コロナ禍で学校運営する京都・滋賀の朝鮮学校を応援しよう!
~教室に冷房を設置してこどもたちに快適な学習環境を~
滋賀朝鮮初級学校 ウリハッキョマダン2019


 夏は猛暑となる京都、滋賀で、学校にエアコンがない…。この状況を一人ひとりの力で変え、学ぶこどもたちを応援してみませんか?


朝鮮学校ーウリハッキョーのこと

 朝鮮学校は、朝鮮半島にルーツをもつこどもたち(※1)が、日本で生まれ育つなかで、朝鮮人としての民族の誇りを育んでいけるようにと、朝鮮語で授業をおこない、こどもたちが民族の歴史と文化に接することを大切にしています。といっても教育水準は日本の公私立学校と同等で、日本の大学への受験資格もあります。幼稚園から大学まで、全国28都道府県に朝鮮学校は66校あり(2020年4月現在)、「わたしたちの(ウリ)学校(ハッキョ)」と呼ばれています。

 京都・滋賀には、4校の朝鮮学校があります。3校は小学校相当、1校は中学・高校相当です。このうち、京都朝鮮第二初級学校と滋賀朝鮮初級学校の教室にはクーラーが設置されていません(※2)。

  新型コロナウイルス感染症は、もちろん朝鮮学校にも大きな影響を及ぼしています。全国の学校が休校した時期には、朝鮮学校も同じように休校を余儀なくされました。一部オンライン授業がおこなわれましたが、夏休みを短縮して、遅れた授業を取り戻さなければなりません。

京都朝鮮初級学校 授業の様子


こどもたちの教育環境、健康保障は平等に

 エアコンがないのは、通うこどもが減っていて財政的に厳しいから、というだけではありません。朝鮮学校は各種学校(※3)に位置付けられており、国からの教育助成が一切ありません。地方自治体からの助成金もわずかで、しかも厳しい条件がつけられているため、その予算を学校の設備や運営費に充てることができないのです(教室で使うテレビは買えても、新しい窓枠もエアコンも買えません)。

 一方、京都市は、普通教室の快適な学習環境を整えるため、2004年度から「市立小・中学校冷房化推進事業」を政令指定都市で初めて導入し、全小・中学校で空調設備を運用しています。文部科学省は、近年の猛暑対策を重視して、全国的に公立学校施設の空調(冷房)設備の設置状況を調査していますが、昨年9月1日の時点で京都府の公立小中学校普通教室での設置率は96.5%、滋賀県は100%です。

 エアコンだけの問題ではありません。京都の朝鮮学校では、この数年、ボランティアの手を借りて保健室を定期運営するなど、在日朝鮮人と日本人が協力してこどもの健康と発達をサポートする民間の取り組みをおこなってきました。しかし、公的支援が受けられず、健康診断も保健室も自前で整備するしかありません。新型コロナ対策費も独自にねん出するしかありません。

 つまり、子どもの健康に公的な格差が生まれているのです。

  これは、何としてでも、京都府・市、滋賀県・大津市に対して、ひきつづき是正を要求していかなければなりません。しかし、その結果を持っている時間的余裕もありません。そこで、私たち一人一人の力で多少なりとも是正できるところは是正しよう、ということで、今回クラウドファンディングを呼びかけさせていただきました。

京都朝鮮第二初級学校 運動会


クラウドファンドの力で、教室にエアコンを

 業務用空調機器は高額で、朝鮮学校ではこれまでに導入の必要性が何度か議論されながらも、苦渋の判断で見送られてきました。しかし、今般、夏場の授業日数が増えることを受けて、京都朝鮮第二初級学校は、家庭用の空調機と扇風機を併用して導入することを決断しました。在日同胞の力で第一期工事は完了しましたが、まだ空調設備の入っていない教室が残っており、第二期工事の完成までにあと150万円を見積もっています。滋賀朝鮮初級学校も、財政の見通しが立てばすぐにでも導入したい考えで、教室に空調と扇風機を設置するために、300万円を見積もっています。

 それらの工事費をサポートし、京都朝鮮初級学校、京都朝鮮中高級学校にも、新型コロナ対策費はじめ民族教育への寄付を届けたいと思います。こどもたちの健康と、民族教育の発展のため、みなさまのご協力をお願いいたします。 

全国から寄せられたメッセージツリー

※1 朝鮮籍、韓国籍、日本籍のこどもたちが通学していて、ルーツがあれば国籍を問いません。米国人やロシア人の親を持つこどもたちも通っています。

※2 京都市右京区にある京都朝鮮第二初級学校。2020年に創立55年の歴史を迎えたこの学校には、小学1年~6年の児童と幼稚班年少から年長の園児あわせて51人のこどもたちが通っています。滋賀県大津市にある滋賀朝鮮初級学校は今年で創立60年。幼稚園から小学校まで21人のこどもたちが通っています。京都朝鮮第二初級学校では6月に第1期工事がおこなわれました。滋賀朝鮮初級学校の工事はこれからです。

※3 日本にある外国人学校は各種学校に位置付けられており、自動車教習所やそろばん塾などと法的には同列です。外国人学校への教育補償がないのは差別だと国連も再三の勧告をおこなっていますが日本政府は改善していません。

京都朝鮮中高級学校 統一旗で記念撮影


資金の使い道

①滋賀朝鮮初級学校、京都朝鮮第二初級学校のクーラー設置への支援金

②京都、滋賀にある朝鮮学校4校の、新型コロナ対策や民族教育への支援金

⇒これらにより、民族教育を受けるこどもたちの学習環境を快適なものにすることに寄与する。


<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。



リターン

・朝鮮学校のこどもたちからの「お礼の手紙」

・クリアファイル3点セット(京都朝鮮中高級学校 美術部生のイラスト入り )

・小冊子『朝鮮学校支援の現在と未来ー支援の<かたち>を再考する』

・京都朝鮮中高級学校 吹奏楽部定期演奏会DVD

・滋賀県の飲食店4店舗の食事券1万円相当(2020年10月末まで有効)



朝鮮学校と民族教育の発展をめざす会・京滋(愛称:こっぽんおり)の紹介

 朝鮮学校の民族教育をはじめ、日本学校での民族学級、日本学校での多民族共生をめざすさまざまな取り組みと関わり、それらの発展をめざしています。 

 2011年に設立しました。

メール mezasu_hakkyo_k@yahoo.co.jp  ブログ https://blog.goo.ne.jp/kopponori 

フェイスブック 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください