*ご挨拶*

このページにたどり着いていただいてありがとうございます。
WOMANドリームプランプレゼンテーション創始者代表のアンディこと中橋佐知子です。

大人が輝けば子供が輝く、子供が輝けば、未来が輝く、そのために家族という一番小さなコミュニティーの中で、子供と一番長く接するママや、ママ予備軍の女子が輝くこと!

をモットーに女性が夢の事業プラン(ドリームプラン)を発表できるプレゼンテーション大会を開催しています。このWOMANドリームプランプレゼンテーションを通して、多くの人からの共感を得て、不足している支援(お金・仲間・人脈・情報など)を集めることにより、夢を叶えるきっかけとなる場を提供しています。


夢の形は様々
☑ 独立起業
☑ 現在勤務中の会社での社内ベンチャー
☑ 既に起業している女性であれば事業拡大や新規事業など。

プレゼンター(発表者)はOL・主婦・自分探しをしている女性、やりたいことが見つからない女性、ビジョンが明確であっても支援を必要としている女性などで、何かきっかけさえあれば夢を実現させることができるような方です。

実行委員の主要メンバーは女性で運営し、男性は裏方でサポート。それがWOMANドリームプランプレゼンテーションです。


*このプロジェクトで実現したいこと*

自らがプレゼンターを経験した2009年のドリームプランプレゼンテーション世界大会。翌年の2010年から大阪で始めた女性だけの夢を語る会「WOMANドリームプランプレゼンテーション」今年は11回目の開催となります。

毎年、夢を語る場づくりということで参加者さまには喜んでいただいてきました。今年はご時世もあり三密を避けるためオンラインでの開催とさせていただくことになりました。

プレゼンターが夢を語るだけでなく、参加者さまが実際に夢を語るワークショップに参加していただいたり、やりたかったことを話すことで体感できることを実感していただける会にしていきたいと思っています。

そして、ドリームプランプレゼンテーション(ドリプラ)は、師匠である福島正伸先生が、参加者全員が成長できる場とおっしゃっています。今回クラウドファンディングを活用して、みんなでつくる女性の夢を応援する場を実現していきたいと思っています。

女性の夢語りの場をつくりたい・・・これは私ひとりの夢から10年以上たって、みんなの夢に成長しました。私が作りたかった世界はこちらにプレゼンがあります。


☑夢ってかなうの?

☑人に頼みごとができない

☑応援してほしい

☑副業したい

☑起業したい

☑何をしたらいいかわからない


一人で悩まずに是非、2020年8月8日(土)オンライン開催のWOMANドリームプランプレゼンテーションに参加してみてください。きっとあなたの今のお悩みが解決すると思います。



*ドリームプランプレゼンテーションとは*
誰もがワクワクする感動と共感のプレゼンテーション
「事業の価値を説明するのではなく、その事業が社会に広まった時、どんなシーンが起こるのかを体験してもらうのがドリームプラン・プレゼンテーションです。
プレゼンターは10分間という限られた時間の中で、事業の価値、あきらめない理由を伝え、見ている人たちに大きな感動と共感を与えます。その結果、真の支援者を集めることができるようになるのです。 」

ドリームプランプレゼンテーションメイキング映像

*Womanドリームプランプレゼンテーション*



*歴代プレゼンターの声*

■岸本 亜泉さん(2011年プレゼンター)

「自分の夢を叶えられる自分になりたい」
「自分の可能性を知りたいと強く思い」
2011年WOMANドリプラにエントリーしました。

エントリー前にアンディさんにお会いする機会がありました。初めて会ったアンディーさんは一言で言うと”太陽のような”印象でした。明るくエネルギッシュな空気で周りのみんなに元気を与えてくれるだけではなく、どれだけ困った状況になっても窮地に立った状況でもいつも変わらず光をさしてくれて、母のような大きな愛で見守り、寄り添ってくれるすごく温かい存在です。

トライしてみて1番の印象的な出来事は、「言い訳を捨てた瞬間です。」

WOMANドリプラに関りメンバーたちのおかげで言い訳をしてしまう自分。弱い自分のすべてを認め、さらけ出すことができました。そんな弱さも強さも含めた自分自身をありのままに温かく受け止めていただけたおかげで、今手放したい自分を卒業することができたし新たに「こうなりたい自分」を掴むことができたこと、これは、私にとってとても大きな経験でした。


■中村 清香さん(2016年プレゼンター)

ドリプラ世界大会2年、保育ドリプラとワンシート企画書を出したけれど、キテレツな事業計画でなかなか相手にされず、夢を諦めようと思っていたら、アンディさんが「ウチ(関西)に来て、夢叶えたらええやん。」と背中を押してくださいました。

トライしたことで一番の収穫は完全に夢が叶ったこと。「育自共育プロジェクト」に®️がつき、商標登録も出来、実際に、現在は保育業界ナンバー2の企業の中で、人財育成における研修講師を行なって、保育に関わる大人たちを元気にする活動を行えていいます。去年は、親子支援センターの施設長を務め、その功績を買われ、4月からは、本社にて4800人の保育士や従業員向けに研修を行う事業部の担当になりました。


■小金丸 奈緒美さん(2018年・2019年プレゼンター)

主催のアンディさんに初めてあったのは、ドリプラの支援会 。第1印象は、無色で、声が大きくてパワーのある人 。今の印象は、懐が深く、心に宇宙空間を持ってる人 。塾では、自分の内側へのアクセスの方法を徹底的にやっていきます 。この部分の大切さは仲間の変化をみて、すごく感じています。

ドリプラでは、人が「応援したい」と思うようになる支援の仕方やされ方を学び、自己信頼と行動の綱引きがなくなって、動きやすくなったし、そして、自作自演劇場に気づくようになりました。


■田中 みゆきさん(2018年・2019年プレゼンター )

アンディさんと対面で話す機会があり、アンディさんの中にある熱さや想い。そして、自分の中の何かに後押しされるように参加を決めました。

最初はパワーや勢いに圧倒されそうでしたが。その中にも優しさや、グイグイ引っ張ってくれそうな頼もしさ、心強さを感じました。また、ご自身の経験からたくさんの女性の夢を叶えていきたい、自分の人生の経営者を増やしていきたい、という熱い想いにも心打たれました。

どんな感情もそれを持つ自分自身を認められ、そのことにより自分をより大切に感じるようになりました。また自分の人生をかけてやりたいこと。また、それを諦めない理由がはっきりしました。



*応援メッセージ*

ドリプラ世界大会実行委員長 福島正伸先生

ウーマンドリプラ大好きメッセージ! たった一人の夢が世界を変えることがあります。 たった一つの思いがたくさんの人の心を救うことがあります。 様々な問題が起きている世の中でも、夢に挑戦する人たちがいれば、 未来は必ず素晴らしいものになると信じています。 どんなに辛く厳しい状況の中で、誰でも自由に夢を描くことができます。 夢を描くことは誰も制約することはできません。 輝く未来に向けて、誰でも最初の一人になることができるのです。 そして、ウーマンドリプラは輝く未来の体験ができる場所です。 誰もがウーマンドリプラで夢に挑戦する人たちに姿に感涙することでしょう。 是非、一人でも多くの方にこの未来の感動体験をしていただきたいと思います。



ドリームプランプレゼンテーション世界大会 コメンテーター 香取貴信さん

僕には夢がないです。夢がある人がうらやましくて……。だから夢は何ですかって質問が死ぬほど嫌でした。でも夢を描けるかどうかは得意不得意なんだと気づいて、心が軽くなりました。人が人生をかけて夢を追いかける姿が素直にかっこよく思えたし、夢を本気で語っている人達を見てスイッチが入りました。是非、多くの人に本気の夢を人生かけて語るその姿を見て欲しいです。自分の中にある何かに火がつくはずだからね(#^^#)



ディズニー博士 加賀屋克美さん

アンディさんの夢を2009年から応援させて頂いています。 アンディさんの塾、勉強会に 受講された方々が全国で輝き 社会を元気になる! この素晴らしい取り組みの中で セミナーやテーマパークの研修でサポートさせて頂きます。 プレゼンターの皆さん! 思いっきり自分の夢をありのままの姿をみせてくださいね^ ^



レジャーコンダクター®杉崎聡紀さん


WOMANドリプラ。最初聞いたときにはイメージが全然できず、参加してようやくわかりました。 自分が夢を実現した後に、どんな世界ができあがっているのか、そして自分と周りがどう変化して幸せになるのかを動画でプレゼンテーションするんです。 これがしたい、あれがしたい。というプレゼンテーションではなく、実現してこうなっていると未来を語ります。 聞いているこちらがワクワクしてしまうそんな夢のようなプレゼンテーションが「WOMANドリプラ」 今年は初のオンライン開催。多くの方にこの感動と興奮をお届けてきるように私も応援しています!



日本ほめる達人協会 理事長 西村貴好さん


2009年の大阪ドリプラにチャレンジし、発表者になれなかった私の夢が、今実現してます。そう!ほめ達検定は、ドリプラから生まれたのです。ドリプラ挑戦時には未完成だった10分間のプレゼンを仕上げ、どこに行っても、「10分間良いですか?」と見てもらいました。現在、ほめ達検定の参加者は、5万7千人。ほめ達認定講師も320名になりました。これもすべて、ドリプラのおかげです。今回のウーマンドリプラに関わる、すべての皆さんにも、心からのエールを贈らせていただきます。「夢は叶う!」



*資金の使い道*

プレゼンターが夢を語る会、また参加者さまが、実際に夢を語るワークショップに参加していただいたり、やりたかったことを話すことで体感できることを実感していただける会を実現させるため、応援よろしくお願いいたします。

~必要資金(想定)~

・会場費:48,000円
(プレゼン環境がない方に向けて会場を借りています)
・ホームページ制作費:110,000円
・パソコン購入費:200,000円
・マイク購入費:17,000円
・運営費:50,000円
・諸経費:29,500円
・クラウドファンディングの手数料(17%+税):93500円

計:500,000円

*最後に*

最後までご覧いただきありがとうございます。
ドリームプランプレゼンテーション2009世界大会で発表した中橋のプレゼンの中に

「女性の一生は変化する・・・」言葉があります。

その言葉の背景に
女 女でうまれ

娘 良い子になり娘に


嫁 家が付き嫁に


姑 女が古くなり


婆 波打つ婆になる

女性はライフイベントで人生が大きく変化していきます。家族のため、家のため、会社のため、それだけでなく、自分の人生を歩める自立した女性の夢を応援していく場をこれからも提供し続けていきます

初めての取り組みに賛同して
・ドリームプランプレゼンテーション世界大会コメンテーターで『社会人になることはディズニーランドで教わった』著者の香取貴信さん
・ディズニー博士としてテーマパークをこよなく愛する加賀屋克美さん
・西のテーマパークでの勤務経験を活かしレジャーコンダクター®として活躍中の杉崎聡紀さん
がリターンに参加してくださることになりました。

女性を応援したいと思ってくださっている方はこんなにも沢山いるんだと感動しています。
私たちは、一人でも多くの皆様と女性の夢語りの提供の場を作りたいと考えています。

大人が輝けば子供が輝く、子供が輝けば、未来が輝く、そのために家族という一番小さなコミュニティーの中で、子供と一番長く接するママや、ママ予備軍の女子が輝くこと!

今後ともWOMANドリームプランプレゼンテーションをよろしくお願いいたします。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください