新型コロナウィルスの影響で、厳しい状況が続いています。私たちデバダシスタジオは、女性が集まり、踊り、癒される、大都会東京のオアシスのような存在でありたいと願い、約20年運営してきました。そしてこれからもそうでありたい!と願っています。スタジオを存続させるための皆さまのご支援をお願いできたら幸いです。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

Devadasi Dance Studio ( デバダシスタジオ devadasistudio.com )は、東京の神宮前(原宿)にある、女性のためのホリスティックなベリーダンススタジオです。 1997年より20年以上、ダンスを通して多くの女性たちを癒し、励まし、勇気付け、そして国内外で活躍する数多くのプロダンサーを輩出してきました。

現在7人の講師が所属し、隔月のショー、年2回のスタジオ発表会、春、夏、冬のワークショップシリーズ、年数回の海外アーティスト招聘イベント、スタジオディレクターミシャールによる海外でのダンスリトリート(合宿)を開催しています。


Nashaal Naho Baba Barbara


この度のコロナウィルス感染拡大により、3月からの自粛要請1ヶ月、緊急事態宣言の2ヶ月間と、スタジオを閉めて、感染拡大防止につとめました。期間中、一部の講師によるオンラインレッスンも行ってまいりましたが、数々のショーや、イベント、年2回のリトリートもやむなくキャンセルとなりました。 それらの影響に加え、緊急事態宣言解除後の現在も以前のようにスタジオを運営することができず、厳しい状況が続いています。

デバダシスタジオは、女性が集まり、踊り、癒される、大都会東京のオアシスのような存在でありたいと思い、運営してきました。そしてこれからもそうでありたいと願っています。
スタジオを存続させるための皆さまの支援をお願いできたら幸いです。

代表・ミシャールよりご挨拶

親愛なる友人の皆さん、ご無沙汰している皆さん、はじめましての皆さんへ

私は、1987年にベリーダンスと恋に落ちました。そしてその後すぐに、世界中を旅しながら踊り、10年の旅と経験を経て、自らのインスピレーションによって生んだビジョンであるセークレッド・アース・ベリーダンスを、東京で広める分かち合うことを決めました。世界中でのベリーダンスを踊る人生を通じて、たくさんの洞察や叡智を受け取った私は、自分の真に生きる道は、女性たちを、ナチュラルで、ホリスティックな、目覚めでありヒーリングであり、生命や人生を讃えることによって、太古の時代から連なる神聖なアートとしてのベリーダンスへと導くことでした。

 2020年がこうなるとは、誰も予想できなかったことです。そしてみなさんご想像のとおり、今年はスタジオを運営し続けることが、厳しい状況になっています。デバダシスタジオの、キャンプファイヤー・プロジェクトのこのページを見る時間を作っていただき、感謝いたします。

 私たちがスタジオで行っている活動は、とてもユニークなものなので、できる限り長く、スタジオを続けたいと考えています。そして、今後何年も続けていきたいと考えています。現在、私は遠くバリ島にいます。そして日本に戻りたくて心焦がれていて、国際空港が再びその門戸を開いてくれるのを待っています。私は、東京が恋しい。そして、みなさんのことがとても恋しいです。

 よりまぶしく光り輝く日々が、私たちの未来にあることをとても楽しみにしています。もし、お願いができることなら、ぜひスタジオを支援してください。それは、わたしたちー スタジオで学ぶダンサーや、講師たち全員にとってとても、大きな助けとなります。わたしたちの用意した、返礼品(リターン)を、どうぞお楽しみください。

心から感謝します

デバダシスタジオ 創立者・主宰・ヴィジョナリーディレクター
Mishaal ミシャール

Mishaal Mahari  ミシャール・マハリ(米国/バリ/日本)

そのソウルフルな表現と、優美な動きは広く知られ、世界中でショーやレッスンを行っている。革新的で、自由なスピリットに満ちたスタイルは、自身のホリスティックな生き方、広範囲に世界中を渡る旅、そして神秘的で深遠な学びを人生を通して続けることによって、はぐくまれている。

ミシャールは1987年、米フィラデルフィアにてベリーダンスの旅をはじめた。その後すぐに、アメリカから世界への旅へと出発。旅の最初の目的地であるエジプトから、ずっと旅を続けている。トルコのアフロディテ神殿、エジプトの大ピラミッド、ギリシャのアテナ神殿、ハワイ・マウイ島のマケナビーチ、モロッコのエッサウィラ、インドのタール砂漠で踊ってきた。その情熱は、大自然の中で踊ることで、太古の魂とつながり、大地と地球と、太陽、月と星を讃えることである。
大自然の中で踊ることに加えて、世界中の大小さまざま、多数のステージやショーで踊ってきた。ミシャールにもっとも影響を与えたダンスの師は、ビジョナリー・ダンス・プロダクションを主宰するデライラ(米・シアトル)。1997年より東京でダンスを教えはじめ、デバダシスタジオとして2005年にオープン。デバダシスタジオの共同創設者であり、現在もデバダシスタジオのヴィジョナリー・ディレクターをつとめる。ミシャールは、ダンスへが人を癒やすヒーリングであり、自らの変容を体験するものであるというアプローチをしている。日本で毎年、ワークショップのシリーズ開催し、現在はバリ島に在住。バリ島ではセークレッド・アース・ダンス・リトリート(合宿)を開催している。

プロジェクトを実施しようと思った理由

この度のコロナウィルス感染拡大による自粛、イベントキャンセルの数々に加え、緊急事態宣言解除後の現在も以前のようにレッスン再開やイベント開催などできず、厳しい状況が続いています。 コロナ時代においても、活動を続けていける方法を模索し、スタジオを存続させるため、皆さまのご支援を賜りたく、プロジェクトを立ち上げさせていただきました。

2018年 年末ショー(発表会)より photo by HORI


デバダシスタジオ講師一同よりメッセージ

メフタップ  MEHTAP 
デバダシスタジオでベリーダンスを学んだことで初めて、女性に生まれたことをよかったと思えるようになりました。この女性のための特別な場を存続させるために、お力添えをいただけたらうれしいです。

マドゥリマ  MADHURIMA
まるで都会のオアシスのようなデバダシスタジオ。これからもこの場所から、女性たちのあたたかい輪が広がり続けてゆきますように。皆様のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。  

ヤリエル  YALIEL
踊りを超えた神秘的な身体芸術通して、女性が目覚め、力を取り戻し、自分の足で立ち上がる姿を沢山見てきました。この稀有な場所がずっと続いていきますように。ご支援頂けましたら幸いです。

ナシャール  NASHAAL
デバダシに出会い、ダンスと生きることの本質に気づくことができました。多くの女性を輝きをさらに引き出すために、このスタジオの未来のために、ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

ユクタ  YUKTA
踊りを通して、女性の喜びや輝きを引き出すお手伝いをデバダシスタジオで続けていきたいと思っております。 ご支援の程、何卒よろしくお願いいたします。

メディハ  MEDIHA
私は、デバダシで自然とつながり生命を祝福するベリーダンスと出会い、感謝しています。多くの女性のオアシスであり続けるスタジオに、ご協力を賜り下さいますようお願い申し上げます。

ユン  YUNG
単にダンスを学ぶだけの場ではなく、全ての女性達に寄り添いエンパワメントをし続ける神聖かつ精神的で心強いコミュニティであるデバダシスタジオが、存続できますようにお願いいたします。

スタジオを共同運営するGoRo Miyamotoよりメッセージ
デバダシスタジオという女性が踊ることにより癒され自身を見出すことのできる素晴らしい空間を、この時代だからこそ維持していきたいと考えています。皆様よろしくお願いいたします。

GoRo Miyamoto プロフィール
音楽家。ミシャールと共にデバダシスタジオを作った共同創立者。現在もデバダシスタジオの運営をしている。1984年から世界を旅し、ディジュリドウ、カリンバ、ホーミー,口琴などの楽器を日本で始めた先駆者。各地の民族、自作楽器を独自のスタイルで奏で、世界中のフェスから、企業イベントまで幅広く活動。

デバダシスタジオの存続を応援します!

国内外から、デバダシスタジオのクラウドファンディングに、多くの応援コメントをいただきました。いただいたコメントを、抜粋してご紹介させていただきます。全文は、こちらのデバダシスタジオ公式ウェブサイトに掲載させていただいています。As for our space is limited we made short version of supporters message here. We have their entire message our official website.

Ansuya ( アンスーヤ)
ベリーダンス・スーパースター / 米 フロリダ

私が、世界をまわり幅広くベリーダンスを教えてきた中で、デバダシスタジオは、ひときわ際立ったダンススタジオであり、コミュニティーです。ここでは、女性を踊りと音楽の両面から目覚めさせ、ダンスの身体的なスキルのみならず、心理学的にも、感情や内面にも、時に人生まるごと、良き方向に導いてきました。これから出会う多くの女性のためにも、デバダシスタジオが続いていきますように!



Meera Varma (ミーラ・ヴァルマ)
ベリーダンス・スーパースター / 米 LA・インド・英

デバダシスタジオは、ダンスと女性たちを導くための並外れた本質的な価値観と、献身的な講師や参加メンバーにあふれたスタジオです。私が東京に通ってきたこの10年、とても力強い、女性たちのコミュニティーの中心であり続けています。スタジオを創り育て続けている主宰のミシャール、そして一人ひとりの生徒さん、講師のみなさんを心からの敬意を送ります。またここに戻れることを楽しみにしています。



Monika Nataraj (モニカ・ナタラジ)
ミスティカル・ダンサー、タントリック・ヨギ二 /米 NY・インド

デバダシスタジオは、単なるダンスや身体の動かし方を学ぶ場所ではなく、東京の灯台のような場所です。創立者であり主宰するミシャールと講師たちは、ハートから愛あふれる、真の女神戦士たち。ただ美しくあるだけのみならず、何千人もの女性たちを勇気づけ送り出してきています。ミスティカルなダンス、生命の神秘と繋がるダンスを育むために、このスタジオが続くことは、大切なことだと感じます。



Sharon Kihara (シャロン・キハラ)  
ベリーダンス・スーパースター 、 アーティスト/ 米 オレゴン

デバダシスタジオは、私を日本へ、そして東京へ初めて招聘してくれたスタジオです。日本をルーツに持つ私にとって、新しい家族への仲間入りができたように感じることができ、その感動を、私は一生忘れることはないでしょう。何年もの歳月をかけて、アーティストであるダンサー達が共に手を取り、このスタジオを続けてきたことは、その献身と愛の大きさを物語ります。デバダシスタジオ がこのままずっと存続できることを私は心から願っています。




アムリタ映蓮(早川映子)Amrita Eiren
AFP -Art of Feminine Presence 講師養成トレーナー

デバダシ創設者のミシャールのレッスンを、初めて青山で受けた時、私は彼女の圧倒的な美しさのみならず、その素晴らしい導きによって、自分自身の女神としての美しさを初めて認めることができました。女性が自分の美を受け入れることは、同時に自分の強さや弱さも認め、誇り高き女性として立ち上がるということです。この混沌とした時代に、とても必要なことであり、この世界的な危機や困難をきっかけに、デバダシ・スタジオの価値がますます認められ、世界の変化を促進すると私は確信しています。



岡野玲子 Reiko Okano
漫画家

ダンサーMishaalとのとても不思議な出会い、そしてデバダシスタジオ に所属する、解放されて伸びやかに踊り花開く女性たちと出会わなかったら… ベリーダンスと神性女性性の解放をテーマにした漫画「イナンナ」は誕生しなかったでしょう。私たちの肉体の神秘がスタジオの中で説かれ、実際に目撃し体感したのでした。私たちが日常生活の中で忘れてしまい、手放してしまっていた広く深い大地の知恵も、計り知れぬ宇宙の感覚も、底知れぬ海の包容力も、身体の内側から思い出させてくれる。そんな神聖な場所、デバダシスタジオの存続をこころより応援しています。


國分利江子  Rieko Kokubun
BMS Therapy 創始者/  BMS Massage Therapy School 校長

女性たちは…地球に生まれ、月と繋がり、そして「いのち」を産みだし、あらゆるものを「創造する存在」です。女性たちが輪になって踊り、励まし合い、讃えあい、喜び、慈しみ、ともに立ちあがる! 現代社会の中で忘れがちな「Sacred Feminine 聖なる女性性」を、ダンスを通して目覚めさせるための場所。それがデバダシスタジオです。どうぞ、デバダシスタジオを応援してください♡そして、この輪の中でお互いの存在の素晴らしさを祝福しあいましょう♡


土屋しずか  Shizuka Tsuchiya
チネイザンプラクティショナー/ティーチャー 

デバダシのスピリットの炎はずっと燃えていてほしいです。東京の真ん中にある女性のためのとってもスペシャルな場所。私にとってはサンクチュアリィであり、道場であり、素晴らしい女性たちとの出会いの場。Mishaalというダンサー、ティーチャー、ワイズウーマンから引き継がれている、神聖な場所。単なるダンスを超えて、女性であることの喜びを味わうことを教えてくれる、こんなダンススタジオ他にはないと思うのです。だからみんなで力を貸していきましょう!



横森理香 Rika Yokomori
作家

「誰の為でもない自分のダンスを、心から踊る」
師匠ミシャールに叩き込まれたダンスの教えです。デバダシスタジオで十年間、深く神秘的なベリーダンスの世界を学びました。エナジーフローや、スピリチュアルなことまで教えてくれるベリーダンススタジオは他にありません。踊ることで、自我を越え、自分の中の女神に出会い、宇宙にまでつながることが出来る神秘の踊り-------それが、本物のベリーダンスなのです。




これまでの活動


デバダシスタジオおよび、キャラバンサライプロダクションは、日本のベリーダンス界の礎となる活動に、多くの情熱を捧げてきました。国際的に著名な世界のベリーダンスシーンをリードするスターを日本に呼び寄せ、ショーやワークショップを開催する先駆的な存在として、ベリーダンスシーンの向上に貢献しています。

1997年 Mishaalが東京でベリーダンスを教えはじめる
1998年 Mishaal, GoRoともにKervanserai (キャラバンサライ)プロダクション発足。

東京の中東のベリーダンス、トライバル&ワールドフュージョンミュージックと、ダンスのためのコミュニティとして、国際的に活躍する著名ダンサーやアーティストを招き、革新的なワークショップやイベントを開催。また国内のダンサーや音楽家の活動の場を広げる

2003年 最初の年末ショー Secred Earth Belly Dance を開催
2005年 Devadasi Studio としてスタジオ開設、Kervanseraiを統合・活動の拠点を表参道へ
2014年 Devadasi Studio が現在の原宿・神宮前へ移転、2020年現在に至る

デバダシスタジオおよび、キャラバンサライ・プロダクションは、日本のベリーダンスシーンにおいて、革新的・先進的存在でありつづけ、多様な中東の文化、フュージョンベリーダンス、新しいスタイルをもたらした。


■これまで海外から招聘し、国際的著名アーティストは以下の通り。

Ansuya Rathor (アンスーヤ/米 フロリダ) 2002年, 03年, 04, 05, 07, 09, 10, 13, 2014年
Delilah (デライラ/ Visionary Dance 米 シアトル) Sirocco(シロッコ ) 2004年
Myriam Eli (マリアム・エリ/米 マイアミ)2004, 05.
Joe Zeytoonian ( アルメニア /米 マイアミ) 2005.
Elijah Sound (イライジャ・サウンド/米 カリフォルニア)2005, 06, 07, 08.
Tamalyn Dallal(タマリン・ダラール/米 ニューオリンズ マイアミ)2005, 06.
Rachel Brice (レイチェル・ブライス/米 オレゴン) 2005年, 06, 07, 08, 2009年
Meera Varma (India/UK/USA) (ミーラ /米, インド)2006, 07, 09, 15, 16, 17, 18, 19.
Kaeshi Chai (NY, USA)(ケイシー・チャイ/米)2006,
Farasha Desert Siren (Las Vegas, USA) ( ファラーシャ /米 ラスベガス) 2006, 2012.
Sema Yildiz (Istanbul, Turkey) ( セマ・イルディス/ トルコ) 2007
Ahmet Luleci (Turkey/USA) (アフメット・レルチ/ トルコ/米) 2007, 09. 15, 17.
Aparecida (Rio de Janeiro, Brazil) アパラシーダ/ ブラジル) 2007, 08, 09.
Hadia (Canada) ( ハディア /カナダ モントリオール) 2007, 08.
Mardi Love (NY, USA)(マルディ・ラブ/米)2007, 08, 09.
Farasha Desert Siren ( ファラーシャ /米ラスベガス) 2006, 2012.
Lulu Sabongi (São Paulo, Brazil) ( ルル・サボンギ / ブラジル) 2007.
Tenley Tribal Temple (Oregon, USA) (タンレイ/ 米カリフォルニア) 2007.
Lily of Tribalkenesis (UK/USA) ( リリー・オブ・トライバルキネシス / 英国), 2007.
Hannan Sultan (USA) ( ハナン・スルタン /カナダ) 2007.
Kathy Stahlman Tribal Moon (Las Vegas, USA) ( キャシー・サタールマン /米サンノゼ) 2007.
Sharon Kihara (Oregon, USA)(シャロン・キハラ/米)2008, 2010.
Queen Harish (Rajasthan, India) (クィーン・ハリッシュ /インド) 2008, 2012.
Eva Cernik (Colorado, USA) 2008
Karim Nagai, Turbo Tabla (Egypt/USA) ( カリーム・ナギ a.k.a. ターボタブラ /エジプト&米) 2008.
Hannah Mi (UK) ( ハナ / 英国) 2009,10,11,13.
Artemis Murat (Greece/Turkey/USA) 2009
Monika Nataraj (モニカ・ナタラジ /インド/米) 2010, 11, 12, 13, 14, 15,16,19.
Colleena Shakti (コリーナ・シャクティ/インド/米) 2010, 2012, 2016.
Anello Capuano (伊/インドネシア) 2013

■海外リトリート(海外合宿)

2012年より毎年、バリ島での海外リトリート(合宿)を行っており、日常を離れた大自然の場で、心と身体を解放へと導き、女性性と深く繋がり踊るディープな時間をリードしていている。


■デバダシスタジオ主催・継続的に行っている 月間イベント・年間イベント

女性を癒やし、讃えながら、クリエイティブかつ革新的なショーを開催
Samanyolu Ambiental Night (サマンヨル アンビエンタル ナイト) 1998年 -2008年.
Mother Earth Cabaret (マザー アース キャバレー)2005年-2020年
Sister Circle Dance night (シスターサークル ダンスナイト)2005-2020年
Dark Carbaret (ダークキャバレー)2005-2020年
Sacred Earth Belly Dance, End of Year show,(年末ショー) 2003年 -2019年
Devadasi Festival (デバダシフェスティバル), 2006年 -2019年


■外部イベント出演実績 

FUJI ROCK FESTIVAL(フジロック フェスティバル)
東京ガールズコレクション
旅行博
中東各国の大使館および領事館イベント
都内中東レストラン・レギュラー出演
ほか多数

■チャリティ活動

デバダシスタジオは、何年もの間、世界の困窮する女性たちのチャリティーや、募金、慈善活動への支援をしてきました。寄付先: 産婦死亡率が世界的に高いインドネシアの女性の出産を助けるブミ・セハット 、アフガニスタンの女性たちを支援し人権と社会正義のために闘う支援する団体RAWA (Revolutionary Association of The Women of Afghanistan・アフガニスタン女性革命協会)、アフリカの女性たちの性器切除(FGM)を廃除するための団体 WAAF(Womens Action Against Female Genital mutilation, in Africa.)

■スタジオ所在地
住所:デバダシスタジオ 神宮前校 東京都渋谷区神宮前2-16-16 クロスビル3F
営業時間:営業時間は、スタジオ公式facebook ( www.facebook.com/devadasistudio)にあります、最新の時間割をご覧ください。お問い合わせは、スタジオ公式ページ ( devadasistudio.com )のページ下部にありますお問い合わせフォームからお願いいたします。


リターンについて 

1000円から気軽にご参加いただけるものから、ミシャールとのグループディナー、瞑想用の楽器、ミシャールデザインアイテムのあるスペシャルパッケージなど、バラエティ豊かな楽しいリターンをご用意しました。
どうぞお楽しみください。

■リターンのレッスン・ワークショップ参加は女性限定です
なお、デバダシスタジオのすべてのレッスン、ワークショップについては、参加は女性限定となります。リターンの中にありますレッスンや、ワークショップは男性の方がご参加いただけませんのでご了承ください。男性がお申し込みされる場合には、身近な女性の方にお譲りいただけますようお願いいたします。

■スタジオ開催ショーについて
リターンにあります「スタジオで開催されるショー」については、女性限定のものと、男性もお入りいただけるショーの、2種類をご用意の予定です。スタジオで開催されるショーについて、男性の支援者の方が一定数いらっしゃった場合には、男性の方もお入りいただけるスタイルのものを制作いたします。

■外部会場で行うショーについて
デバダシスタジオの、外部会場で行うショーにきましては、男性女性すべての方にご観覧いただけます。

■リターン参考動画
リターンの目玉のひとつである楽曲「ミラージュ」です。GoRo Miyamotoによるオリジナル曲を、あなただけのためにリミックスしてお届けします。楽曲「ミラージュ」は、こちらからご視聴ください。


資金の使い道

集めた支援金は以下の用途に使わせていただきます。

- 緊急事態宣言中の家賃、光熱費、テナント更新料
- イベント、合宿等のキャンセルによる損失補填
- コロナ時代に対応したスタジオ設備の増強

実施スケジュール 

8月  クラウドファンディング実施期間
9月 ご応募いただいた方へ、順次ご連絡いたします。

みなさまのご連絡先がデバダシスタジオに到着するのは、クラウドファンディング終了後となります。
Eメールでのお礼のご連絡は、9月〜10月にかけてとなります。ご応募いただいた順に、心をこめてご連絡させていただきます。
楽器や、スペシャルパッケージなど、郵送物についても、9月〜11月順次の発送となります。
ご依頼をいただいてから制作する楽器、音楽、映像などは、年内12月までにお届けの予定です。
ショーなどのイベントにつきましては、コロナウィルス感染拡大防止を最優先に、順次再開いたします。イベントプランにお申し込みいただいた方に、イベントスケジュールが決まり次第ご連絡させていただきます。レッスン、ワークショップ等にご参加希望の方にも、クラウドファンディング実施期間が終了した後の9月以降のご連絡となります。


最後に 

最後に、私達のスピリットを少しでも感じていただける動画をシェアさせて下さい。みなさまのご支援をお待ちしております。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。



本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください