丸 遊刃の名を聞かされる。アルスは訓練所で一流の忍びになるため、訓練に明け暮れるが、そんなアルスの自室に一通の手紙が来ることで、アルスの訓練所生活は険しいことになっていくのだがーーー。



1巻関連画像

作品に登場する炎天寺の相撲をするカエル



作中に登場するしゃべる猫サクのモデル


作中に登場する猫又もこみちのモデル


これまでの活動


様々な文学賞に投稿。及び、小説家になろうに作品投稿(現在は一部作品以外は削除)


5年間以上、忍者アルス・ウォーレンのプロット及び1巻作成に時間を費やしてきました。


資金の使い道


送料は支援金に含まれていますので、印刷代と手数料になります。



本の印刷詳細について

無線とじの1ページ二段組構成になっております。

本自体の大きさ=A5

ページ数=支援者名含めれば、0ページ目含み約203~4ページ(支援者名が入らなければ、202ページになる予定)

印刷工程の際に、見返しや表紙加工、ブックカバーなどはつけず、シンプルな出来になる予定です。


1  2500円のリターンについて

出来上がった本一冊を送らせていただきます。支援金には、送料とCAMPFIREの手数料が含まれています。

2  3500円のリターンについて

出来上がった本一冊と小説の終わりに支援者名簿一覧に名前を記載させていただきます。支援金には、送料とCAMPFIREの手数料が含まれています。


備考欄に支援者名(本名でもペンネームでも好きなお名前)をお書きください。
支援者名を記載せず支援したい場合、備考欄に記載希望なしとお書き入れてください。


※支援者名に関して、卑猥な単語や特定の人物や企業等の誹謗中傷に関する名前と判断した場合、支援者名の変更をしていただく場合がございます。


実施スケジュール


1巻は既に完成していますので、募集締め切り後、直ぐに印刷発注と発送を行う予定です。

8/26 募集締め切り。

9/30 入金予定。入金確認後、印刷発注。

10/1~ 印刷開始~10月中旬以降完成品発送。

遅くとも、11月30日までには発送を終えたいと考えています。



5年間以上の長きに渡るプロット作成と1巻作成の長編物語。作品の最終巻までのプロットはほぼできており、最終巻まで多くの方に知ってもらえればと思っています。そして、もしも日本で知名度が上がれば、当初の目的であるアメリカでの販売にこぎつけることができればと、考えております。


作中では、主人公が体験する様々な日本文化が登場するので、日本文化が好きな方にも、この作品を楽しんでいただけると思います。



注意事項など

※本作品は出版社を通さず、自費出版の作品となり、著作権は作者本人が所有しております。

 作品のクオリティは一般流通の本よりも低い物となりますが、読む分には問題はありません。


<All-or-Nothing方式の場合>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください