はじめに・ご挨拶

初めまして、遠山と申します( 共同発起人:岩永 )。私たちは海外での映像制作の経験をもとに、映画やテレビの脚本家だけでなく誰でもスマホ・PCさえあればスラスラ書くことができ、さらにコラボレーション機能も搭載した脚本執筆ソフトウェアを開発・リリースしたいと考えています。また、将来のアップグレード時には出力フォーマットも揃え、そのまま台本や小説としてアウトプットできる機能を備えていく予定です。

このソフトウェアによってMac・Windowsどちらのユーザーでも関係なく簡単に脚本執筆ができるようになります。現在日本ではWordもしくはWindows専用ソフトウェアで脚本執筆が行われていますが、海外では脚本ソフトウェアやその他ウェブアプリが数多く充実しています。

私たちはガラパゴス化している日本の「不便」を解消し、日本の映像業界のレベルアップ、そしてポジティブな環境変化を後押ししていきたいと考えています。

現在の進行状況

一人で使えるのはもちろん、共同作業で脚本の執筆活動が楽しくなるようなデザインを目指しました。シンプルかつ分かりやすい構造になっており、誰でも簡単に脚本が書けるようになっています。

上部の画像が最新版のデザインです。


SWISH WRITERSで可能になること:①オートマチック機能でスラスラ書ける

初心者でもプロでも簡単にスラスラ脚本を書けるようになります。映画・ドラマ・劇のコアとなる脚本家・劇作家の方々が手作業でフォーマットをいちいち調整する必要が無くなるため、執筆の全エネルギーを創作部分に注ぐことが可能になります

さらに、脚本を書くたびに登場するキャラクターの名前などは全て記憶し、ワンクリックで人物名を入力することができるようになる、など数々のオートマチック機能を搭載します。


SWISH WRITERSで可能になること:②チームで脚本をシェア、編集、コメント

脚本家のみならず、共同脚本家、プロデューサー、監督などとリアルタイムでコラボすることができるようになります。ファイルをいちいち送受信することなく、シェアされたリンクをクリックするだけで執筆中の作品を閲覧、編集することが可能になります。


SWISH WRITERSで可能になること:③台本への製本変換(※ローンチ時はまだこの機能は搭載されていません)

脚本が完成した後の製本・印刷段階までもカバーする予定です。将来的にはワンクリックで脚本→製本フォーマットへの変換・印刷依頼が可能にできるようカスタマイズしていきます。


業界に必ず必要なソフトウェア

このようなソフトウェアは、一見すると「別に無くてもなんとかなる」と考える方が多いかもしれません。

我々は、ロサンゼルスのエンタメ業界に身を置いて仕事をしていた経験から、脚本執筆ソフトその他のサービスが充実していない日本の環境が非常にもったいないと考えていました。周りに相談するも、「本当に必要ならすでに日本にもあるはず」という返答。ならば自分たちでサービスを作ってしまおう、ということで今回のサービス、そしてクラウドファンディングを企画致しました。

ハリウッドはアマチュア、プロに関係なく、脚本ソフトウェアをはじめとして、プリプロ・ポスプロ全てのプロセスがオンライン上で一元管理・シェアすることが可能になっています。

日本においては現状Wordやエクセルで「何とかなってしまう」状況にありますが、制作専用のソフトウェアがあることで余計なプロセスやミスが大幅に減り、結果時間とお金をセーブすることができ、よりクリエイティブな仕事に集中できるようになると我々は考えています。映像制作は常に時間とお金に追われる仕事であるため、このようなソフトウェアが様々な点でアシストしてくれるはずです。

また、日本映画界の巨匠:黒澤明も共同脚本(例えば、七人の侍:黒澤明、小國秀雄、橋本忍など)によって数々の名作をこの世に生み出してきました。私たちは本サービスのリリースにより、共同執筆をよりスムーズに、ストレスフリーに進めることでより多くの素晴らしい作品が生まれる可能性を後押しして参ります。

映画・ドラマ・ゲーム等、どんな創作でも物語を語る上で1番重要なのは脚本という設計図です。今回はこの重要度の高い「脚本のソフトウェア化」の実現に向けて動いておりますが、これは「制作プロセスのIT・オートメーション化」の第一歩に過ぎません。今後はあらゆるプロセスのIT・オートメーション化を同様に進め、より多くの方がより自由に、より便利に使えるサービスの開発を行って参ります。


資金の使い道

このクラウドファンディング上で集まったお金はソフトウェアの開発費に充させていただきます。


実施スケジュール

7月にソフトウェアの開発に着手し、現在開発の真っ只中であります。10月にプロトタイプの完成を目指し、その後1ヶ月の間にテスト・ラン、フィードバックなどの期間を経て、11月の初旬に本格的にローンチをいたします。


リターンについて(プレミアム・プランがベーシック・プラン価格に!)

ローンチ時においてはサブスクリプション方式で当サービスを提供していく予定です。

最初の1ヶ月はより多くの方に体験していただくために、無料になります。それ以降の使用に関しては、ベーシック・プラン、スタンダード・プラン、プレミアムプランにわけ、それぞれ「執筆できるプロジェクト数」、「シェアできる人数」において違いが出てきます。

今回のクラウドファンディングでは、プロジェクト数とシェアできる人数が無制限になるプレミアムプランを最も安いスタンダードプランの価格で皆様に提供していきます。

購入してくださった皆様には、ローンチ前にクーポンコードを配布いたしますので、コードを記入していただければ自動的に割引が適用されます。

開発中の変更について

基本的には、上記の説明書きや動画通りの機能を搭載していきますが、デザインに関しては変更が出る可能性がございますのでご了承ください。また、開発に遅れが出て上記の実施スケジュールから遅れが出てしまう可能性もあります。


最後に

皆様最後まで読んでいただきありがとうございました。この脚本ソフトウェアを第一歩として、日本の映像制作業界を向上させて行きたいと思いますので、我々LeMerlinの応援のほど、よろしくお願いいたします。



<All-in方式を採用しています。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください