はじめに・ご挨拶


はじめまして、Chloe kidsと申します。

初めてのプロジェクトとなります。

5才のチワワ(女の子)【くーちゃん】気管虚脱という病気を患っています。

くーちゃんの病状は「グレード3.5」で、下の写真のとおり気道が潰れ、呼吸がうまくできない状況にあります。非常に苦しく、特に夜から明け方にかけて、ゼェゼェ‥と眠れない日も少なくありません。

この潰れた気道が元に戻ることはなく、助かるためには日本で数少ない外的手術を行える獣医師さんがいらっしゃる動物病院で、「PLLP法」という手法の手術を受ける必要があるのですが・・・


費用が非常に高額で、驚きを隠せませんでした。


手術費用:90万円

保険で最大14万円までが適用となりますが、70万円以上の治療費(90万円ー14万円)がかかります。上記画像は、手術の説明を聞いた際の診療時の明細書となります。


獣医師からは、

外的手術を施す以外、病状が回復することはない。このまま放置していると呼吸困難による窒息死の可能性が高い

と告げられました。さらには、小型犬で吠える子の場合、手術後に吠えることで症状が悪化する可能性があるため、声帯も切除したほうが良いと勧められました。その費用も含め、通常の施術よりもさらに金額が高くなっているようです。


娘と愕然とし、どうしようもない悲しみに襲われました。


ただ、こうして考え悩んでいる間にもくーちゃんが辛い状態なのは変わらず、むしろ悪化していくことしかないのであれば、私にできることは一つしかない、と決意しました。


もう一度、元気なくーちゃんに。


その思いを胸に、藁をもすがる気持ちでクラウドファンディングで皆様のお力をお借りしたいと思い、プロジェクトに参加させて頂きました。

踏み出すにあたり、同じ難病に立ち向かうワンちゃんの飼い主さんの記事を読み、勇気をもらいました。優しいお言葉もいただき、今このプロジェクトに参加しています。


大変心苦しい気持ちでいっぱいですが、何卒力を貸してください。



<気管虚脱とは>

※お医者さまの記事を抜粋させて頂いております。


気管虚脱は、空気の通り道である気管が途中で潰れてしまい、呼吸ができなくなってしまう病気です。ヨークシャーテリア、ポメラニアン、チワワ、そしてトイ・プードルなどの小型犬でよく見られますが、ラブラドールレトリバーや柴犬などにも多く、それ以外の犬種でもみられる病気です。

発症年齢も、若齢から高齢まで様々です。ヨークシャーテリアやポメラニアンなどの好発犬種では若いうちから発症することがあります。本当に早い子では、生後6か月で気管虚脱の症状が出ることもあります。

気管虚脱は、気管の狭窄の度合により4段階に分類されます。一番症状の軽い「グレード1」では25%以下の気管の狭窄、最も進行している「グレード4」では75%以上の狭窄となります。

虚脱の初期病変は、90%以上が頚部気管で、進行するにしたがい胸部気管、さらには気管支へと潰れる範囲が広がっていきます。

グレード4になるまで無症状の子もいますし、グレード1から症状が出る子もいます。症状としては、軽い咳から始まり、嘔吐をするような動作や「ゼーゼー」とした呼吸音、末期ではチアノーゼや呼吸困難も現れます。

初期の症状では、喉に何か詰まったような咳(空咳)や、水を飲んだ時にむせるような仕草などが特徴的です。ですから、咳と気づかないことが多い。進行に伴い徐々にその回数が多くなり、また一度の咳が長く続くようになってきます。
そして、いよいよ重度になると、毎日のように咳が出て、なかなか止まらなくなります。また、速い呼吸が続くと、ガチョウが鳴くような「ガーガー」といった咳や呼吸が出ることがあります。いわゆる「ガチョウ鳴き様発咳(Honking chogh)」です。これだけを聞いても気管虚脱とわかるような特徴的な音です。
また、この時期になると、いよいよ気管が狭くなり、呼吸困難も発現します。「ヒューヒュー」「ゼーゼー」といった喘鳴音が聞こえ、チアノーゼの発現もあります。梅雨や夏場に症状が出やすくなりますが、季節の変わり目や乾燥しすぎている場合にも出やすいようです。
さらに、気管虚脱には、潜行性かつ進行性という、”もう一つの顔”があります。グレードの進行に伴い症状が的確に進行する場合もありますが、ほとんど症状がないままグレード4まで進行し、手術さえ手遅れになる、というケースも時々みられるのです。そのようなケースでも、飼い主さんによくよく聞くと、「そう言えば昔に軽い咳が出ていることがあった」ということが見受けられます。
だからこそ、軽い咳や、ちょっとした空咳でも、ちゃんと診察を受けた方が良いのです。
気管虚脱の原因については、まだ解明されていないことが沢山あります。はっきりとした原因は不明ですが、軟骨細胞や軟骨気質の変化が解明されていて、遺伝的な要素や軟骨異常などが関連しているものと思われます。


このプロジェクトで実現したいこと

気管虚脱の手術費用としてご支援いただき資金の目処が立ちましたら、くーちゃんにPLLP手術を受けさせてあげて、その命を救いたいです。


プロジェクトをやろうと思った理由

難病「気管虚脱」の宣告をされ、唯一助ける手段である「PLLP法」による手術をしなければ、やがて死に至る可能性が高いことにショックを受けました。そして、その治療費が高額であり、娘と泣きながら、話し合い、なにか方法はないかと色々と調べて、同じ病気で苦しむワンちゃんその飼い主さんの記事から、このクラウドファンディングに出会いました。

みなさまのお力に甘えさせていただくことは、本当に心苦しく申し訳ない気持ちでいっぱいですが、なんとかくーちゃんを助けて頂きたく。

何卒よろしくお願いいたします。


これまでの活動

今回が初めてのプロジェクト参加となります。


資金の使い道

手術費用、入院費用、投薬費用等、すべてくーちゃんの治療に使用させて頂きます。

治療状況の活動報告は随時、しっかりと行ってまいりますので何卒宜しくお願い申し上げます。


リターン

500円

 心から感謝の気持ちを込めた御礼メール・かわいい画像1枚


1,000円

 心から感謝の気持ちを込めた御礼メール・かわいい画像2枚


2,000円

 ・心から感謝の気持ちを込めた御礼メール

 ・かわいい画像1枚

 ・可愛いワンちゃんポストカード1枚


3,000円

 ・心から感謝の気持ちを込めた御礼メール

 ・かわいい画像1枚

 ・可愛いワンちゃんポストカード2枚


4,000円

 ・心から感謝の気持ちを込めた御礼メール

 ・かわいい画像1枚

 ・可愛いワンちゃんポストカード2枚

 ・可愛いワンチャンのシール1枚


5,000円

 ・心から感謝の気持ちを込めた御礼メール

 ・かわいい画像1枚

 ・【世界にひとつだけ:名入れ】オリジナルマスクケース(男女選べます)1枚


10,000円

 ・心から感謝の気持ちを込めた御礼メール

 ・かわいい画像1枚

 ・【世界にひとつだけ:名入れ】オリジナルマスクケース(男女選べます)1枚

 ・【世界にひとつだけ】SNS用アイコン等にも使える「似顔絵(横顔)」の製作 1点

   ※電子ファイルで提供いたします。


20,000円

 ・心から感謝の気持ちを込めた御礼メール

 ・かわいい画像1枚

 ・【世界にひとつだけ:名入れ】オリジナルマスクケース(男女選べます)2枚

 ・【世界にひとつだけ】SNS用アイコン等にも使える「似顔絵(横顔)」の製作 1点

   ※電子ファイルで提供いたします。


【世界にひとつだけ!SNS用アイコン等にも使える「似顔絵(横顔)」の製作】

 横顔のお写真(ご本人のものではなく、ご家族や友人、もちろんワンちゃんでもOKです)を送っていただければ、LINEやTwitter等でもお使いいただけるおしゃれな似顔絵のアイコン画像を製作します。

 もちろん1枚1枚手書きで製作いたします。下の画像のようにお名前も入れさせていただきます!

 ※基本モノクロとなりますが、一部水彩で色を挿れる時もあります。

 ※3000 × 3000(px) 350dpi のサイズ・品質で製作します。


 【サンプル①:男性】


【サンプル②:女性】



【世界にひとつだけ!オリジナルマスクケース(ケースの右下あたりにネームを入れさせて頂きます)】

 男性用・女性用がお選びいただけます。

 ※マスクは入っていません。

 ↓こちらは女性用のイメージとなります。(生地の在庫等によりデザインは変更する場合があります)



実施スケジュール

8月3日 (月)クラウドファンディング開始
8月11日(火)入院・手術
8月14日(金)退院〜通院開始
8月14日(金)同日、クラウドファンディング終了


最後に

この文章を打っている今も、くーちゃんは声にならない声で、苦しんでいます。

なにもできない私は本当に無力です。


いますぐにでも、助けてあげたい。

だっこしてぎゅーってして、じゃれあいたい。


この「気管虚脱」という難病に負けないことを、くーちゃんの命を助けることで、

同じ病気で苦しんでいるワンちゃんや、これからかかってしまうかもしれない未来のワンちゃん、飼い主さんにも伝えたいと思います。


【生後5ヶ月のくーちゃんです】


皆さまのお力添えを。

何卒お貸し頂けますよう宜しくお願い申し上げます。



本プロジェクトはAll-in方式で実施します。

目標金額に満たない場合も、計画を実行し、ご参加頂いた皆さま全員にリターンをお届けします


  • 2020/08/14 22:56

    かゆいの。痛いの。気になるの。眠れないの。んん。さすって楽になってくれてるならいつまでも、無限にさすさすするよ。くーちゃん。痛々しいけど、それでもくーちゃんは頑張ってくれてます。毎秒、毎分、毎時間、同じ表情はないくらい。私も全身全霊一緒にいるからね。

  • 2020/08/14 21:32

    くーちゃん、起きました。やっぱり気になるみたい。痕が。抜糸したら気にならなくなるのかな...。大丈夫かな...。なんだか咳き込んだりと。一つの吠えや咳がきっかけで、どうなるかわからないのが怖い。ゆっくりねんねさせてあげたいのですが。あと3時間ほどで、このプロジェクトも終わります。最後までみなさ...

  • 2020/08/14 12:36

    くーちゃん。手術直後の様子です↓今は家で静かに呼吸してます。外にももちろん行けないし、浅い呼吸で頑張ってます。手術痕が痛そうで辛いです。投薬と、通院、来週は抜糸苦難もありますが、みなさまのご支援お言葉を励みに、くーちゃんと一緒に頑張ります。本当にありがとうございます。最後まで投稿とご報告、そし...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください