【はじめに・ご挨拶】

ご覧いただきありがとうございます。

切り絵作家のはっとりあすかと申します。


長崎県出身のアーティストであり、長崎での切り絵作品展を開催したいと思っています。


切り絵作家になって6年、ずっと個展を開くことが夢ですが、

現在妊婦であることと、

結核に罹患したことを受け、


皆様のお力をお借りしたいと思い、プロジェクトを立ち上げました。


作品の雰囲気はSNSをご覧いただければより伝わるのではないかと思い、リンクを載せています。

よろしければご覧ください。

Twitter

Instagram

ブログ





このプロジェクトで実現したいこと

「ふるさとの音」
故郷長崎をモチーフにした作品です。

2021年9月までに、長崎県で切り絵展を開催したいと考えています。


長崎県波佐見町にあるレンタルギャラリーを借りる予定です。


入場は無料で、展示即売会という形での個展を開催したいと思っています。


首都圏ではアーティストが多く、グループ展が頻繁に開催されていますが、

長崎県では切り絵作家の展示会は非常に少ないです。


私が首都圏でばかり作品展示を行っていたところ、祖父から

「大阪じゃ俺の足では行けないから、長崎でしてほしい」と言われ、

ファン1号である祖父のためにも、長崎で!!と思い、開催地を長崎にしています。




プロジェクトをやろうと思った理由


切り絵作家になって6年。


ようやく今年の6月に個展開催の予定でしたが、コロナの為やむを得ず中止に。


個展の予定を中止にしたあとも開催を夢見ていますが、現在妊娠7ヶ月です。

育休中には個展の夢を叶えたいと思っています。


しかし、2020年7月に自分が結核に感染していることが分かりました。


身体のことを考えると無理をできないのは分かっていますが、どうしても個展開催の夢を諦めたくありません。


展示即売会という形での個展を開催したいと思っているので、誰かは常駐しなければいけませんが、私は治療のため常にギャラリーにいることができません。

スタッフの方に手伝っていただく程の資金もなかったので、皆様のお力をお借りしたいと考えました。



これまでの活動

濃黒切り絵展のDM
下の段の左から2番目が私の作品です。

2019年 濃黒切り絵展(大阪)に参加

2020年6月 長崎県佐世保市で予定していた個展「自由への扉」が中止に。

2020年8月 第二回切り絵博覧会(大阪)参加予定




資金の使い道

ギャラリー貸出 1日5000円×14日間=70,000円

人件費  112,000円

額装代  約5,000円×作品70点=約325,0000円

備品(パーテーション、ワイヤー他) 20,000円

クラウドファンディングサイトへの手数料 102,000円

その他ポスターやカード、キャプション作製費等




リターンについて


以下の5つからお選びください。


①展示即売会にて作品を20%OFFで購入できる権利


②展示会会場入り口に、スポンサー名としてあなたのお名前を記載(本名でなくても構いません)


③デジタルでの似顔絵作成


④切り絵であなたの好きな漢字一文字作成


⑤切り絵で似顔絵作成

写真を送っていただければ、似顔絵を切り絵で作成いたします。ポストカードサイズになります。






実施スケジュール

2020年  7~8月  クラウドファンディングにて支援を募る

       9月  リターンの作品作成

       10月  出産


2020.11月~2021.6月  作品、キャプション作り

        7月  個展開催告知開始・備品調達開始 

        9月  個展開催


場所:長崎県東彼杵郡波佐見町レンタルギャラリー「モンネポルト」にて開催


スケジュールや開催場所は、新型コロナウイルスの影響により変更することがあります。

予めご了承ください。




最後に

妊娠や結核感染を考えると、夢を諦めるのが周囲のためだったかもしれません。

ですが例え自分1人の力で成し遂げられなかったとしても、どうしても叶えたい夢です。

どうか皆様のお力を貸してください。




本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も実行し、リターンをお届けします。

目標金額に到達しなかった場合は開催期日の短縮や、ギャラリーを変更し、規模を縮小しての個展になるかと思います。リターンは必ずお送りいたしますので、ご安心ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください