はじめに・ご挨拶

ご覧くださりありがとうございます。舞台の企画制作をしております、ジェンヌプロジェクトの藤本と申します。本年7月にスクエア荏原ひらつかホールで「お芝居」を上演予定でしたが、新型コロナウイルスの影響を受け、敢えなく延期になりました。自粛が明け東京アラートも解除された今、安心・安全の対策をした上で舞台を愛する方たちへ何か出来ることはないか…と考え、「Go for it (やろうよ!)」プロジェクトを立ち上げました。今もなお厳しい状況下で働いてくださる医療関係者、すべてのエッセンシャルワーカーの方々への応援も込めて、賛同してくれたアーティスト、スタッフで1日だけの楽しいステージをお届けしようと準備を始めました。しかしながら、客席のソーシャルディスタンスを保つため集客が半分以下になることで、(360席の客席を100席使用で開催予定です。)チケット収入のみでは製作費が不足していることから、この度クラウドファンディングを立ち上げました。

エンタテイメントを愛するみなさま、どうぞお力添えをお願いいたします。



このプロジェクトで実現したいこと

表現の場を失ったアーティストの方々、舞台スタッフの方々、そして、何よりいつもエンタテイメントを支えてくださるお客様と、時間を愛と夢を共有し、明日へ未来へ向かう勇気を分かち合いたい。そして、当日のステージの様子を撮影、動画配信して、当日来場できない方々にも、元気な姿を見てもらいたい。

 

プロジェクトをやろうと思った理由

新型コロナウイルスの影響が直撃だったエンタテイメントの世界。徐々に上演が開始されていますが、以前のような現場はまだ戻ってきません。

表現の場が未だにないアーティストの方々、舞台スタッフの方々と、もう一度前を向き元気とやる気を取り戻すために安全・安心に実現できる場所(舞台)を作り、お客様にもお届けしたい。


これまでの活動

2014年より、喜劇(時代劇)と和ものレビューショーをプロデュース以降、品川区を中心に舞台・イベントの企画制作に携わる。

2018年 品川区民芸術祭Dream Stage「輝け!しながわジェンヌ」

2019年 品川アーティスト展2019 制作

      えばら観光フェア 企画運営

2020年 「輝け!しながわジェンヌ2020」

など。

資金の使い道

ホール代、設備代など、舞台を作るために必要とされる経費に使用させていただきます。


リターンについて

1.出演者からの感謝のポストカード

2.動画のエンドロールにお名前掲載

3.「Go for it 」オリジナルグッズ(キーホルダー)

4.「Go for it 」スペシャルオリジナルグッズ(バンダナ)

※支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。

実施スケジュール

日時:2020年7月18日(土)14時/17時半

場所:品川区スクエア荏原・ひらつかホール

来場者:連絡先が把握できる方
<出演者>※使用してる画像については許可を得て使用しております。

尾上五月(元宝塚歌劇団・五月梨世)/日本舞踊

はやせ翔馬(元宝塚歌劇団)/ダンス

MALiA/フラダンス

杵屋栄桜/三味線

新田惠/声楽

ミュージカルグループMono-Mujica

ダンスグループ/S.H.B W.U.P だるま落とし Lil midget


<スタッフ>

企画・構成:藤本佳子/須川眞奈美

舞台監督:新井和幸

照明:齋藤守之

音響:岡安智章

撮影:オフィスメネフネ

制作:Go for it 実行委員会・ジェンヌプロジェクト

      


最後に

数ヶ月前まで当たり前だった日常が、新型コロナウィルスで180度変わってしまいました。感染者がゼロにならない現在、エンターテイメントの世界が元に戻ることは遠い未来のように感じています。

今はWith コロナの時代。安全安心の場所を提供し、出演者、スタッフ、そしてお客様にも心配ない状況で、ステージを開催することで、未来に夢と希望の持てる愛のある場を作りたいと願っています。ぜひご協力をいただけますと幸いです。何卒、よろしくお願い申し上げます。 

ジェンヌプロジェクト 藤本佳子/「Go for it 」実行委員会(藤本佳子・須川眞奈美)

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください