新型コロナウイルスの影響でお招きいただける宴席の数が激減してしまった水戸芸能士協会の舞方(まいかた)。伝統芸能を守り・繋いでいくために、水戸のお座敷文化を知っていただき、My舞チケットを購入して舞方応援いただくプロジェクトです。

プロジェクト本文

“水戸城下入口に洗濯屋が許可された後に、吉原に芸妓が現れた。芸妓は全国各地に広まりやがて水戸の下市にも現れた。”

1673年(延宝元年)、第二代藩主徳川光圀の計らいで、藤柄町と枝川渡船場に、水戸藩の公娼である洗濯屋が初めて許可された。(『芸妓の今昔 水戸と太田の芸妓たち』 (額賀せつ子) より抜粋)

このように、水戸のお座敷文化は350年来の伝統を持ち、現在は8人の“舞方(まいかた)”に受け継がれています。

水戸の舞方さん。黒の着物は婚礼の祝いの席に着用されます。

御座敷文化が危機に瀕しています

今年の2月頃から始まったコロナの影響で、お座敷に招いていただける予約やイベントへの出演が軒並みキャンセルとなり、普段からお稽古をして磨いてきた芸を披露する場がなくなり、開店休業の状態が続き、この先も予約がまったく入っていない状態です。

舞を踊る・三味線を鳴らす・太鼓を叩いて、お客様におもてなしをする。
こういったことは全て日ごろの準備があってのものですが、イベントも全てキャンセルとなり、またお招きいただくお座敷がなくなり、集まっての稽古もしばらくは自粛せざるを得ず、いつコロナの影響が開けるのか、伝統芸能を支える基盤がグラついていくことにどのように手を打っていいのかもわからず途方にくれる日々です。

しかし、下ばかり向いてはいられません。
撮影も兼ねて先日行った稽古では、久しぶりに合う元気なみんなの姿に安堵するとともに、舞方としていつの日にか再び人前で披露したい!このままでは終われない!という気持ちをあらたにしました。

こんなときだからこそ水戸の御座敷文化をPR!

水戸に花柳界があったことをどれだけの方が知っているでしょうか?
茨城県民のみなさんでもご存じない方が多くいらっしゃる現状に対して、ただ手をこまねいてステイホームしてはいられない!と、ピンチをチャンスに変えられるよう、私たちはクラウドファンディングに挑戦することを決意しました!!

水戸の高橋市長に表敬訪問を行ったときの様子。巨大なMy舞 チケットに市長もびっくり!

日本全国に、ひいては海外の方々に、水戸のお座敷文化の存在を知っていただけるようしっかりとPRを行っていきます。実際にお座敷にお招きいただく“My舞チケット”を通じたご支援に加え、“舞方さんとオンラインでちょっと一杯チケット”では、Zoomを通じて水戸の舞方と気軽に一席ご一緒できますのでリターンを通じたご支援をいただきましたら、空間を超えた楽しい時間をお約束いたします。

茨城で唯一、また太平洋側の最北端である水戸の御座敷文化を守り、育てていくために声を上げていきますので、短い期間ですが皆様からの温かなご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。

ご支援の方法

①My舞チケット(御座敷券)支援プラン・・3万円~7万円
 お礼の手紙と金額に応じた御座敷券が届きます。

 松 3万円コース 舞方2人 
 竹 5万円コース 舞方2人 ・ 三味線1人
 梅 7万円コース 舞方3人 ・ 三味線1人

 ※お座敷券のご利用は、大工町三業組合加盟店5店舗(山口楼・中川楼・鰻亭・ぬりや・魚政)に加えて、利用店舗を募っています。利用店舗に関しては水戸芸能士協会HPに掲載します。<料亭のご紹介> 


②舞方さんとオンラインでちょっと一杯チケット支援プラン・・5千円(30分)
 踊りの披露(一曲)と、乾杯をしてお話ししたり御座敷遊び※をしたり、楽しい時間を舞方さんと一緒に過ごせるチケットが届きます。
 ※例:野球拳・おひらきさん・トラトラトラ・お船を2人漕ぎましょう
  お座敷遊びの基本ルールは負けたら罰杯となります
 ※参加いただける人数は最大10人までとなります


③応援チケット【御座敷券なし】 ・・・1万円
 お礼の手紙と舞方衆の写真(プロマイド)・購入者様の御名前千社札が届きます。
 ※千社札に記載いただきたい名前を備考欄に記載してください。


④特産品で応援!プレミアムコース【御座敷券なし】 ・・10万円
 御礼の手紙と約2万円相当の特産品が届きます。
 Aコース:日本酒セット/ Bコース:梅酒セットをお選びいただいた後に、常陸牛&ローズポークセット(①~③のセット)をお選びいただけます。


▶水戸の舞方について
 伝統的な芸能を保持し、その優れた技能から高い評価を得てきた水戸の芸者衆も時代の変遷とともに芸を披露する御座敷の機会等が著しく減少し、併せて芸者の数も減少した事から深刻な後継者不足となっております。

 こうした事から、大工町三業組合では水戸芸能士協会を設立、その伝統芸能を絶やす事無く次世代に継承させようと新たに舞方を育成し、在御座敷や各種イベント等において活躍しております。ご宴会を取り持たせて頂いたり、お座敷遊びに興じて頂いたりと、お越し下さる皆様にお楽しみ頂けるひとときをご提供させて頂いております。(水戸芸能士協会HPより)

舞方後援会長のご挨拶

水戸のお座敷文化を守ろう
舞方支援クラウドファンディングへのご支援について

「ときわをどり」後援会会長 加藤高蔵
(水戸観光コンベンション協会会長)

水戸芸能士協会「ときわをどり後援会」の活動につきましては、日頃から皆様方に多大なご理解とご協力を賜り厚く御礼を申し上げます。

新型コロナウイルスの猛威はたった数カ月で私たちの日常を大きく変えてしまいました。
行きたいところに行けない、会いたい人に会えない、皆様方も長い自粛生活の中で大変辛い思いをされたでしょう。

緊急事態宣言が解除され、普通の日常が取り戻されつつありますが、しばらくは「新しい生活様式」を守っていかなければなりません。

舞方たちもこの自粛期間中、全く仕事が入らず大変厳しい生活を強いられていますが、その中でも皆様方との再会を励みに、舞・太鼓・三味線の稽古に精進を重ねております。しかし、接客を伴う仕事を業としており、依然として仕事がない状況が続いております。このような状況下、生活が困窮している舞方達に支援の手を差しのべたいという多くの 皆さんの想いが実を結び、クラウドファンディングのプロジェクトが立ち上がりました。

皆様方に何卒趣旨をご理解いただき、舞方たちが立派に成長し、日本の伝統芸能、お座敷文化を次の世代に継承していけるように、お力添えを宜しくお願いします。

結びに、このコロナウイルスが収束し、皆が楽しく笑顔になる日が早く訪れることを願い、ご支援のお願いの挨拶とさせて頂きます。

水戸黄門祭りでの一枚。真ん中が加藤後援会長です! 


水戸に来たらいがっぺよ~!

水戸駅には水戸のご老公・水戸黄門様と助さん・格さんがみなさんをお出迎え!
水戸の梅大使があでやかな振袖を着て皆さまをおもてなしさせていただく梅まつりも、偕楽園花火大会も中止になってしまいましたが、水戸には誇れる文化・観光スポットが沢山ありますので、落ち着いたらぜひ観光で訪れていただければ幸いです。

▷三業組合加盟店の紹介

 山口楼 |Yamaguchi-ro

 住  所 水戸市大工町1丁目5-20

 電  話 029-231-1231

 営業時間 11:00~00:00

 休  日 日曜・祝日

 ▶ホームページ 


 中川楼 |Nakagawa-ro

 住  所 水戸市泉町3-5-6

 電  話 029-231-3318

 営業時間 11:00~22:00

 休  日 不定休

 ▶ホームページ 



 鰻 亭 |Ban-tei

 住  所 水戸市泉町3-5-4

 電  話 029-221-4989

 営業時間 11:30~13:00 
      17:00~21:00  
 休  日 日曜・祝日
 ※鰻を炭火で焼くため、予約制となります。 
 ▶ホームページ 


 ぬりや |Nuriya

 住  所 水戸市泉町3-5-9

 電  話 029-231-4989

 営業時間 11:30~13:30
      17:00〜22:00 
 休  日 火曜

 ▶ホームページ 




 魚 政 |Uomasa

 住  所 水戸市大工町2-1-23

 電  話 029-221-3317

 営業時間 11:30~14:00 
      17:00~22:00
 休  日 不定休

 ▶ホームページ 



資金の使い道・実施スケジュール

皆様から頂いたご支援は、水戸の舞方文化の継承のため、日頃のお稽古(練習場の借り入れ・講師料等)やお披露目に必要な道具・備品、その他運営費に活用させていただきます。


最後に

お座敷文化を引き継ぎ10年目となる今、ここで絶やす事は出来ません。

皆様の御支援を頂き水戸の文化を継承していきたいと思っておりますので、よろしくお願い致します。


  • 2020/06/30 17:45

    プロジェクト開始から6日が経ちました。皆様の沢山の御協力のおかげで100万円に届くところまで来ました舞方一同心より感謝いたします。まだまだコロナが収束する様子もなく、予約が入ったと思っていたら、すぐにキャンセル今後も皆様の御支援宜しくお願い致します

  • 2020/06/27 17:18

    おかげさまでプロジェクト2日目で50万円達成しております。本当に有り難う御座います。今夜は水戸駅での日本酒barイベントに参加致します

  • 2020/06/25 14:41

    先日、今回のクラウドファンディングプロジェクトにあたり、市長へ表敬訪問させて頂きました

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください