全て手作り!農園リゾートを20代の若者の手で作るプロジェクト北九州に新たな観光地を作り人々で賑わう農園を作りたい!!

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめまして!北九州市に生まれ、やんちゃ時代を北九州で過ごし、北九州をこよなく愛する男

♯093をなくすな協議委員会委員長の小清水丈也26歳です。

職業は小倉北区下到津のあいカフェで店長をしています。





このプロジェクトで実現したいこと

北九州に新しい観光地

農園リゾートを作りたい!


♯093をなくすな!Instagram



野菜を採る作るだけの農園ではなく、音楽好きが集まる農園フェスやコンテナキッチン日替わり飲食店

結婚式をやったり、ガゼボでの青空カルチャースクール、BBQスポットや先々ではリモートワークが出来るコンテナオフィスやキャンプ場も計画しています。


子どもから年配の方まで自然の中で半日遊びながら、太陽や土や風を感じることができるスポットを

全員が会社員の20代だけですべて手作りで作り上げて行きます。


場所は福岡県北九州市若松区にあるアグリゾート農園内。

アグリゾート農園Instagram







私たちの地域のご紹介


僕たちが生まれて現在住んでいる北九州市は福岡県の北部に位置した

九州最北端の都市です。

九州の玄関口として栄えた歴史を持ち都道府県庁所在地以外では初の政令指定都市として

誕生した誇り高き街です。



※写真は北九州市の公式HPよりお借りしています。



1901年に操業を開始した八幡製鉄所を契機として鉄鋼・化学・電機などの

重化学工業が北九州市の経済をリードしてきました。


※Wikipediaより写真をお借りしています。




プロジェクトを立ち上げた背景

ですが、そんな誇り高い北九州も

今では、、、、


僕たちと同世代の若者たちは

東京や大阪、博多などの都会に流出し少子高齢化問題はますます深刻になっています。

都会に行き人生を謳歌している同世代を羨ましくも思い

いつか何かをやりたいという気持ちはあるが

特に何かに燃えている訳でもない自分。。。


そんなモヤモヤした心が一気に晴れたのは

僕が店長として働いている「あいカフェ」で開かれていた会議にきていた

奈緒さんの一言でした。


「自分たちの手で北九州を盛り上げたら?」

「いい技術持っているじゃない!

それに君たちはすでに無意識やっているよ。気が付いていないの?」


奈緒さんのInstagram

奈緒さんのブログ




奈緒さんと話していたら

ハンマーで頭を殴られたような衝撃が走りました。



そうか!!!


出来るかもしれない!!!



都会に行かずとも

ここ!地元にずっと住みたくなるような魅力ある街を作りたい!

若い人たちが他の地区から移住して来たくなるような街を作りたい!


熱い思いがみなぎってきたのを今でもはっきりと覚えています。




遊び仲間とノリで作ったお揃いのつなぎ




みんなでBBQやったり花火をしたりして

地元の仲間で作った遊びのグループ

どうせなら名前を付けよう!と1年前に付けたチーム名


その名は

【Homey's093】


僕たちのホームである北九州

093とは北九州のエリアナンバー

市外局番のこと。


僕たちの想いはこのチーム名にギュッと詰まっていたのです。


よく考えるとメンバーの中には

技術を持ったヤツがたくさんいたんです。

これまで意識はしていなかったけれど


デザインが得意なキョウスケ。

センスある絵を描くヒロキ。



キャンプギア系を作るカッちゃんは将来キャンプ用品ブランドを立ち上げるのが夢です。




これはキョウスケが作ったステッカー。

北九州の人なら知っている国道199号は、福岡県北九州市門司区~八幡西区に至る一般道です。



もっともっと

北九州の知名度を上げたいよな!!


いつしか僕たちの会話は遊びネタよりも北九州のことばかり!

【♯093をなくすな!協議委員会】 を立ち上げて各自の仕事が終わったあとに

毎日のように集合しては会議を行っています。

クラウドファンディングで支援して頂くということは責任が伴うことでもあるので

真剣に真剣に進めていっています!


北九州の新しい観光地のビジョン

みんなが訪れたくなるような北九州の街作り


決意してからのこの数が月はこれまで生きてきた中で

一番!生きている!!という実感に溢れています。




将来は

アウトドア系に限らず、それぞれの強みをいかして一緒に北九州を盛り上げる

20代メンバーをもっと増やしていきたいと思っています。






資金の使い道

リゾート計画は北九州市若松区にある

管理人の小村さんのご厚意でアグリゾート農園の中に決定しています。


今回のクラウドファンディングで支援して頂いた資金の使い道は

・キッチンコンテナ2台連結

・屋外イベント広場整備(ガゼボ)

・看板、専用ロッカー

・コンテナ事業、水道設備、電気設備

などの他

キャンプファイヤーへの手数料に充てていきたいと思います。






実施スケジュール

毎年夏に開催される北九州を代表する祭りの

【わっしょい百万夏まつり】

子どもの頃から慣れ親しんだ夏の風物詩はコロナウィルスの影響で

今年は中止。

中止などこれまでになかったことです。



※写真はお借りしています。



コロナウィルスは本当に

いろんなモノを奪っていきます。


こんなときだからこそ若い自分たちが盛り上げて行かなければ!


気持ちの中では

中止となったわっしょい百万夏まつりの代わりと思って張り切っています!

クラウドファンディング開始日は祭りと同時期に合わせて以下の予定で取り組んでいきたいと思っています。



クラウドファンディング実施:8/1~8/31

支援者へのリターン準備       :9月初旬 

リターン品を順次配送   :10月初旬~11月末




応援メッセージ①


■アグテック北九州株式会社

福岡県北九州市小倉北区井堀1-25-3

■代表取締役 豊饒誓司様



高齢化、人口減少、コロナ渦で低迷する北九州市。これを打破し、街に活気を取り戻す為の起爆剤。それが新たな観光地作りです。

老若男女が楽しめる「農園リゾート」の建設は素晴らしい計画です。

若い皆さんの力で必ず完成させて下さい。応援しています。




応援メッセージ②


■アグリゾート農園

福岡県北九州市若松区安屋53

■農園管理人 小村奏秀様


彼らと初めて農園であった時、パッと見は〝最近の若い子たち〟だなと思いました。

ですが、彼らと語らううちに、その内側にある〝芯〟のようなものが見えてきたのです。

「地元の同世代の多くは、北九州を離れてしまうんです。僕ら世代が、逆に北九州に集まってくる…そんな魅力的な街にしたいです!」


そんな言葉を聞いた僕は、

「遺伝子って確実に進化しているんだな〜」と思いました。


だって、彼らの歳のころの僕は、自分のことばかりで、そんなことなんて考えもしなかった。笑


彼らの活動のスタートが、新しい価値をもつ農業や、その活性化に繋がることをとても嬉しく、そして誇らしく思います。


アグリゾート農園は、彼らが想い描く未来を、惜しみなく応援します!




最後に

僕らが立ち上げた【♯093をなくすな!協議委員会】

気づかせてくれた奈緒さんや挑戦の場所として農園を提供してくださったコムさんこと小村さん

温かい応援メッセージを頂いた豊饒氏。


たくさんの人の目に留まることが出来るのもキャンプファイヤーがあってこそです。


最後まで読んでくださった皆様。

北九州にたくさんの人が足を運んでくれるような新たな観光地を作っていきたいと思います!


応援をよろしくお願いいたします!!



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください