はじめに・ご挨拶

明治大学 Big Sounds Society Orchestra(通称BS)は、明治大学軽音楽クラブ内のビッグバンド(※)として1961年に活動を始めた明治大学の公認サークルです。現在は軽音楽部から独立し、部員約60名で活動しています。
※ビッグバンド・ジャズとは、サックス・トランペット・トロンボーン・ベース・ギター・ピアノ・ドラムのフルバンドで構成され、計17名前後で演奏するジャズのことをいいます。

主な実績としましては、毎年8月に開催される学生ビッグバンドの全国大会である山野ビッグバンド・ジャズ・コンテストにて最優秀賞8回・優秀賞8回・他入賞多数・ソリスト賞をはじめ、多くのコンテストでの受賞経歴があります。また、国内・海外演奏旅行や有名海外アーティストとの共演を果たしており、日本を代表するジャズアルト奏者の近藤和彦氏など多くのプロミュージシャンも輩出しております。

2019年開催 第50回山野ビッグバンド・ジャズ・コンテスト
第4位さいたま市長賞・最優秀ソリスト賞受賞

コロナ禍により対面での活動ができない中、リモートでの合奏にも挑戦しました。


本プロジェクト実施理由

我々BSは2020年3月7日に第46回リサイタル開催を予定しておりましたが、新型コロナウィルス感染症の影響による大学の中止要請を受け、無観客での開催となりました。
リサイタルの入場料に見込まれていた収益がなくなったことに加え、例年演奏依頼をいただいているイベントも今後の予定を含め相次いで中止になっていることで、今年度リサイタルの開催費用や、その他活動資金として見込んでいた収益に損失が発生しております。
そこで、皆様にご支援いただくことでこれらの損失を補い、今後も活動継続していくことを目指しております。

これまでの活動

昨年度のBSの主な活動をご紹介致します。

4月:Jazz Auditoria
5月:第19回 おおもりジャズ

8月:第50回 山野ビッグバンド・ジャズ・コンテスト
9月:金沢 JAZZ STREET 2019
10月:Steven Feifke氏 共演ライブ12月:OTA JAZZ CONCERT 2019   など

その他にも、様々な演奏の機会を頂いております。

資金の使い道

頂いた資金は、新型コロナウイルス感染症の影響による損失の補填として、2020年度の活動における楽譜購入費用・遠征費用・ライブハウスレンタル費用などの活動資金にさせていただきます。

リターンについて

ご支援いただいた皆様には、リターンとして無観客開催となった第46回リサイタル音源及びパンフレットデータ・次回リサイタル音源(※)をご用意しております。
次回リサイタルを予定の2021年3月に開催できなかった場合、代替のライブ音源をご用意いたします。

第46回リサイタルの音源及びパンフレットデータは、クラウドファンディング募集期間が終了次第(2020年10月以降)、ご支援の際に頂いたメールアドレスへ順次お送りいたします。次回リサイタル(または代替ライブ)音源につきましては、リサイタル開催予定である2021年3月以降のお渡しとなります。

●ご支援していただく際、リターンに設定された金額とは別に“上乗せ支援”をしていただくことができます。皆様のお気持ちを上乗せしていただけますと大変嬉しく存じます。

おわりに

我々BSSOは、新型コロナウイルスの影響による困難な状況を乗り越え、今後も応援してくださる皆様へ最高の音楽をお届けできるよう努力してまいります。また、我々の音楽を新たな形でお届けする挑戦もしておりますので、今後の活動にご期待ください。
皆様の温かなご支援お待ちしております。

●本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください