例えばあなたは「コーヒー」「牛乳」「砂糖」を入れるだけ。そうすればこのマグカップは勝手に混ぜてくれます。もうスプーンで混ぜてスプーンを洗うわずらわしさから解放されます。スプーンで混ぜるのもいいですが、この商品を使ったらきっと元の生活には戻れませんよ?

プロジェクト本文

当社の紹介

ご覧いただきありがとうございます。アイスファングスのいびと申します。よろしくお願いいたします!

私たちは常日頃からお客様と一緒に成長できるような雑貨用品販売業者になりたいと考えております。

お客様からのご融資を頂き、お客様の要望に逐一耳を傾け、製品にインプットする。そんな会社作りを目指しております。 

そして日本発のこのブランドを世界に広めていきたい。そんな想いで会社を設立いたしました。

▼勝手に混ぜてくれるマグカップ『MixMug』のご紹介 

普段ティースプーンで砂糖を溶かしたり、コーヒーとミルク、紅茶とミルク等を混ぜるのは普段から行っているので、今となっては面倒という考えや時間を取られている認識はないかと思います。ですがこれが毎ティータイム、毎日、一生と続きます。物凄い時間ですよね。その時間を節約しちゃいましょう!


①勝手に混ぜてくれるから楽ちん!

「電気を使わないなら混ぜるスピードも遅くて混ざるのに時間かかるんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。ですがこの「MixMug」は写真のように渦ができるほどのスピードで混ぜてくれるのでその心配はいりません。


②電気を使わない?その構造とは

実はこの「MixMug」は磁力の力で回転します。電気を使わないので充電いらず電池交換いらずでとっても楽♪わざわざスプーンで回すこともなくお湯を入れれば自動で混ぜてくれます!


③混ぜるだけじゃない!熱々の飲料物を冷ますのもお任せあれ!

熱いスープや飲み物をかき混ぜることによって冷ますのもみなさんご存じの冷まし方かと思います。この製品の勝手に混ぜてくれることを応用し、熱々のコーヒーや、紅茶、コーンスープ等を自動で冷ましてくれます!

熱々の飲み物が苦手だけど少し暖かい飲み物を飲みたい。そんな方にもおすすめ!熱すぎず温すぎない丁度いい温度にしてくれます。

熱々の飲料物を入れ3分待つだけ!これでもうその飲料物は丁度いい温度になっています!

飲料物が55℃になると勝手に止まり、その後は保温効果のある容器(構造)のため冷めにくくなっています!

④使い方は簡単!

カプセルを入れて飲料物を注ぐだけの簡単2ステップ!


<ご注意>

◆製品の保証期間について

通常使用において製品の欠陥が原因で機能が損なわれたり、破損した場合は同一製品と交換致します。保証については、製品発送日から一年とさせていただきます。
※ご使用方法などによっては、保証対象外となる場合があります。


◆クラウドファンディングにおけるリスク・諸注意

プロジェクト成立移行はできる限り早くお手元に届けられるよう努力いたしますが、想定を上回る大量のご注文時や素材供給に時間が必要な場合など予期しないトラブル、また物流事情などで遅延が発生する場合がある点についてはご留意ください。


※商品内容に関してはリターン欄記載の通り               

※ リターン価格とは別にCAMPFIREのシステム利用料として1支援毎に200円(税別)が支援者様の負担となります。尚、このシステム利用料はCAMPFIREが受け取るもので、当社が受領するものではございません。

◯ 申込期限

当ページ記載のプロジェクト終了期限通り

◯ 支払い方法
・クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)
・コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)
・銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)
・auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い

◯ 支払い時期

当プロジェクトは「All-in型」の為、目標達成の如何に問わず、ご契約が成立します。その為、お申込みと同時にご利用の決済方法に準じてご請求となります。

◯ 引渡し時期
各リターン詳細に記載の発送予定日を引き渡し時期とします。但し、開発・生産状況によって遅れが生じる場合がありますのでその際は当プロジェクトページ内の「活動報告」または購入者へのメール等で連絡します。

◯ キャンセル・返品 
当プロジェクトは「All-in型」の為、お申込み完了をもって契約が成立いたします。その為、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。
尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください