はじめに・ご挨拶

皆さま、こんにちは! 岡山県 湯原温泉で毎年8月はんざき大明神伝説にちなんだ“はんざき祭り” を開催している、はんざき祭り実行委員会です。 この度、CAMPFIREを通じて皆様に御協力をいただきたく、このプロジェクトを立ち上げました。よろしくお願い致します!


このプロジェクトで実現したいこと

今年の第59回はんざき祭りは、新型コロナ感染症拡大防止のため、やむなく開催を中止としました。昭和の中頃より地域の一大夏祭りとして始まり、現在につながっています。

はんざき祭りは、はんざき山車を先頭に、はんざき模様の揃いの浴衣で道中ばやし踊り連が温泉街を練り歩きます。また、お祭りの50回記念として、“はんざきねぶた”も制作し、更にはんざきの里としてふさわしい地域を目指し、祭りを守り続けています。 その中のシンボルの一つ“はんざき山車”は、伝説に登場する大はんざきにちなんだものです。身の丈3丈6尺(約10m)、胴回り1丈8尺(約5m)もあったそうで、祭りの山車もそれを模して作られています。初期の頃は竹で骨組みを作り、布で巻き、色つけをして手作りで作っていました。その山車も年々形を変え、平成の始め現在の山車となりました。 今年59回目となる“はんざき祭り”ですが、山車の経年劣化は著しく、本体が傷み 触れる度に剥げ落ちるなど、早急な修繕が必要な状態です。オオサンショウウオの山車を引き回す祭りは、他に無くとてもめずらしいもので、年々訪れる方が増えています。伝統あるはんざき祭りを次世代につなげる為、山車の修繕は急務となっています。私たちは祭りを開催することによって、はんざき保護にもつながると信じています。はんざきファン・はんざき祭りファンの皆様、是非お力添えをよろしくお願いします。


私たちの地域のご紹介

はんざきとの共生を目指す湯原温泉は、百万年前より湧き出る、露天風呂番付において「西の横綱」と称される泉質自慢の温泉地です。全国的にも珍しい、加水加温なしで気持ちよく入れる奇跡の湯です。 アルカリ性単純温泉で無色無臭の泉質は、古来から万客に好まれており、宿場町として古くから栄えてまいりました。 今は、社会での日々の疲れを癒す、田舎特有のゆったりとした時間を過ごせる癒しの温泉地としてご好評をいただいております。 その様な温泉街の中、人が生活してるエリアに自然に“はんざき”が住んでいるということで生息地として天然記念物の指定を受けている地域でもあり、特別な珍しいエリアです。 はんざきは夜行性の為、普段川の中に住んでいる姿は、なかなか目にすることは難しいですが、日本で初めてはんざきの研究がされた施設の名残である、オオサンショウウオ保護センター(はんざきセンター)では身近に“はんざき”を見ることができ、人気のスポットとなっています。 “はんざき”は半分に裂かれても生きていると言い伝えもあり、長寿のシンボルとしても親しまれています。約2億年前から姿、形も変えず生き抜いてきているということで生命力の強さ、神秘的パワーの持ち主としても崇められています。 そんな言い伝えとは裏腹に、大きな姿でゆっくりと動く様子はキモカワでチャームポイントの小さな目と丸い手足の指はなんともいえず可愛いと人気のポイントです。 町のいたるところで、はんざきのモニュメントや、看板を目にすることもでき、はんざきとの関わりの深さを感じられると思います。


プロジェクトを立ち上げた背景

はんざき祭り事業費の多くは、寄付金により実施してまいりました。しかし、今年は開催を中止と決めたため寄付金もありません。

伝統あるはんざき祭りを次世代につなげていくため、そして祭りを楽しみにお越し下さる皆さまのためにも、傷みが目立つ“大はんざきの山車”を修繕したいと思い、プロジェクトを立ち上げました。


これまでの活動

はんざきの聖地ともいわれるここ湯原温泉は、清流に恵まれ多くのはんざきが暮らす環境でした。しかし、環境の変化や近年の度重なる水害により、多くのはんざきが流失するなど、危機的状況となりつつあります。そこで昨年 湯原温泉では専門家と協働で生息巣穴も新設し、はんざきが戻ってくるのを見守っているところです。

私たちは、単に祭りを開催するのみでなく、はんざきの里 湯原としてふさわしい地域を目指しています。


資金の使い道・実施スケジュール

ご協力いただいて集まった支援金は、はんざき祭り事業費として、山車の修繕を始め祭り実施のために大切に使わせて頂きます。


リターンのご紹介

ご協力いただいた額に応じて「湯原温泉利用券」などをご準備しております。(支援金額により、内容が異なります。)

湯原温泉へお越しの際には、良質の温泉と、はんざきの里をお楽しみ下さいませ。



最後に

皆様同様に大変な折り、非常に心苦しいお願いではございますが、はんざきの里 湯原温泉ではんざきが変わらず生き続け、そして皆の楽しみのはんざき祭りがこれからも変わらず開催出来ますよう、どうか、みなさまのお力添えをよろしくお願いいたします!!


湯原温泉 はんざき祭り実行委員会一同

(一般社団法人湯原観光協会内)

TEL 0867-62-2526



<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください