《はじめに・ご挨拶》

初めまして!

ルルちゃんの家族の【SAORI】です。

ルルちゃんが家に来てくれたのが、2019年12月・ルルちゃんがまだ2ヶ月の頃でした。

生まれたばかりでひとりぼっちになり、保護猫になっていたところを私たちの元に来てくれることとなりました。

仲良しのココちゃん(キャバリア)と一緒にすくすくと育ってくれています。





《このプロジェクトで実現したいこと》

ルルちゃんを元気な姿に戻してあげたい!!!!


《プロジェクトをやろうと思った理由》

来てすぐの頃に猫風邪をひいており、すはぐに病院に連れて行き、完治しました!

それから何ヶ月も経って、元気がなかったので病院に連れていくと、子宮に水が溜まっていると言われ、すぐに避妊手術をしました。

その1週間後に経過観察の為に病院に行きましたが、特に異常なしと言われ、帰宅しました。

それから3日後に急に倒れてしまい立ち上がれなくなってしまいました。

急いで病院に連れて行くと、このFIP(猫伝染性腹膜炎)のドライタイプであると発覚しました。

ドライタイプは、内臓系が酷くやられてしまう慢性的な症状で、神経症状なども出てしまうとのことでした。

あとは抜糸をするだけ!というところでの発覚となり、なんでこんなことに...とパニックになりました。

飼い主としてありえないと思われると思いますが、ルルちゃんがこんなことになるまで、この病気のことを知りませんでした。

いつも通っている病院の先生には、この病気に効く薬はないと言われ、絶望していました。

なんでもっと早く気付いてあげられなかったのか?私に言っていたあのニャーはSOSだったのでは?と色んな事を考えて、涙が止まりませんでした。

今まで当たり前に出来ていたトイレやご飯、お水を飲むこともままならなくなり、相当なストレスや思うこともあるだろうと思い、そんなルルちゃんを見ると涙が勝手に出てきてしまいます。

痛い、痒い、しんどいなどの猫の言葉はわからないけれど、きっとものすごく苦しんでいたんだろうかと考えると何も出来なかった自分を恨んでいます。

でも、泣いていても何も変わらないと思い、色んなことを調べました。そこで出てきたのが【MUTIAN】という薬でした。

しかし日本ではまだ認証されておらず、尚且つかなりの高額な薬だということがわかりました。

でも目の前で一生懸命頑張ってくれている小さな命を見捨てることなんで出来ません。少しでも望みがあるのであればそれに掛けたいと思っています。

そこで、皆様にお力をお貸しいただければと思い、このプロジェクトを立ち上げました。

今まで辛く、大変な思いをしてきたルルちゃんを今度こそ幸せにしてあげたい!奇跡を起こしたい!という気持ちでいっぱいです。

このカゴに入るのが大好きで、立ち上がれなくなっても、このカゴに入れてほしい!ととてもか弱い声でニャーと言っていってくれます。

その横でいつも心配そうにココちゃんが見守っています。

こんな光景ではなく、2人とも元気で仲良く並んでいる日常にしてあげたいです。


《これまでの活動》

▷6月末に体調が良くなさそうだと思い、病院に連れて行くと、子宮に水が溜まっていると言われました。

▷7月4日に避妊手術を行いました。

▷7月11日、1週間が経ったので経過観察に行きましたが何事もなく終わりました。

▷7月14日夜、バタッと倒れてしまい、自力で起き上がる事が出来なくなりました。

▷7月15日の早朝、かかりつけの病院がお休みだった為、近くの病院にすぐに連れて行き、血液検査・点滴等をしました。

【2万2990円】

▷7月16日、かかりつけの病院に再度行き、血液検査・点滴・エコー・ビタミン剤・ステロイドなどの処置をしていただきました。

この時点でFIPのドライタイプで間違いないだろうと言われ、この病気に効く薬はないと言われました。

【2万2937円】

▷7月17日、長居動物病院(大阪)がこの病気に効くMUTIANという薬を取り扱っていることを知り、急いで駆けつけました。そこでMUTIANの注射を5本購入し、1本すぐに打っていただきました。

【5本→9万円】+【診察料・初診料→3500円】

FIP疑い〜発覚までの間で、【14万6337円】かかっています。

ここから更に投薬がはじまるとなれば、

ルルちゃんの場合 2.2kg、尚且つドライタイプなので

1日13200円×14日=18万4800円

更に体重が0.5kg増えると+1200円

どれくらいの体重増加があるのかわからないので、計算しずらいですが、0.5kg増えただけと考えても

1日14400円×70日=1,008,000円

ここに診察料1回大体(毎回の平均)15000×約15回(週1回と考えて投薬期間3ヶ月)=22万5000円

大体の合計=123万3000円

ここに更に交通費(自宅から長居までの電車賃)などが加算されますが、その分はもちろん自分で払わさせていただきますので、お薬や診察料などの金額の目標をCAMPFIREの手数料(17%)などを含めて【160万円】とさせていただきました。

《資金の使い道》

全額ルルちゃんの治療費に当てさせていただきます。

考えたくはありませんが、もし途中で不幸があった場合には全額殺処分ゼロを目指す団体様に寄付させていただきます。


《リターンについて》

うちにはキャバリアのココちゃんというお姉さんわんちゃんもおりますので、ココちゃんとルルちゃんのポストカード・ルルちゃんだけのポストカードと感謝の気持ちを込めたお手紙・ルルちゃんのブックマーク・ルルちゃんココちゃんのエコバッグ(取り外し可能なリボンと写真とお洒落な文字入り)などを考えています。


《実施スケジュール》

7月19日に4回目の注射を終え、7月20日に最後の注射を終えて、飲み薬に切り替わります。ここから84日間連続でお薬を飲んでもらいます。


《最後に》

生まれてすぐにひとりぼっちになり、お母さんの愛情も受けないまま保護猫になり、御縁があって私たちの元にやってきてくれて、心から可愛がっており、我が子のように育ててきました。

毎日ゴロゴロスリスリしてくれて、抱っこしないとニャー!と叫んでいました。

それなのにこんなことになってしまい、本当に自分を恨んで、悔やんで、何でこんなことになってしまったんだと涙が止まりません。出来るものなら変わってあげたいと毎日思っています。

それでも小さな体で一生懸命頑張ってくれているルルちゃんに奇跡を起こしてあげたい...その思いしかありません。

七夕の日に【ココちゃんとルルちゃんが長生きしますように】と短冊に書いたことを実現したい...。

今は自分1人の力ではどうすることも出来ませんので、大変恐縮ではありますが、皆さまのお力をお貸しいただければと思っております。


<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


※「ムチアン」は日本において動物医薬品として承認されていません。
ルルちゃんの飼い主として、個人的な自己責任と判断のうえでルルちゃんにとって投与が必要と考えていますが、
全てのFIPの猫に「ムチアン」が有効であるという趣旨ではありません。

  • 2020/11/26 13:46

    なかなか投稿しておらず、申し訳ございません!投薬しながらSNSをなるべく毎日あげるとゆう生活を3ヶ月送っていたので、完全燃焼と言いますか、SNSからかなり遠ざかっておりました...申し訳ございません(´;ω;`)ルルちゃんはあれから元気いっぱいで、毎日ゴロゴロスリスリ甘えん坊・走り回っておりま...

  • 2020/10/14 21:44

    更新できておらず、申し訳ございません!!10月8日に投薬が一旦終了しました!そして経過観察6日目になりましたが、ご飯もモリモリ食べて、元気に走り回っています!ただ、急に食欲が落ちたり、元気がなくなれば再度投薬になります...。このまま何事もなく終わるように祈ります...。皆様いつも本当にありが...

  • 2020/09/24 15:48

    ルルちゃんの為にご協力いただき、本当にありがとうございます(´;ω;`)直接ご支援いただいた方々も本当にありがとうございます(>_<)!!ここまでの治療費、薬代を再度計算しました!ここからまた血液検査などのお金も別でかかってくるので、かなり厳しい状況です...。考えたくはありません...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください