現在29歳にして黒ギャルをしております。発達障害と解離性障害と共に歩んだ人生。私の壮絶人生を全て書き、誰もが生きる勇気や、反面教師になれる自叙伝を出したいです。幻冬舎さんで話が進みましたが、本にするには250万必要だと言われ、今の私には出せない金額なので資金提供に協力お願い致します。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

初めまして。

ご覧頂きありがとうございます♫

先ずは簡単な自己紹介をさせて下さい。

吉原亜椰之(ヨシハラアヤノ)

またの名は【ちゃんあや】と申します。


年齢は今年の10月で30歳になります。

見た目は写真の通りで、12歳からマンバメイク(ギャルメイク)をしていました。

このプロジェクトで叶えたい事

Twitterの方で沢山の方から、私の歩んできた事を本にして欲しい。と言われてきました。

私自身も自分の歩んだ人生を書くのには最初は抵抗がありました。理由は持病の発達障害が原因で本を書き上げる事自体が大変だと思ったからです。

ですが、私は自分の人生を今の子供達や子育てしている親御さん。

自殺しようと考えていたり、私のような障害で孤独を感じてる方に特に読んでいただきたいと思っています。


沢山の人に、勇気と希望。本来なら歩まなくていい道を子供たちが知る為に(親御さんが教える為)に、アンチされようが悪い事をネットで叩かれようが、私は自分の人生を晒して1人でも多くの人の反面教師になれたら嬉しいと思っています。

プロジェクトをやろうと思った理由

先ずきっかけとなったのはTwitterのフォロワー様から出版をお願いされた事がきっかけです。(トータルで50名程)Twitterアカウント【@chanaya2105】


次に【幻冬舎】さんと電話で話し、どういう流れで本ができるのか、私の障害でサポートはしてもらえるのか、資金等はどれくらい必要なのか。

全て聞いて、資金さえあれば私にも出来ることが分かりました。

自費出版ですが、編集社からの出版になります。【幻冬舎 ルネッサンス新社】

担当編集者の方にも【その本は必ずいい本になり、全力でサポートさせて下さい】とおっしゃって頂きました。

ですが、やはり資金はどうにもならない状況で悩みに悩んだ時にキャンプファイヤーに掛けてみよう。と思い投稿させて頂きました。

これまでの活動

駆け込み宿として、石垣島では無償で宿を提供し自殺しようと島に来た人に声かけたりして保護していました。

現在は、約30人の精神障害者専用のLINEのオープンチャットの管理人として精神を尽くしております。

資金の使い道

編集社から言われた事をそのまま書きます。

1.紙の本を出すのには250万円(税抜)かかる。

2.契約書を交わす時に100万円が必要。

3.残りのお金は分割払いでも大丈夫だがそれだけ出版が先延ばしになってしまう。

※250万円で【初版1000部】印税は無し。

重版になれば印税が入る仕組みとの事でした。


※設定金額が280万については、自費出版費用の税金分10%分とキャンプファイヤーさんへの手数料17%を合わせた時に280万必要な為です。

リターンについて

【50,000円〜】限定80冊

お礼のお手紙と、私のサイン入りの本を提供致します。


※尚、リターンについてですが、出版社を通しての自費出版になり、出版の際には編集社から100冊プレゼントしていただける事になっています。その本をリターン提供する事は問題ない事は確認済みです。

実施スケジュール

8月上旬に本契約を交わします。

契約後に出版まで共に頑張る担当編集者が決まり本作りが進んでいきます。

私自身が発達障害があり、担当編集者との打ち合わせを繰り返し、何度も修正を入れ、校閲に回し、何度も何度も直しが入り、やっと印刷されます。

目標は2021年1月初版本出版ですが、コロナの影響もあり、少しずれ込む可能性もあると言われました。250万円集まるまでは何度でもキャンプファイヤーで頑張りたいと思っています。

最後に

私の将来の夢は、本来なら隠したい事をあえて暴露し、孤独や不安や迷子になってる人の希望や反面教師になれる存在になりたいと思っています。

今までも個人的に色々なボランティアをしてきましたが、救えたのはほんの100人程でした。

本が有名になったとしたら沢山の人に影響を与えられるものが書ける自信があります。


是非私の想いに協力をお願い致します!!!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

※初めてのプロジェクトですので、文書力が欠けてる部分も多々あると思います。


吉原亜椰之 ちゃんあや

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください