はじめに・ご挨拶

鹿児島市真砂町で

週末販売とオーダーの小さなケーキ屋をしている諏訪脇知聡(すわわきちさと)です。

昨年11月、小さな子どもを子育てしながらでも運営可能な小さな小さな規模でケーキ屋をオープンしました。

お店が作られた背景

「結婚したら、子どもがいたら、女性の人生は諦めなければならない事が多いのは納得が出来ない。」と感じていた私はどうしても自分の得意なことを仕事にしていたかったのです。

子育てを軸に自分らしく働く為に、sweets house CHISA をオープンしました。


子育てとの両立を軸にした為に上がらない生産性

子育てしながらでも運営可能な出来る限り小さな規模で開業した為、厨房設備にはこだわりを持ちませんでした。

「冷蔵庫も冷えれば良い。」

オーブンも焼けるならなんでも良い。」

「営業許可が取れるならそれで良い。」

子持ちの主婦がお店を持てるならそれ以上の贅沢な設備は望まない。

パティシエとしての経験が浅い私にどれだけのお客様が来てくださるのか、全く分からなかったので、

初期費用をなるべく抑え、ランニングコストを出来る限り抑えたお店づくりをしました。


有難いことに、オーダーご依頼も増え、常連のお客様も増え、生産性の限界に悩み始めていました。

そこで少しでも生産性を上げる為にやった事は…

娘の保育園の入園

他所のケーキ屋さんにはあるプレハブ冷凍庫も急速冷凍庫もないので、こまめに冷蔵庫の在庫管理、清掃。

動線を見直し厨房内の配置換えをしたり棚を増設。

など…

生産性が上がるのでは?と思った事はなんでもやりました!


去年の生産数では足りないと言える根拠!

sweets house CHISA の初めてのクリスマスはオープン1ヶ月後にやってきました!

当時のオフィシャルLINEのご登録数は

およそ60名!

その中から45名ほどの方にクリスマスケーキのご予約をいただきました。

クリスマス期間中は店頭販売分で30台ほどのケーキと、カットケーキを約250個販売する事が出来ました。

そして!

おかげさまで現在のオフィシャルLINEのご登録数は612名!

およそ10倍!の方にご登録いただいています。(9月7日現在)


そうなると、去年の10倍の会員数ということになります。

会員様の30%の方にご予約いただけたとして・クリスマスケーキの予想受注数200台

・店頭販売予想売上台数  60台

合計 260台

とても今のオーブンでは間に合いそうにありません…

私の予想を更に上回るとご予約をお断りする数の方が多いかもしれません。


一般的なお菓子屋さんではこのようなオーブンが使われています。


スポンジが一気に20〜30台くらい焼けちゃいます!


私が使用しているオーブンは↓



1回に焼くのに2台…。

普通のパティスリーの20分の1ですね…


普段はこのオーブンで十分頑張れるのですが

クリスマスはとても(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

そこで、ひと回りほどの大きいオーブンの購入を考えています。


なぜ、またクラウドファンディングなのか。

設備投資の為の追加融資というのが普通の経営者さんの選ぶ方法だという事は理解しています。

しかし、追加融資をしてしまうと確実に上がってしまうランニングコスト。

子育てをしながらの私には毎月の支払いに加え1〜2万円でも返済が増えるのはものすごい負担が大きいのです。

その為、またクラウドファンディングに挑戦することにしました。


資金の使い道・スケジュール


キャンプファイヤ手数料17%  85000円

オーブン購入費      352000円

搬入費           50000円

その他の費用は、鉄板など雑費購入に充てます。不足分は自己資金で購入します。

 

↑タイミングさえ合えばこちらを購入したいと思っています!


9月27日 クラウドファンディング終了

10月下旬頃 支援金の入金

11月上旬  オーブン購入


最後に

育児をしながらやっているお店を理解をしてくださる優しいお客様に恵まれてなんとか運営出来ています。

本当にありがとうございます。



今回はAll-or-Nothing方式を利用しています。

目標金額に達しなかった場合はsweets houseCHISA にクリスマスケーキ需要が少ないと判断し、去年と同じ生産数でやろうと考えています。

しかし!目標達成します!

なぜならオフィシャルLINEにご登録頂いているお客様600名!

1000円ずつご支援いただければ60万円!

皆さんのお力をお貸しください!

よろしくお願いします!


  • 2020/09/16 19:23

    早速ご支援くださった48名の皆様ありがとうございます。ご支援くださった方の中にはお会いしたり、連絡を取ったりしている方が何名かいらっしゃってその方達は「私も一応支援したんだけど?なんか言うことないの?」みたいなアピールをしてくださいます^ ^ありがとうございます♡もちろん、支援がある度に感謝の...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください