2020年度全国総体がコロナウイルス拡⼤防⽌のため中⽌となり⾼校3年⽣は1つの⽬標を失うこととなりました。有志による⼤会開催・運営が可能かどうかを模索した結果、2019年度新⼈⼤会のベスト8チームを基準としすべてのチームの賛同が得られ、⼤会実施が可能となりました。

プロジェクト本文

●ご挨拶

皆様、はじめまして。ページのご観覧ありがとうございます。

このプロジェクトを企画した経緯についてお話しいたします。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため2020年度全国総体並びに、全国総体愛知県予選が中止になったことを受け、高校3年生の目標が1つ失われることになってしまいました。

その事実を憂慮し、有志による⼤会開催とその運営が可能かどうかを模索した結果、直近の⼤会である2019年度新⼈⼤会のベスト8チームを基準とし、そのすべてのチームの賛同が得られ、⼤会実施が可能となりました。

そこで「2020年を超えろ この困難を乗り越えたとき、この世代は一つになる。」という概念を掲げ「CapaAICHI愛知杯」を開催することを決意しました。


●開催⽇程

2020年7⽉11⽇(⼟)、12⽇(⽇)


●会場

豊⽥市陸上競技場、豊⽥市陸上球技場(予定)


●参加チーム(2019年度愛知県新⼈⼤会ベスト8)

名経⼤⾼蔵・岡崎城⻄・東海学園・名古屋・中京⼤中京・愛⼯⼤名電・熱⽥・中部⼤第⼀


●⼤会⽅式

7⽉11⽇(⼟)の試合はすべて、30分×4本。

必ず全員30分以上出場し再出場は認めないものとする。

総合計点で勝敗を決する。同点の場合は最後の出場者によるPK合戦により次戦進出チームを決定する。 


7⽉12⽇(⽇)の試合はすべて、30分×3本。

必ず全員が15分以上出場し再出場は認めない。

総合計点で勝敗を決する。同点の場合は最後の出場者によるPK合戦により次戦進出チームを決定する。


※審判は愛知県より派遣(ユース審判含む)
※実施半分程度の時間帯に必ず飲⽔タイムもしくはクーリングブレイクを設ける。(主審と⼤会本部が決定する)
※ 競技規則は⽇本サッカー協会の「サッカー競技規則」によるものとする。
※ 雷⾬の際は、試合半分が成⽴していればその時点での結果を優先する。成⽴していなければ、予備⽇は設定不可能のため、主審によるコイントスにて次戦進出チームを決定する。
※ 出場可能な選⼿を全員登録し、登録⽤紙を準備し(リーグ戦⽤、⼊らなければ⾃由に作成)相⼿チーム、本部に試合開始30分前までに提出すること。選⼿証は今⼤会に限り必要なしとする。


●資金の使い道

大会を開催・運営するための下記項目に使用させていただきます。

①会場費及び大会運営費

②備品代(運営スタッフのお弁当・熱中症対策など)

③人件費(審判・メディカルスタッフ・事前準備費用など)

④目標金額を超えた余剰金に関しては他競技や他県での代替インターハイ企画へ全額寄付いたします。


●リターンのご紹介

1,000円

・選手達からのメッセージ入りポストカード

3,000円(1)

・記念タオル(白)
・動画エンドロール(個人)

3,000円(2)

・記念タオル(黒)
・動画エンドロール(個人)

30,000円

・記念Tシャツ(4枚)
・企業名バックプリント
・記念キャップセット(白+黒)

50,000円

・記念サッカーボール
・会場バナー
・動画エンドロール(企業名)


●主催

岡崎城⻄⾼等学校サッカー部 名古屋⾼等学校サッカー部


●運営会社

レッドポンド(株)猿田公彦(企画、スポンサー関係)


●実⾏委員⻑

⾦重卓広(岡崎城⻄⾼等学校)


●実⾏副委員⻑

⼭⽥武久(名古屋⾼等学校)


●協力会社

(株)トランソニックソフトウェア

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください