コロナウイルスの影響で減ってしまった観光客を一本のシネマティック動画で戻したい。コロナウイルスが終息したら埼玉県に遊びに来て欲しい。そんな思いで、埼玉県民が埼玉県を周り、撮影して皆さんと一緒に一本の動画を作りあげます!

プロジェクト本文

このプロジェクトへの想い

「何もない埼玉県」「海なし県」そう言われてきた埼玉県の魅力を1本の動画にして全国へ発信します。



はじめに・ご挨拶

皆さんこんにちは。映像クリエイターのHIROPON Filmsです。

僕は、ある日YouTubeで一本の動画を見て映像の世界に入り込みました。

「映像は素晴らしい。映像でたくさんの人を笑顔にしたい。」

このスローガンを掲げて日々、映像制作に励んでいます。

皆さんもご存知の通り、今世界中でコロナウイルスが大流行しています。

日本でも毎日のように感染者が増え、飲食店や観光地などは大きな打撃を受けました。

特に僕の住む埼玉県は、仕事などの理由に東京都へ1日に90万人が通勤などで移動しています。

その影響で、埼玉県のコロナウイルスの感染者も増え続ける一方です。

そんな中、埼玉県から地方に移り住んだ人が帰省できなかった。観光地の経営が難しくなっている。といった話を耳にしました。

今、自分にできることは何か?

考えた結果、埼玉県を周り1本の動画にすることでした。

このプロジェクトはそんな想いから始められました。


このプロジェクトで実現したいこと

埼玉県を周り、

人、自然、文化、伝統工芸品などを撮影して1本の動画を制作します。

コロナウイルスが終息したときに、埼玉県にたくさんの人が遊びに来てくれるように、

全国へ発信します。

また、すでに各市役所の観光課の方や、各ロケーションサービスの方、観光協会の方にもご協力していただきこのプロジェクトは進んでおります。


資金の使い道

撮影機材費(普段使うことのないレンズなどをこのプロジェクトのためにレンタルします)

撮影経費(入場料、ツアー参加費など)

移動費(ガソリン代等)

その他諸費用


実施スケジュール

7月5日 長瀞町周辺を撮影済み

7月10日 川越市を撮影済み。

7月18日 さいたま市周辺予定。

7月19日 所沢市周辺撮影予定。

7月26日 飯能市周辺撮影予定。

8月1日 埼玉県北部撮影予定。

8月2日 撮影予備日(天候の関係で撮影できなかった場所を撮影予定)

8月16日 クラウドファンディング終了


最後に

埼玉県という小さなファーカスに絞って行う今回のプロジェクト。

動画という素晴らしいコンテンツを使い、大好きな埼玉県を発信する。

「何もない埼玉県」じゃなくて「何かがある埼玉県」を発信できたら100点。

僕はそう想って今回のプロジェクトに真剣に取り組みます。


そして動画の最後に支援者の皆様、全員の名前を入れて、皆さんと1本の動画を制作したいと想っています。


ご支援いただける方はよろしくお願いします。

また、拡散していただけたら嬉しく思います。

よろしくお願いします。


このプロジェクトは「AII in方式」で行います。支援者の皆様には必ずリターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください