この度は私のクラウドファンディングをご覧頂きありがとうございます。

はじめまして、代表の志村智久と申します。志村って誰?がほとんどですので、はじめに自己紹介をさせてください。

私は幼少期からサッカー一筋の人生を歩んできました。

サッカーで人格形成され、サッカーに育てられてきました。

簡単では御座いますがどんな人生を歩んできたかをまとめてみました。


小、江南南サッカー少年団 全国制覇

全国少年サッカー大会でチーム初の全国制覇を成し遂げる。

兄の影響でサッカーを始め、サッカーの楽しさを教えてもらったチームであり競争すること、勝つ喜びを知ることができた。

チームメイトには現日本代表、原口元気がおり彼は私がサッカーや人生においてチャレンジし続ける原動力の一つでもある。


中、クマガヤSC 全国制覇


ナイキプレミアムカップでチーム初の全国制覇。世界大会出場を成し遂げる。

世界レベルを知ることで全国制覇に満足することなく成長し続けてこれた。

Jユースなどの環境には勝てないが、ここで貪欲さやハングリー精神を身につけてきた。


高、前橋育英 全国制覇


全国高校総体サッカー選手権大会で初の全国制覇。

古豪と言われる前橋育英ではあったが日本一にはなかなかなれていなかった中での初優勝。

サッカー人生の中で一番練習がしんどかったのは高校であった。

そんな練習に耐えてこれたからこその結果であり苦しい中でこそ成長できると感じれた3年間であった。


大学、関西大学 全国制覇


大学では、同級生のキーパーの中でのレギュラー争いが熾烈であった。

ガンバ大阪、FC東京、東福岡のファーストキーパーが集まっていたのだ。

その中で一回生ながらベンチ入りをし、インカレでの日本一になる。

初めてベンチでの日本一。出場していたのは同級生のキーパー。

嬉しいことに変わりないが悔しかった。

そこから3年間ずっとセカンドキーパーであった。

プロにはなれないと就活もしていた中で他のキーパーの怪我などもありやっとファーストキーパーになることができた。そこから卒業まではゴールを守り続けました。

辞めたいと苦しく思った時期もありましたが、続けてこれたのは負けたくないと思い続けてこれた同級生のキーパーがいたからです。

継続することを継続する。自分にできること、自分ならできる、もっと成長できると信じ疑わないことを大学では身につけることができた。


大学卒業後、イタリア、ドイツへサッカー留学をしておりました。

私は身長178cmとGKとしてはかなり小柄でありドイツでは身長が足りないという理由で練習参加もできなかった、、、

そこでプロとしてトップでやることは難しいと痛感し、引退を決意しました。

ただ海外にチャレンジすることで世界のレベルの高さを知りそのために必死に出来ることをやってきたので、不思議とサッカーでプロになることに関しては未練はなかった。


やりたいことも見つからず、何もわからない状態でサラリーマンに、、、

引退後、リクルート広告代理店でサラリーマンをしておりました。

今までサッカーしかしてこなかったため、メールの打ち方やビジネスマナーなど何もわからない状態からのスタートでした。

サラリーマンになってからは、サッカーでプロとして活躍出来なかった悔しい思いと、小学生時仲間だった現在プロとして活躍しているやつにステージは違えど負けたくないという思いで働いていました。

働き方も毎日終電、そのまま朝を迎えることもありました、、、これがサラリーマンかと思い必死に食らいついていきました。

そんな中でも、今まで知らなかったことを知れる楽しさを知り、サービスを売り感謝される喜びを知り、ビジネスの場でもプロがいることを実感し、職場の先輩、マネージャーの方には本当に多くのことを学ばせて頂きました。

出来ることを継続してやることでリクルート関西のトップ営業で表彰を受けることができました。


小中高大全国制覇、営業トップで表彰されたにも関わらず、モヤモヤがとれず納得しない自分がいました。


営業成績も残していた。

営業の楽しさ、ビジネスの楽しさも知った。

なにもわからないまま社会人になっていた中、成長していると実感もしていた。


だけど自身の中では、なにか引っかかるものがあった。

サッカーにある「スリル感」や「ワクワク感」を感じれていなかった。

サッカーに未練は無かったがどうしてもサッカーと比べてしまう自分がいた、、、

小学生の時のチームメイトの原口元気はワールドカップにも出場しているところを見て、応援

していたがそれ以上に悔しさの気持ちの方が大きかった。

人々に与える感動や影響力の大きさに敵わないのかなと諦めそうになることもあった。


そんな中、お客様でもあり可愛がってくれていた社長に悩みを聞いていただける機会がありました。

僕はお客様にも関わらず一人の人として包み隠さずすべてを話しました。

そしたら社長から「起業したらマンパワーじゃなくなるから影響力も増えるよ。起業したら?」と言われました。

今まで起業するということはそんな考えていませんでした。

個人としてのスキルを伸ばし続け営業としてプロになることばかりを考えていました。

今まで影響力はマンパワーであり個人がどこまで与えられるかだと思っていたからです。

しかし、社長の言葉で起業し、従業員が増えることで自分の想いを広げることは可能だと気付かされました。

一人のスキルも大事だが組織を作ることで影響力や感動を与えられる幅は広がると痛感しました。

それはサッカーも一緒でポジションやスキルは違うが「勝つ」という事に対してみんなが一つになるからこそパワーを発揮し感動が生まれる事に改めて気付かされました。

その時から起業することを決意し、行動してきました。

そうするとワクワクが止まらず、知らないうちにモヤモヤも晴れていた。


関大時代の片山純平からFC淡路島の立ち上げの誘いを受ける。サラリーマンから起業家を目指す決意


ちょうど同期から電話がかかってきた。純平も海外でプロを経験しセカンドキャリアで苦しんだことで、セカンドキャリアを支援することをしたい。起業支援やキャリア支援を事業でやっている社長(現FC淡路島オーナー兼選手)が知り合いなのであってほしい。そんな感じでリッツカールトンではじめて会うことなりました。

部屋に入るとキャリア支援を受けている生徒さんがズラリ。

雰囲気に飲まれそうな中オーナーを紹介され、とりあえずモノポリーしようかと訳のわからないままモノポリーをすることになる。


リッツカールトンでモノポリーをしながら、オーナーとサラリーマンとは何か、起業はどうなのか、資本主義はどうなのか?今後の働き方や、時代の流れなどを話してくれた。

またモノポリーにはビジネスの思考がモロにでるらしく僕と純平はサラリーマンながらに経営とは?を考えながらもがき進めていた。


モノポリーは惨敗。

キャリア支援を受けている生徒さんたちは経営思考がしっかりしており何もできずに負けてしまった。

このモノポリーをなぜやっているのか?

モノポリーはゲームの中で経営をすすめることができリアルに近いゲームだからだそうだ。

モノポリーで先に失敗をしておけばリアルになった時も対処しやすかったりそもそも失敗をしないように経営を進めていくためにやっている。

ゲームも終わり、FC淡路島立ち上げの想いやビジョンを聞きおもしろいと感じた。

また、Jリーグ参入以外にサッカー選手のキャリア支援を行っていき、サッカー選手でありながら起業するビジョンもあったのでこれはチャンスだと感じ、FC淡路島の立ち上げに参加することになりました。FC淡路島がどうなのかは長くなりますので、こちらのサイトをみてください。

リンク:https://official.fc-awj.com/


FC淡路島のキャリア支援を受けいろいろ学んだ結果、美容で起業することを決意


いろいろFC淡路島から学んだのですが、自分がなにをやりたいのか?というのをまず明確にします。


「美容の力で人生を豊かに」

「サッカー選手でありながら起業をする」


この想いを強く抱き、起業することを決意しました。


なぜ美容(ホワイトニング)なのか

歯の白さが与える第一印象への影響が大きい

笑顔が綺麗になる

顔が明るくなる


私は大学を卒業し、イタリア、ドイツへサッカー留学にチャレンジしていましたが、24歳で引退を決意し広告代理店で営業をしていました。その際に第一印象の大事さに気づきました。

身だしなみの部分で髪をセットしている、体を鍛えている、爪を整えている、肌が綺麗、歯が白いなど目につくところは沢山ありましたがその中でも体を鍛えていることと歯の白さが目に付きました。


私は引退後も趣味で筋トレをしていました。

筋トレをすることで気分転換にもなるし、筋肉がつくことで自分に自身を持つことも出来るのが筋トレのいいところだと思っている。

誰もがコンプレックスやもっとこうなりたいという理想を持っている。

また、第三者の影響で考え方が変わる方がいる。今まで必要ないと思っていても勧められてやってみたらそれが欠かせないものになっていく人です。

私は筋トレが趣味でもあったで友人などに勧めることがあったが、最初は乗り気でなかった人も何故筋トレがいいのかなどを伝えていき身体に変化が出始めると良さに気付いてくれる人ばかりであった。

中には僕よりも筋トレマニアになっている人もいる。笑

歯の白さも一緒で歯白くなるだけで印象はガラリと変わる。


歯の白さが与える第一印象への影響が大きい

笑顔が綺麗になる

顔が明るくなる


歯が白いだけで印象も明るくなり、笑顔にも自身が持てると感じている。

初めは私自身が美容に気をつけており、友人に勧めるなどをしていました。

歯が白くなって明るくなったと言われた、身体鍛えたら恋人ができた、自分に自身を持つことができた。などの声を頂くととても嬉しかった。

やらなくても生きていけることではあるが、やることで人生をより豊かにできるものだと考えています。

私はみなさんの人生をより豊かにするプラス1を提供し、幸せになって貰いたいと想ったため美容(ホワイトニング)で起業することを決意しました。


オーナーから表参道で活躍しているホワイトニングを経営している社長をつないで頂き、ファーストステップとしてホワイトニングのプロジェクトをすることを決意

美容で起業すると決めてから、オーナーの教え子でもあり、東京の表参道などでホワイトニング業界に革命を起こしている方から関西方面にも展開していきたいとお話があった。

今までのセルフホワイトニングは安く痛くないがそこまで白くならない、医療ホワイトニングは白くなるが高くて痛みが出ることが多いというメリット、デメリットがある。今回東京でお話を頂いたセルフホワイトニングは新薬剤を使っており、医療よりも安く、痛みも無く、白くなるという今までのホワイトニングのメリットを取ったようなものである。これを聞いた時にやりますと即答でした。まだ東京でしか無いものなので関西でも必ず流行ると感じやることを決意しました。


なぜこのコロナの逆風なタイミングにホワイトニングで起業?

100人中100人が疑問に感じると思いますので、まずここからお話をさせてください。

新型コロナによって、多くの会社、飲食店、美容業界、イベント業界などが廃業の危機に陥りました。日本政策金融公庫がこれまでにない融資の申し込みで、通常の○○倍だそうです。

じゃあなぜやるの?となりますよね。

私からするとだからこそやるべきと考えました。

サッカー選手でありながら起業するという目標を掲げているにも関わらずやらないのはどうなんだろう?コロナのせいで起業を断念した方や、延期している方が多くいると思います。

コロナのせいでできない、コロナのせいで、、、とすべてコロナを言い訳にできてしまいます。

タイミングは大事ですが、コロナを言い訳にしたくない、この逆風の中でもチャレンジする姿勢は変えたくない。

私自身が成長してきたときは逆境や辛い状態の時に著しく成長できたと感じているからこそ、あえて難しいタイミングでチャレンジすることを選びました。

この姿勢がサッカー選手のセカンドキャリアや起業を断念、延期している方への先駆けとなればいいと感じていますし、必ず成功させないといけないと感じています。


今じゃなきゃできないこと、伝えれないことがあると感じたため、このタイミングでの起業を選びました。


世間では誰でも融資が通るイメージではありますが現実は違います。電話をすると一発で分かりますが、まずつながりません。

実際融資が通る人は、コロナ前に利益が上がっていている人のみで、コロナ前に赤字の人は通りません。ただこれを逆にチャンスと捉えて、コロナが原因じゃなくても融資を通そうとする方もたくさんいます。当然、公庫の人もそういう方を相手にしないといけません。対応が100年に一度の忙しさにより思っている以上融資が通り入金されるまでは時間がかかります。


廃業寸前の方ももちろん危機ですが、もう一つの危機的なタイプがいることをご存知ですか?そう僕みたいな会社を辞めてこれから起業しようとしていたタイプです(笑)

事実僕は2月に起業しようとしていました。融資の準備をし、FC淡路島は起業支援制度があるのでそこで事業計画を書き、資金調達もできる寸前でしたが、現在の新規融資は以前より厳しいので通るどころか相手にされません。当然、廃業寸前の融資が優先されるのでそれは仕方がないことだと思います。それにこのタイミングで事業がうまくいくかというのは誰がどう見てもマイナスに捉えるのでチャレンジしない選択肢をとるほうが普通です。


チャレンジしない選択肢をとっていましたがモヤモヤし、何かできることはないか?と考え今回のクラファンすることに挑戦しました。これが成功すると多くのアスリートに希望を与えることができます。


ホワイトニングで起業するには300万円の軍資金が必要です。内訳はこれです。

■資金の使い道

・照射機材2台 200万

・店舗改装費 壁、床、水回り 100万

・雑貨 50万

・物件初期費用、家賃、光熱費 20万、12万×12ヶ月 126万、50万 計196万


ホワイトニングの資金調達に協力された方には、やりすぎぐらいのお返しを全力でさせて頂きます。


・ホワイトフラッシュ(歯磨き粉)

・スタンダードプラン(新薬剤プラン)

・ダイヤモンドコース(新薬剤プラン)

・プレミアムコース(新薬剤プラン)

・FC淡路島ユニホーム(背番号77)


クラファン限定

ホワイトニング無制限通い放題プラン(新薬剤プラン)

30万 1人 10人

50万 夫婦、カップル(2人) 10人

60万 3人 10人

100万 5人 10人

条件 廃業するまで通い放題

   登録制になりますので最初にサービスを受ける方を登録させて頂きます。途中での人物変更不可。


店舗所在地

兵庫県洲本市本町7丁目3-43オリオンビル2F


ホワイトニング出張サービス

淡路島に店舗を出すため島外から来れる方が限られてしまう。

島外の方へのサービス提供をするために島外限定の出張サービスを提供させて頂きます。

まずは関西圏でのサービス提供になります。

今までに無いサービス提供ではありますが、衛生面の徹底をし一人でも多くの方に人生を豊かにしていただきたいと想っています。


ホワイトニング効果も絶大


店内は高級感溢れるラウンジをイメージしています



痛みもなく白くなる新薬剤を使用



先程も軽くお伝えしましたが、ホワイトニングプロジェクトはファーストステップにすぎません。私がやりたい構想は最後にお話させてください。

私がやりたいことは、トータルビューティーです。ホワイトニングがゴールではありません。

社会人になって気になった身だしなみの部分で髪をセットしている、体を鍛えている、爪を整えている、肌が綺麗、歯が白いなど目につくところは沢山ありました。

この中のどれか一つしか気にしない人は少ないのかなと感じます。

例えば女性は美容院に行くし、ネイルやエステなどにも行くなど美容のサービスを一つしか受けてない人は少ないと思います。

一つが良くなれば他のところも良くしたいと欲が出てきます。

なので私が目指すものはトータルビューティーです。

今はそれぞれのサービスを別々に探して良さそうなとこに行く。それを一箇所でできれば時間の有効活用にもなるし、お客様の趣向をしっかりと共有していればストレス無くサービスを受けれると思います。

また1社で完結するので、料金なども普段よりも安く提供できるのではないかと感じています。



「しなきゃいけない」、「しなくてもいい」を「したいに変える」


今回、プロジェクトを実施するにあたっての思いをここに書きたいと思います。

世の中にはしたくなくてもしなきゃいけない事やしなくても生きていける事が沢山あります。

正直ホワイトニングはしなくても生きていけます。

ただ、しなきゃいけない事やしなくてもいい事をしたい事に変えることで人生は楽しくなり豊かになると感じています。

限られた人生をどう生きるか、限られた年齢をどう生きるか悪く生きたいと思う人は少ないと思います。

理想と現実のギャップに悩む人、もっと良くなりたい人、自信がない人など、そんな人たちの人生を豊かにする「したい」を提供したいと感じています。


また、私はサッカーでは結果を残してきました。

日本一請負人とも言われ各カテゴリーで全国制覇も成し遂げてきました。

しかしまだ成し遂げていないものがあります。

それは起業家として日本一になっていない。

サッカーとステージは違えどプロになることは変わりないと感じています。

多くの人に感動を与え、人生を豊かにできる「したい」を提供し続けます。

そしてプロサッカー選手のセカンドキャリアの新しい選択肢の一つになるよう「起業家としても日本一」になります。

これはサッカーや今まで出会った人たちへの恩返しでもあると感じています。

私はサッカーで育てられ、サッカーで人間形成され、出会った方々のおかげで成長してきました。

社会人として0からスタートした時から思い続けていることですが、サッカーをやってきた奴はビジネスでも活躍できる。という姿を見せたい。

皆様への感謝を忘れずにこのプロジェクトを必ず成功させます。


つたない文章ですが最後まで読んで頂きありがとうございます。

どうかプロジェクトを成功させるためにご支援の程、宜しくお願い致します。


PS 最後に一つだけ言い忘れていました。社会人 FC淡路島でも僕は全国制覇をしました。

  今度は起業家として全国制覇をしますのでぜひご支援ください!




※募集方式についての説明も載せるとわかりやすいです。

<All-or-Nothing方式の場合>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください