NEXT GOALについて

皆さんからの多くのご支援を頂き、本当にありがとうございます。

プロジェクトの最終日が10/23(金)と迫っている中、新たにNEXT GOALを設定させて頂きました。

総支援者数が1500人(もしくは800万円)を到達した場合、ご支援頂いた方々全員に「同田貫正国クリアファイル(非売品)」を提供したいと思います。

玉名市立歴史博物館(熊本県)所蔵の実際の刀がプリントされているレアで実用的なクリアファイルとなっておりますので、是非、NEXT GOAL[第2目標]を達成させたく、ご協力を宜しくお願いします!

クリアファイルイメージ

はじめに・ご挨拶

はじめまして。岐阜県関市にあるニッケン刃物の代表取締役 熊田祐士と申します。

当プロジェクトページを閲覧頂き、誠にありがとうございます。

私達は、刃物の町岐阜県関市で70年に渡り、はさみを中心とした家庭用刃物を製造しております。近年では、若手発案の日本刀はさみや名刀包丁等、機能面だけでなく、デザイン性にも優れた刃物商品の開発に取り組んでおり、今回もその一環として、熊本の博物館とコラボレーションした新たな商品を展開致します。



このプロジェクトで実現したいこと

名刀・同田貫正国をモチーフとしたペーパーナイフを同田貫正国を所蔵する玉名市立歴史博物館こころピア(熊本県)様とタッグを組んで作り込みます。

実現したい事としては、

①伝統産業である関の刃物を新しいカタチで認知いただく事

②新型コロナの影響で刃物生産量が減少していく中で職人の雇用を維持する事、

③新型コロナの影響で来館者が激減した玉名市立歴史博物館こころピア様の認知拡大とまちおこしの一助となる事、

更に、調達資金の10%を玉名市立歴史博物館こころピア様 の運営資金に充てる事で、文化財保護にも繋がるプロジェクトになればと考えております。


(左から)玉名市産業経済部ふるさとセールス課/津川課長、ニッケン刃物/熊田、玉名市/藏原市長、玉名市立歴史博物館こころピア/竹田館長、玉名市企画経営部地域振興課/吉田課長

※撮影時のみマスクを外しております。

若手職人たち

地域団体商標「関の刃物」 

商品の特徴

名刀ペーパーナイフ同田貫正国モデルは、玉名市立歴史博物館こころピア所蔵の同田貫正国の刃紋や拵えの現物及び資料に基づき、量産ができる範囲の中でリアルに作り込みます。

 

今回は、これまでの名刀ペーパーナイフから更にグレードを上げるために、技術的に困難な切っ先の加工にもこだわりました。

また、鍔は玉名市立歴史博物館こころピア 様と話し合い、「肥後鍔」の特徴の1つである透かし(鍔の表裏が貫通)を意識して仕上げました。

※職人による手仕上げのため、切っ先の形状に僅かなばらつきは出てきます事、ご了承願います。

 

本ペーパーナイフは、関の刃物職人が1本1本丁寧に刃付けをしているため、封筒などを気持ちよく切る事ができます。また、掛け台付きのため、使わない時でも部屋に飾っておけば、抜群のインパクトを持ちます。

※尚、ペーパーナイフ本体は安全面にも考慮しており、人の肌に触れてもケガをしにくい作りとなっております。板厚は1.8㎜となり、カッター刃のように薄くはありません。

※塩化ビニルパッケージ入り


限定200個プレミアムモデル

上記のペーパーナイフ豪華版として、【限定200個】名刀ペーパーナイフ同田貫正国プレミアムモデルを作り込みます。

こちらは、持ち手を柄巻き職人(柄巻師 弥仙 平山直弥)により鮫皮と組紐で巻き、本物の刀のようにリアルに作り込んでおります。また、鞘を福井県鯖江市の越前塗り職人により本漆手塗り仕上げをした豪華な逸品となります。 ※プレミアムモデル仕様

更に、プレミアムモデルは桐箱入りのため、大切な人へのプレゼントにも最適です。

神奈川県の柄巻き職人による鮫皮と組紐巻き 

福井県鯖江市の越前塗職人による本漆手塗り 

<仕様>

①名刀ペーパーナイフ同田貫正国モデル

全長:21.0cm(刃渡り約13.0cm)

材質:(刃体)ステンレス刃物鋼、(持ち手)エラストマー樹脂(ゴム質)

(鞘及び横掛け台)樹脂

②名刀ペーパーナイフ同田貫正国プレミアムモデル 【限定200個】

全長:21.0cm(刃渡り約13.0cm)

材質:(刃体)ステンレス刃物鋼、(持ち手)組紐柄巻き

(鞘)樹脂、越前本漆仕上げ、(横掛け台)樹脂


同田貫正国のご紹介

日本刀・同田貫正国は、九州肥後国菊池の同田貫(地名)を本拠地に、永禄頃から活躍した肥後刀工により作刀され、その刀工は豊臣秀吉の家臣で知られる加藤清正のお抱え人物であったと言われています。

同田貫刀工のお墓(玉名市内)

「兜(かぶと)割り正国」に代表されるように、剛健にして折れず曲がらず、外見よりも実用本位に鍛えられた刀とも伝えられております。

漫画「子連れ狼」の主人公・拝一刀(おがみいっとう)が挿した刀としても知られています。

      同田貫正国刀身(玉名市立歴史博物館こころピア所蔵)       


”関の刃物”と観光名所のご紹介

今から約800年前の鎌倉時代に、九州の刀匠・元重が関へ移り住み、日本刀を作ったのが関の刃物の始まりと言われています。
岐阜県関市は、松炭や焼刃土、長良川や津保川を流れる水といった良質な資源に恵まれた環境であったため、多くの刀匠たちが集まり、刀鍛冶が盛んになりました。
また、関の刃物は芸術性が高く、「折れず、曲がらず、よく切れる」といった優れた実用性を誇る名刀(関伝)の名を全国に広めていきました。

その後、関市は名刀の産地として繁栄し、この秀でた伝統技術が現在の刃物産業にしっかりと受け継がれ、現在、日本では刃物出荷量No.1の地域となり、世界でも屈指の刃物産地として知られております。

刀匠名 兼久(吉田研)

観光施設としては、鎌倉時代から受け継がれる関鍛冶の技を今に伝える「関鍛冶伝承館」があり、関を代表する兼元・兼定をはじめとする日本刀がずらりと陳列されております。

関鍛冶伝承館外観

関鍛冶伝承館内展示

関市には、刃物関連施設の他にツイッターで大きな話題となった”モネの池”(別名:名もなき池)があり、今でも多くの観光客が訪れております。

モネの池

玉名市と”玉名市立歴史博物館こころピア”のご紹介

熊本県玉名市は、泉質に秀でた玉名温泉があり、有明海を臨むミカン園の丘にある小天温泉は、夏目漱石の小説「草枕」の舞台としても知られています。

日本一の生産量を誇るミニトマトや日本遺産に登録された菊池川流域産のお米がとれる自然豊かな土地も魅力の一つです。

また、2019年大河ドラマ主人公モデルの一人「日本マラソンの父・金栗四三」の故郷で、金栗四三の大きな功績を多くの人に知ってもらうため、街は観光地の整備や特産品の開発を行っております。

その玉名市にある玉名市立歴史博物館こころピアは、「河とともに発展した玉名」をテーマとした常設展示や企画展示、体験学習などを行っております。常設展示では日本刀・同田貫正国の他、”海外交易の時代”(唐船の模型や大砲のレプリカ)や”廻船と高瀬御蔵の時代”(江戸時代の港や御蔵の模型)等があります。

同館は、今回の新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、3月3日~3月26日及び4月1日~5月12日までの期間を臨時休館とし、入館者は 3月~5月の3カ月間合計で前年比94%減となりました。その間に開催予定であった企画展や行事も中止となり、大きな打撃を受けております。

玉名市歴史博物館こころピア

こころピア館内展示品

プロジェクトを立ち上げた背景

当社は、観光地向けに日本刀はさみや日本刀ペーパーナイフを多数展開しておりましたが、今回の新型コロナの影響で、これら観光地向け商品の売上が激減する事となりました。

そこで、外国人観光客にも左右されない国内インターネットサイトでの販売ができないかと考えていたところに、当社ペーパーナイフをご愛用頂いている神奈川県横須賀市在住の男性から、「子連れ狼に出てくる同田貫正国モデルのペーパーナイフを作って欲しい」という熱い思いを聞かせて頂き、そこから検討する事になりました。

調べていく内に、熊本県の玉名市立歴史博物館こころピア様に日本刀・同田貫正国が所蔵してあると知り、また、当社と同様に新型コロナの影響で、約2か月に渡る臨時休館を余儀なくされている実態を確認したため、同館とクラウドファンディング限定商品でコラボレーションしたいという想いが強く湧いてきました。

その想いを同館館長様に説明させて頂いたところ、快くご賛同頂いたため、このように実行するに至りました。

   (左)玉名市立歴史博物館こころピア・竹田館長、(右)ニッケン刃物・熊田


<これまでの活動>

ニッケン刃物は、これまでにキッチンハサミや事務用ハサミ、工具ハサミと言った一般的なハサミを製造する一方で、近年は日本刀型のハサミや、観葉植物モチーフのハサミなど、デザイン性のある商品を産み出しております。また、人気アニメONE PIECEやエヴァンゲリオンとコラボした刃物商品も展開し、多くのアニメファンからも高い評価を頂いております。

70年に渡る製造技術で、お客様からの要望に基づいたOEM生産やお客様に感動頂けるようなデザイン性豊かな自社ブランド品の開発に日々チャレンジしております。

 cocone日本刀はさみ織田信長(宗三左文字)モデル

御守刀はさみ明智光秀モデル

ワンピースペーパーナイフ

A.T.FIELDクラフトハサミ

< 関刃物祭りへの参加 >

刃物のまち・岐阜県関市を代表するイベント「刃物まつり」は、毎年10月の第2土曜・日曜の2日間開催され、日本各地から大勢の観光客で賑わいます。

※2020年は新型コロナの感染拡大防止のため開催中止、2019年は大型の台風19号により中止

本町通り商店街で行われる「刃物大廉売市」では、約50の刃物会社がテントを並べ、包丁やはさみ、ポケットナイフなど豊富な刃物製品をお値打ちな価格で販売しております。

ニッケン刃物も日本刀モチーフ商品発売以降、継続的に出展をしており、営業メンバーだけでなく、製造メンバーも加わり、お客様と直接触れる機会で全社一丸となって商品を販売させて頂いております。

近年は自然災害や感染症のため、2年連続で開催中止となっておりますが、2021年10月は3年分の無念を晴らすべく、元気ハツラツで出店したいと思っております。


 刃物祭りの様子

【ご参考:会社紹介動画】


資金の使い道・実施スケジュール

主に新型コロナで段階的に休業をしている職人の雇用を守るため、及びリターン品の制作費用に充てます。また、調達資金の10%は玉名市立歴史博物館こころピア様の運営資金(維持経費)等に充てて頂きます。尚、リターン品の発送は、12月中に予定しております。


リターンのご紹介

※いずれも工場直送で、同田貫正国モデル商品はCAMPFIRE限定販売です。

(1)2,200円コースその① 熊本応援爪切りくまモンモデル①全身

 

(2)2,200円コースその② 熊本応援爪切りくまモンモデル②顔

・ブラック爪切りにくまモンを印刷した爪切り。全長7㎝

・岐阜県関市の刃物職人が1本1本丁寧に刃付け


(3)2,300円コース 御守刀はさみ同田貫正国モデル[CAMPFIRE 限定] 

・同田貫正国をモチーフとした携帯用日本刀型はさみ。全長10.5㎝

・刃体の反りや刃紋を再現 ・岐阜県関市の刃物職人が1本1本丹念に刃付け ・ペンケースや化粧ポーチに入り、持ち運びに便利 ・服糸のほつれや値札タグ切り、菓子袋切り等で活躍


(4)3,400円コース 【早割】名刀ペーパーナイフ同田貫正国モデル(掛け台付き)

   [CAMPFIRE 限定]

(5)3,700円コース 名刀ペーパーナイフ同田貫正国モデル(掛け台付き)[CAMPFIRE 限定]

・本プロジェクトの目玉品。使ったり飾ったりして楽しめること間違いなし!


(6)5,500円コース 名刀・同田貫正国セット[CAMPFIRE 限定]

・名刀ペーパーナイフ同田貫正国モデル(掛け台付き)と御守刀はさみ同田貫正国モデルのセット 


(7)12,000円コース 名刀ペーパーナイフ同田貫正国プレミアムモデル

  【限定200個/CAMPFIRE限定】 

・同田貫正国をモチーフとしたペーパーナイフの豪華版。全長21.0㎝
・持ち手は柄巻き職人による本格的な柄巻き(鮫皮含む) ・鞘は福井県鯖江市の漆塗り職人による本漆手塗り(越前塗り) ・刃体は岐阜県関市の刃物職人が1本1本丹念に刃付け ・桐箱入りで大切な人へのプレゼントにも最適


~応援コメント~

【熊本県玉名市/藏原隆浩市長】

玉名が誇る名刀「同田貫」。この同田貫正国ペーパーナイフプロジェクトが、ニッケン刃物株式会社様と玉名市立歴史博物館こころピアの共同事業として開始されることは、大変ありがたく、喜ばしいことです。

平成28年熊本地震からの復興を進めているなか、新型コロナウィルスの感染拡大、そして令和2年7月豪雨と、熊本は三重苦ともいえる大変な災難に見舞われております。玉名におきましても幸い人命に関わる被害こそ出ておりませんが、被害現場の対策・対応や経済活性化のための財政出動など、限られた財源のなかで厳しい市政運営を強いられております。

このようなかたちで復活した剛刀「同田貫正国」が災難をなぎ払い、ウィズコロナ社会での経済回復に向けてのきっかけとなるよう期待をこめて応援しています。


【玉名市歴史博物館こころピア/竹田宏司館長】

このたびはニッケン刃物の熊田社長からありがたいお話をいただき、感謝しております。

当館所蔵の同田貫は、昨今の刀剣ブームに乗って多くの皆様に知っていただけるようになりました。

この機会にさらに多くの皆様の目に触れることができるのは、大変嬉しく思います。

このペーパーナイフには刃紋まで忠実に再現していただき、見事な技術に驚いております。これを手にした皆様には、コロナ禍が落ち着くのを見計らって、ぜひ当館に足をお運びいただき、実物と見比べてほしいと思います。


【Seki-biz(関市ビジネスサポートセンター)/松浦俊介チーフアドバイザー】

岐阜県関市には数多くの刃物メーカーがある中、ニッケン刃物株式会社はこれまでにないカテゴリーの商品を次々にヒットさせています。
経済産業省の中部経済産業局が2019年に発行した「採用力強化ガイドブック」でも、若者にモテる企業としてトップバッターで紹介されているほど。
そこには、地場産業の職人が培ってきた技術を受け継ぎながら、若手メンバーの声を踏まえ、次々に新しい挑戦をする社風があるからだと思います。
同社の商品は、トップモデルのカーラ・デルヴィーニュが大絶賛し、外国人にも人気がある一方で、今回のコロナの影響でインバウンド需要激減の事実を聞きました。
そのような中、今回のプロジェクトは自社の雇用を守ると共に、10%の寄付を通じて各地の歴史文化を保護する博物館を応援する取り組みです。
苦境下でありながら、歴史文化に心を配る、同社の気概あるプロジェクトが広がること、強く応援しております!


最後に

コロナウィルスの影響による外出自粛で、刃物出荷量が下がっている事や博物館の来館者が減っている事の打開策として、今回のプロジェクトを立ち上げました。

暗いニュースが多い中ではありますが、地方の企業と自治体がタッグを組んで、本プロジェクトの成功に導くことが、伝統産業を守る事や地域活性化に繋がるものと信じております。

これからは、皆さんにワクワクしてもらえるようなモノづくりに励み、刃物商品を通じて、各地の魅力を同時にお伝えできれば幸いです。

皆様からの温かいご支援を何卒宜しくお願い致します。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/10/16 17:30

    皆様からの温かいご支援が重なり、本日、NEXT GOALの800万円を到達致しました。本当にありがとうございます!また、ご支援時に添えて頂いているメッセージを全て確認させて頂き、本プロジェクトにとてもやりがいを感じております。こちらも大変感謝いたします。事前にお伝えしておりました同田貫正国クリ...

  • 2020/10/08 18:00

    この度は、「名刀ペーパーナイフ同田貫正国」にご支援頂き、本当にありがとうございます。プロジェクトも残すところ2週間(最終日10/23)となりました。お陰様で先日、熊本日日新聞と地元の中日新聞に本プロジェクト内容が掲載されましたので、共有させて頂きたいと思います。皆様からの温かいご支援が多く集ま...

  • 2020/09/10 14:57

    この度は、「名刀ペーパーナイフ同田貫正国」プロジェクトにご支援頂き、誠にありがとうございます。ニッケン刃物の熊田と申します。公開初日に目標を達成したことに社員一同、大変喜んでいるのと同時に驚いております!また、玉名市立歴史博物館こころピアの竹田館長様とも先ほど会話し、皆様のご期待に応えられるよ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください