「ひとよし森のホール」代表 小川香

===================================
      <ネクストゴール達成へのお願い!>

 クラウドファンディングをスタートしてから残り僅かとなりました。森のホールの復旧工事をすすめておりますが、音の響きや吸音防音などに配慮しなければならない音楽ホールのため、復旧後の仕上の状態に配慮しながら慎重に進めております。慣れない作業ですので戸惑うことも多く、工事に携わっておられる皆様のご苦労に頭が下がる思いです。修復後は、前のホールと同じような感覚を味わえる建物になるように、細心の配慮をしながら工事をすすめていくつもりです。ホールの復旧のほか、水害で失ったものを再び取り揃え、前と同様な施設によみがえらせるため、ネクストゴールとして450万円を設定しております。コロナ感染拡大で経済情勢が大変厳しいところ、誠に恐縮ですが、引き続きご支援をお願い申し上げます。

===================================

▼ご挨拶

「ひとよし森のホール」の小川と申します。この度、ご支援いただいている方々のご協力により、はじめてこのプロジェクトを立ち上げることができました。私の再建への思いと気持ちをお伝えしたいと思います。どうぞ最後までお読み下さるようお願いいたします。


▼ はじめに(培って来たアートと人の縁)

「ひとよし森のホール」は、1999年10月、熊本県人吉市に音楽ホール・ギャラリーとしてオープン。女性専用ホテルも併設しながら、これまで地元や国内外で活躍されているアーティストの方々の作品発表やコンサート等を開催してきました。

 歴史と文化の街として九州の小京都とも言われている人吉に根付いて来たアートの基地、「ひとよし森のホール」は、多くの著名なアーティストの隠れ家的存在でもあり、ここにしかない不思議な空間は、都会では味わえない音楽やアートの癒しを与え続けてまいりました。

 また、様々なジャンルの音楽家や作品を展示していただいた作家さんをはじめ、全国の芸術家の皆様にとっては、そのパフォーマンスを発揮し、ご縁を結ぶ場としても、意義あるものと思ってまいりました。

 〜 熊本地震復興チャリティコンサート 〜
(中西圭三、宮田浩久、石塚まみ、西藤ヒロノブ、後藤勇一郎、馬場貞至、森田良平、野田沙織) 

歌の街へようこそ(歌声サロン)

絵画展
▼突然襲った二重の災害

 しかし、2020年、新型コロナの影響で、ホテルは2ヶ月以上休館を余儀なくされ、また予定していたコンサートも全てキャンセルせざるをえませんでした。
 さらに、ようやくコロナが落ち着きこれからというとき、7月4日の豪雨災害に見舞われました。ホールが2m以上浸水し、作曲家松尾早人氏より譲り受けたグランドピアノも使えなくなってしまいました。併設している女性専用ホテルの1階も天井まで浸水しました。

ホールは、床上2100㎜まで水に浸かり、ピアノも音響機器も水没しました。撤去のためピアノを解体・・・フレームは、テーブルとして再生予定

新型コロナによる影響に加え、球磨川氾濫による豪雨水害という二重の被害を被り、事業存続への強い危機感を抱いておりました。


▼数多くののアーティストやファンからの励まし

 そんな折、これまで「ひとよし森のホール」にご縁をいただいてきたたくさんのアーティストの方や、支援者の方々から『人吉における音楽やアートの火を消さないために、必ず、再起して頑張って!』といった暖かい励ましの言葉をたくさん頂戴いたしました。
葉加瀬太郎さん、藤本史子さん、宮田浩久さん野田沙織さん、藤本史子さん、瀧口直毅さん、馬場貞至さん、岩井宏司さん、宮本百合子さん

宮川彬良さん、原雅道さん
Viento : オカリナ・ケーナ 吉川万里さん、シンセサイザー 竹口美紀さん
森のホールで作品を作る流郷由紀子さん

▼再び立ち上がる決意
 これまで当ホールで演奏してくれた音楽家や作品を展示させていただいた作家さんをはじめ、全国の芸術家の皆様にとって、そのパフォーマンスを発揮して頂く場として、「ひとよし森のホール」を継続していきたいというのが大きな願いです。私たち夫婦は、これからも「ひとよし森のホール」をなんとしてでも守り抜いていきたいのです。
 多くの応援の声に心を動かされ、アートや人の縁(えにし)を大切にする「ひとよし森のホール」を再興することを決意し、このプロジェクトを進めることにしました。

      ==============================


▼ 資金の使い道

事業再建と継続のために使わさせていただきます。

・音楽ホールおよびホテルの復旧
・音響設備機器、ピアノなどの購入
・リニューアル記念コンサートの運営資金

など


▼ リターンについて

ご支援していただいた皆さまには下記のようなリターンを考えております。

1. ご支援をいただいた方々への御礼の手紙。
2. 人吉球磨の特産品
3. アーティスト(画家、陶芸、木工作家)の制作による作品の提供
4.復興コンサートへのご招待やチケット割引

など


▼ 実施スケジュール

8月初旬 公開
9月末 公開締め切り
11月以降ご支援いただいた方々への御礼と返礼品送付。
復興支援応援コンサートは、12月、1月、2月に開催予定。


▼ 最後に

これまで「ひとよし森のホール」を訪れていただいた方々から、この難局にめげずに復活して下さいとのお声をたくさんいただいており、どれだけ勇気をいただいたかわかりません。こうしたお声に応えられるよう復興にむけて頑張ります。

 =================

<All-in方式によるクラウドファンディング>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください