はじめに・ご挨拶

「漢方」と聞くと古臭くてなんだかよくわからないと感じる方も多いのではないでしょうか。漢方薬は西洋医学との融合で思った以上の効果が証明され始め、いわゆる「エビデンス」の蓄積、科学的解明が進んでいます。

 島根県出雲市の医師が集まって出雲漢方研究所を発足しました。このメンバーが島根大学医学部附属病院で漢方外来で診療を行っています。

漢方はわかりにくい、飲み方が分からない、といったご意見が多いので、以下のような内容の漢方マニュアルを作成して詳しく解説しています。

1.  漢方薬の飲み方

2.  漢方薬をいつ飲むか

3.  漢方薬を飲めない患者さんとは

4.  漢方嫌いの患者さん

5. 不眠に漢方

6. 漢方薬のやめどき

7. 漢方薬の飲み合わせ

8. 飲酒と漢方

9. 漢方と自律神経

10. 胃痛と漢方薬

11. 心配性には漢方

12. 漢方薬は舐めても効く

13. 漢方は漢方薬だけじゃない

14. 「風邪には葛根湯」で良いか

15. 風邪のひきはじめは漢方で

16. 寒気がしたら麻黄を飲んでみる(アスリートは禁)

17. 漢方薬が呼吸器科医に嫌われるのはなぜか

18. 漢方薬の変えどき

19.  COVID-19(新型コロナ)感染症に対する東西融合治療

20. なぜ漢方薬は本流でなくなったのか

21. 暑い日はのぼせの漢方で

22. 子どもに漢方

23. 風邪の後の乾いた咳にはかさぶたを作らない漢方薬

24. 老人は漢方薬が嫌い

25. 男の漢方薬

26. 女性のための漢方

27. 漢方薬は高い?

28. 手術と漢方

病院に行っても西洋医学だけでは治らない症状、もしかしたら漢方で良くなるかもしれません。


このプロジェクトで実現したいこと

「気象病」という概念を存知でしょうか?天気が悪くなると倦怠感や頭痛が出る病の総称です。

西洋医学ではなかなか良くならない症状も、漢方医学では「水毒」と呼ばれるごく一般的な状態で、水分調整の漢方薬で軽快しますが、残念なことに医学部の教科書には載っていません。

 医療従事者から患者さんまで、西洋医学と東洋医学の得意分野と苦手分野を学び、自分の体を知ることができればと思います。


プロジェクトをやろうと思った理由

漢方研究所は漢方好きの医師が集まった勉強会ですので、残念ながら活動資金がなく、学会参加や書籍購入のため学生や他の医療従事者が参加するにはハードルが高いと考えています。

医師のみでなく看護師、薬剤師、学生、鍼灸師や理学療法士のみなさんにも参加してもらい、様々な症状に苦しんでいる方に漢方の良さを知ってもらう活動拠点を作りたいと思っています。

これまでの活動

前身の出雲漢方研究会は15年前に発足し、医師と医学生のみで月に一回の勉強会を開催してきました。

これまで日本外科学会、日本東洋医学会、日本肺癌学会、日本がんサポーティブ学会、アメリカ胸部学会などの医学系主要学会で発表を続け、学生教育も行い、島根大学病院の漢方外来で診療を行っています。


資金の使い道

目標金額 = 180 万円 (内CAMPFIREへの手数料と税金 = 33.66 万円) 

手元に残る資金は 約 146 万円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1. 出雲漢方ポケットマニュアル作成(1000部) 30万円

2. 学会・研究会参加費、交通費 約10万円 x 2人 x 年3回 60万円 

3. 学会年会費  6万円(4学会) x 2人  12 万円  

*医師の学術集会の中で学生や一般も参加可能な医学会と各種漢方地方会、勉強会に参加予定です。

4. 書籍代  医学書、東洋医学関連本    毎月20000円  24 万円

5. 通信費、Webサイト運営費      年間  8 万円

6. 月例講演会、勉強会 会場運営費   年間 12 万円 


      総額 146 万円


リターンについて


1)1000円 出雲漢方処方マニュアルのオリジナルパワーポイントファイルとお礼のメール

お礼の手紙と出雲漢方研究会で用いられてる資料を初学者の勉強や患者説明用に使われる漢方マニュアルポケット版を作成してメールを送ります。

風邪、慢性咳、頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、四肢の冷え、下痢や便秘、肥満など、基本的な漢方処方のマニュアルです。

2)1400円  お礼の手紙と出雲漢方ポケットマニュアル

お礼の手紙と研究会の医師が作成した一般向けの漢方マニュアルを送付いたします。

携帯しやすい40−50頁のポケット版で、病状説明にも使用できるようにわかりやすい文章で作成します。

*料金は送料を含みます。


3)1万円 代表宮本の個別健康相談

漢方外来担当の宮本(外科専門医、胸部外科認定医、島根大学附属病院漢方外来担当)による個別相談です。メール、LINE、メッセンジャーで個別に健康相談を行います。


4)10万円  漢方講演会と漢方個別指導

代表 宮本による漢方講演会と漢方個別指導です。

約1時間の講演と30分の質疑応答の予定です。

*日本国内の講演会にかかかる全ての費用を含みます。

*感染症の影響でZOOM開催になることもあります。



実施スケジュール

2020年7月 ホームページ立ち上げ 

 8月 出雲漢方ポケットマニュアル作成 毎月に出雲漢方勉強会を一般向けに開始

 9月 支援者に出雲漢方ポケットマニュアル送付

 10月 各所で秋の学会・勉強会に参加、発表

 11月 各所で講演会及び支援者への個別指導開始


最後に

日本は保険診療内で先端医療を行いながら伝統医薬を処方できる、世界でも稀な国です。

長い歴史の中で日本人が作り上げた漢方、つまり「日本人の健康の知恵」を使わないのはもったいない。

皆さんの健康に役立つ情報を伝えることができれば幸せです。


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください