私たちは、古着レンタルサービス「Lease」を開設します!ファッション界隈の中でニッチなジャンルの古着。そんな古着を誰もが手軽に楽しめるような、古着の大衆化の実現。そして、安価で利用できるレンタルサービスの普及で新しいファッションの様式の提案、そして社会問題となっている服の大量廃棄問題を解決します

プロジェクト本文


〜はじめに・ご挨拶〜

こんにちは!私たちのページを閲覧いただきありがとうございます。この度私たちは、古着レンタルサービス「Lease」を開設いたします。それに先立ちまして、活動資金の支援をお願いさせていただきたく、Campfireさんにてページを投稿させていただいております。



まずは私たちから、自己紹介をさせてください!


はじめまして!安藤 誠悟と申します。私は現在、大学4年生で、今年22歳になります。

富山県高岡市で生まれて、人生のほとんどは横浜市内で過ごしてきました。ハマっ子です!

                             

そんな私が服に関心を持つようになったのは比較的最近で、高校生になった時です。高校時代はアルバイトはせず、軽音楽部での活動に打ち込んでおり、娯楽費は両親から毎月いただいていた5000円でまかなっておりました。

月5000円という金額では、とても毎月何着も服を買うということはできず、最初は少しもどかしさを感じていました。 ですが、高校生の時、私は古着に出会います。

古着の特徴は何と言っても、全ての商品が唯一無二、どれもが個性的でオシャレ、自分という人間をファッションで表現するにはうってつけのアイテムでした。それでいて、古着は安い!通常の服屋さんではあり得ないような価格設定に、私は毎度、度肝をぬかされていました。


後ほど詳しく記載いたしますが、今回このプロジェクトを始めようと思ったきっかけは、紛れもなく、私自身が古着を通して得た素晴らしい体験を、多くの人にも同じように体感してもらいたいと思ったからです!


ご興味を持たれた方には、ぜひご支援のほどお願いしたく思います。

                                               

初めまして!大学3年生、20歳の阿部 将大と申します。僕はオーストラリアのゴー

ルドコーストに生まれ10歳までその地で育ち、その後日本は宮城県に帰国、現在は大学

に通うために上京して一人暮らしをしています。

 僕が古着にはまったきっかけは一人暮らしを始めたことにあります。僕は高校生まで寮生活をし、外出できる休日は年に5日間のみ。その他の日は学校と部活の行き来だけの生活を送っていました。そんな生活をしていたため私服を必要とはせず、高校3年間で買った服は1着のみでした。

その後大学進学のため上京が決まり、中学生の時に来ていたサイズの小さくなった服の

みで東京に来ましたがそれで足りるわけもない、でもお金もない 。そんな時に出会ったのが古着です。安くて、おしゃれでオンリーワンのスタイルができる、そんな古着の魅力に魅かれ、今では古着の町下北沢に住むようになったくらいはまっています。

 そんな僕と相方の安藤だからこそできること、それがこの古着のレンタルプロジェクト

だと思っています。僕たちが魅かれた古着の魅力を一人でも多くの人に知ってもらいたい。

そんな思いで今回のプロジェクトに挑んでいきたいと思っています!!

ぜひ支援のほどをよろしくお願いいたします。


〜このプロジェクトで実現したいこと〜

ズバリ、2つあります。一つは古着の大衆化です。

ファッション雑誌や、有名人のSNSにのっている服の多くは高くてとても手が届かない・・・ ファッションは、お金がないと楽しめない。そう思っている人もとても多いと感じます。特に私自身がファッションに興味を持ちはじめた時のように、中高生など、限られたお小遣いでやりくりしている方は特にそうなのではないでしょうか? 学生の方に限らず、社会人の方にとっても、ファッションにまでお金をかけている余裕がない。という人も多いのではないかと考えます。


今回、私たちがこのサービスを立ち上げることで。誰にとっても自由に、好きなようにファッションが気軽に楽しめる、そういった時代を創りたいと考えております。


もう一つは、ファッションの楽しみ方を増やすことです。

これまでは服は買うもの、この一択でありました。ですが、これからは服はレンタルもできるという時代を作りたいと考えています。服を買うというのはどうしてもプレッシャーがあるものです。いざ買って着なかったらもったいない・・ 失敗したくない・・という懸念もあります。ですがレンタルならば、そんなプレッシャーはなく、気楽に服を選ぶことができます。

ファッションを誰にとっても気軽に楽しく、もっと身近にしたいと考えています。


そして、今世界で社会問題となっている服の大量廃棄問題。 そんな社会問題も、「Lease」によって解決に貢献できると考えております。

(参考URL: https://www.sfinter.com/topics/post-711/)


〜プロジェクトをやろうと思った理由〜

先述しましたように、私たちは「Lease」をもって、ファッションをもっと気軽で楽しいものにしたいという思いを実現したいと考えております。

その他にも、私たち自身がこれまで古着を通して得た素晴らしい体験。それをもっと多くの人に同じように体感してほしいと考えたからです。

大量消費のファストファッションでは体現できない、本当の意味での自分らしさをファッションで表現する。

それを古着を通して体験できます。

それも、ファストファッションをも凌駕するようなほどのリーズナブルな価格で。

  もっとファッションが手軽なものになれば、多くの人の心は豊かになると考えています。


〜「Lease」とは?〜

今までにない、古着のレンタルサービスです。 これまでは服は買うもの、という様式が定着していました。ですが今や、服のレンタルサービスはすごい勢いで増えてきており、徐々に服はレンタルする、という新たなスタンダードが生まれようとしています。


多くのレンタルサービスは月額制という料金形式をとっていますが。Leaseは、それぞれの商品に価格がついています。この点では、普通の服屋さんと同じと考えてよいでしょう。


ですが、Leaseはレンタルサービスなので、圧倒的に低価格です! これからサービスを開設する段階ではありますが、一つの服をレンタルするのに500円ほどの価格を想定しています。 


そんな価格設定を想定しているのはやっぱり、多くの人にとってファッションが当たり前の文化となってほしいからです! 上述しましたように大学生になるまでの私たちは、限られたお小遣いであることから中々気軽にファッションを楽しむことができていませんでした。私たち以外にも、似た境遇の方は多いのではないでしょうか?


着たい時に着たい服を着る。「Lease」ならばそれを簡単に実現できます!


これからの世代に、ファッションを今よりもっと手軽に多様に楽しめる時代を提供したい! そのために私たちは「Lease」を立ち上げます。



〜資金の使い道〜

    皆様からご支援いただきました支援金は、以下のような用途で使用させていただきます。


・手数料(CAMPFIRE掲載手数料・決済手数料)     

・商品の仕入れ費用                                                   

・ポップアップショウ開催費用                

・リターングッズ作成費用・送料 

・商品のクリーニング費用

・「Lease」サービスのプロモーション費用

・商品を収容する倉庫の費用


                                 〜実施スケジュール〜


8月15日(土)   クラウドファンディング終了


10/15日(木) 「Lease」 サービス開始


                                                      〜リターンについて〜


リターングッズのうち、タオル・Tシャツ・ロングTシャツ・パーカーにつきましては、クラウドファンディング支援者様全員のお名前をデザインするタイプのものもご用意しております。

デザインさせていただくお名前の対象としては、全ての支援者様が対象となります。

(例えば、マグカップのプランをご選択いただいた方のお名前も、タオル等のグッズにデザインされます。)


お名前の記載をご希望されない場合は、あらかじめその旨をご連絡いただきますよう、お願いいたします。




〜最後に〜
 
                 日本では今日も、全ての人が当たり前のように服を着ています。

つまり、すでにファッションには全ての人が関わっているということです。そんなファッションという領域にはとてつもない可能性があると考えています。

今後ファッションが必要じゃなくなる日はこないし、むしろもっとファッションが多くの人に必要とされ、誰もが気軽にファッションをエンターテイメントとして楽しめる日が来ると考えています。

今回の「Lease」は、そんな新しいファッションの時代を創り上げるためのきっかけでありたいと考えています。

新しい時代を、共に創り上げましょう! よろしくお願いいたします。


✳︎本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください