今年20周年!海一望の絶景と地元素材にこだわった小さな宿とレストラン「しいの木やま」

静岡県伊豆半島の南端、南伊豆町で一日2組限定の小さな宿と地元食材と手作りにこだわったレストラン『しいの木やま』を夫婦2人と愛猫みゃあ之介と営業しております。2000年4月に開業して今年で20年になりました。南伊豆の美しい海が一望できる絶景と素晴らしい自然に囲まれた中で日々 お客様をお迎えしております。

首都圏から3~4時間なのに自然がいっぱい

レストランとお部屋からは青い海が一望
看板メニュー「伊勢海老のパスタ」(期間限定 9月下旬から翌6月まで) 

レストランでは伊豆の美味しい魚介類やお肉、地元産の野菜を使い手作りにこだわったメニューを提供しております。中でも南伊豆特産の伊勢海老を使ったパスタは当店の看板メニューです。

自然の豊かさ・海の幸と山の幸食材が豊富・温暖な気候と温かい人柄が魅力的な南伊豆!!

学生時代から旅が好きでいつかは自分の宿をやりたいと思っていました。以前の仕事(宿泊関係)でたまたま住んだ南伊豆町の自然の美しさと食べ物の美味しさ、人の寛容さ、暖かさにこの町が大変気に入り、移住と開業を決意。この素敵な南伊豆をたくさんの旅行者に知っていただき、味わい楽しんで南伊豆ファンになっていただきたいと思い日々営業を続けております。

みんなに来ていただきたい!レストランも客室もバリアフリー
ペットも一緒に泊まれます!

美しい南伊豆の海岸線が眼下に広がる高台に2棟の客室コテージとフロント兼レストランがあります。周囲は椎の木や山桜などが茂る林で、たくさんの野鳥や野生動物が暮らしています。野鳥のサエズリで目を覚まし、キラキラと輝く海を眺めて時を過ごし、夕焼けの美しさに息を呑み、夜は満天の星空に感動する。そんな素敵な時間をお過ごしいただけます。

天然木を使用したコテージタイプタイプの客室

11月から2月は海に沈む夕日が絶景(客室コテージから)

地元の海の幸を使ったディナーも人気

お肉、野菜も出来るだけ地元産の食材を使っています    伊豆牛ほほ肉の赤ワイン煮込み

国産小麦粉を使った自家製のパンやデザートも人気です

リターンのご紹介
南伊豆を堪能していただけるリターンを用意

コロナ収束の際にぜひとも南伊豆にいらしていただきその魅力を堪能していただきたく当宿のご宿泊やレストランでご利用いただける利用券をリターンで用意いたします。また、お家で南伊豆の幸を楽しんでいただける当店オリジナルのパスタソースも用意しております。

コロナ収束の際にたくさんのお客様を持ちよくお迎えしたい!
痛んだレストラン建物の修復とお色直しに皆様のご支援をお願いいたします!

新型コロナウイルス感染拡大で全国の飲食店や宿泊施設様同様、私達の宿とレストランも大打撃を受けておりますが、リピーターのお客様や地域の皆様のご支援でなんとか営業を継続している状況です。 今年夏休み前に予定していた建物の修繕工事が資金不足で実施出来ず、お店の顔である正面の壁面の修復だけでもなんとか実現し、美しい景色と美味しい料理を楽しみにいらしてくださるお客様を気持ちよくお迎えしたいと思っております。どうかお力をお貸しください。目標が達成された際には、ご支援をいただいた皆様に「しいの木やま」にお越しいただき、この素晴らしい景色と美味しい料理を堪能していただきたいと思っております。

潮風と強い日差しで痛んでいるレストラン漆喰壁の補修と塗り直し工事を行って、美しい自然に溶け込んだ建物の綺麗な姿を取り戻し、気持ちよくお客様をお迎えしたい!

資金の使い道

レストラン及び宿泊コテージの外壁等の補修と塗り直し工事 (足場代を含む) 約70万円

リターン発送費他各種経費 約13万円

手数料 17万円

スケジュール 

2020年10月末 クラウドファンディング終了

2020年11月 工事発注 施工開始

2020年12月末 工事終了

2021年3月末まで 支援者へリターンの 発送

最後に

この度は「しいの木やまお色直しプロジェクト」について最後までご熟読いただきましてありがとうございました。プロジェクト完遂の際には綺麗になった建物で、ご支援いただいた皆さまを笑顔で心よりおもてなしさせていただきたいと思っております。どうぞよろしくお願い申しあげます。

しいの木やま オーナー 鈴木 功  鈴木 道子

415-0531静岡県賀茂郡南伊豆町伊浜2222-2

TEL 0558-67-2111(9:00~21:00)

FAX 0558-67-2112

mokuji@i-younet.ne.jp

http://www4.i-younet.ne.jp/~mokuji/

https://www.facebook.com/shiinokiyama1248/?ref=bookmarks


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください