プロジェクト本文

都内の大学にいるダイヤの原石(シンデレラ)を輝かせて
前向きな成長を踏み出すための後押しをする新感覚のファッションイベント
「キャンパス シンデレラ コレクション」

「キャンパス シンデレラ コレクション」公式ウェブサイト
http://ccc-0729.com/

ccc_main

早稲田、慶應、明治、理科大、国学院の5大学からダイヤの原石(シンデレラ)を見つけ出し
ヘアメイク×ファッションで別人のように変身させ
そこからネット上で投票を行い、選ばれし10名がメインとなるファッションショーを開催します。

7/29(日)代官山ラ・フェンテ B1フォトスタジオにて
『キャンパス シンデレラ コレクション』開催。

(一部)15:00~17:00 ファッションショーと投票
(二部)18:00~20:00 結果発表とパーティ


ccc_01
http://ccc-0729.com/

■始まりは一般のOLが駆け足でスタートさせた

前代未聞の新サービス「シンデレラプランニング」

ccc_02

2011年秋、ファッション×ヘアメイクによるビフォーアフターで女性を変身させるサービス
「シンデレラプランニング」がスタートしました。

スタイリストがショッピングに同行して、女の子のなりたいイメージを基に「体型」や「肌や瞳の色」などの相性を加味したコーディネートを提案します。
次にヘアメイクが女の子の手持ちのコスメから顔立ちを基にアドバイスをしながらメイクをして、「短くしてみたい。」「染めてみたい。」そんな要望を試すためにウィッグのカットやヘアアレンジも行なっています。
そして、1日でまるで別人のように変身した姿を写真に残すまでを1つのパッケージとして提供しています。

ccc_03

“モデルや芸能人の美しさや可愛さは自分と違いすぎて手が届かない。
だけど、可愛らしいヘアメイクと似合うファッションに身を包んで嬉しそうな笑顔で写っているその子は「私」自身。
その日、プロに教わったコーディネートやメイク方法を思い出して明日から再現すれば、普段の私より3割増し可愛くなれる!”

「自分は変わることができる。」
「今よりちょっと頑張れば、これからどんどんキレイになっていける。」
そんな体感をすることで前向きな気持ちがもてるようになったら

少しだけ自分を好きになれる気がしませんか?
普段、続かないダイエットも続けられそうな期待がもてませんか?

ccc_04

ccc_05

シンデレラプランニングでは専門的に学んだプロがファッションやメイクを通して
女の子が「自分」を今よりさらに好きになるための後押しをしています。


■従来の雑誌やTV、ネットというメディアから一方的に与えられる大衆に向けた美容のノウハウでは生まれない価値

肩幅が広い、顔立ちがキツい。足が太い。
みんなコンプレックスがあります。
でもコンプレックスって見方を変えたら、その人の持つ「個性」

個性を隠したり、否定するのではなく受け入れるためのテクニックが分かったら
その後の人生がすごく楽しくなります。
女の人はどんなに歳を重ねても、キレイでいたいもの。
キレイでいることが元気に繋がる不思議な生き物。

だから、自分の見た目をどうか嫌わないでほしい。
長く付き合っていく自分の姿形を好きになる方法を一緒に探したい。

そんな想いと、その想いに賛同してくれたキャストたちの力を借りて
まだない市場を一緒に作りあげていこうと生み出しました。
http://www.cinderella-planning.com

しかしながら、市場のないこのサービスは、その価値を伝えることが非常に難しいのが現状です。

ショップ店員との違いは?
コスメカウンターでのメイクアップの違いは?

実際に受けてもらえれば既存の無料で受けられるサービスと違うことは分かっていただけます。
「その人の体型や顔立ちを活かす提案」に専門性がなければ、感動には繋がりません。

アパレルの賞品やコスメを売る目的のアドバイスと
目の前のゲストをどうすればより魅力的に変身させられるかを考えたアドバイスは
得られる結果が全く違います。

けれど、その結果が違うことすら実際の体験者が少ない状況では伝わりづらいことも事実です。
そんな中で今回、キャンパスシンデレラコレクションという企画が生まれました。


■「ファッションショーには女の子を輝かせる力がある。」というある大学生の体験がキッカケに

キャンパスシンデレラコレクションはファッションショーやミスコンに参加することで女の子自身が自ら輝くというエピソードを実際に体感した学生の話から生まれました。

話の内容はこうでした。

学生自らが主催したファッションショーに、それまでファッションショーと無縁だった子に出てもらったことがあり、彼女はファッションやメイクに無頓着で、ファッションショーなんて自分には合わない、と最初は否定的だったそうです。

そこをなんとか説得した結果、実際にファッションショーに出ると決まってから、その子の行動が変わったそうです。
メイクをするようになって、ファッションについても興味を持つようになった。
そして、ファッションショー当日が近づくごとにどんどん変わっていったというのです。

ショー当日にはまるで別人と見間違えるほどキラキラして可愛かった!と学生さんはその姿を思い出すように語っていました。 (実際、ショーで彼女は特別賞をもらったそうです。)

その夜、彼女から長文のメールが届いたそうです。
「私にキッカケを与えてくれてありがとう」ファッションショーに出ることを誘ってくれたおかげで、私は自分が好きになれた。と。

ファッションショーというキッカケを作ったことで、女の子がキラキラと輝いたこと
その瞬間に立会い、感動をわかちあうことが出来たことが凄く嬉しかったと学生さんは言っていました。

“女の子はキッカケさえあればキラキラと輝くことが出来る。
前向きに変わっていく姿は見守る人に共感や感動を生む。”

それはシンデレラプランニングであろうと
ファッションショーであろうと同じこと。

それならば、シンデレラプランニングが生み出してきた感動を
ファッションショーという形にしてもっと色々な人にその素晴らしさを伝えていきたい。
参加した女の子、それを見守る人、そして関わった全ての人が
このファッションショーに出会えてよかった。
と心から思ってくれる、最高の舞台を同じ志を持つ学生さん達と作り上げたい。

そんな思いから、この素敵なエピソードをもった学生さんと今回の「キャンパスシンデレラコレクション」を企画しました。


■あえて最初に予選のビフォーアフター撮影をすることで眠っていた「輝こうとする気持ち」を呼び起こす

従来の学生主催のファッションショーは大学ごとで行われ、ミスや読者モデルといった既に知名度が高く、自分の美に自信がある女の子を中心に、そのファンや友達が集まるといった傾向が強いものでした。
キャンパスシンデレラコレクションでは大学内にいる普通の女の子にスポットをあてて、ファッションショーというイベントが自分自身を変える1つのキッカケになるように企画しています。

ですが、自分の容姿に自信のない普通の女子大生にとってファッションショーに出演するというのはとても勇気がいるものです。 そこでキャンパスシンデレラコレクションでは、最初の段階で一度、ヘアサロンやフリーのヘアメイクの協力を仰ぎ、ビフォーアフターを作り上げます。
ファッション、メイク、ヘアアレンジでまるで別人のように変身した彼女たちは、それまでの不安げな表情から一転、とても自信に満ちた笑顔で写真に写ってくれます。
そして、彼女たちは口を揃えてこう言います。
「私、このイベントを通して、本当に自分を輝かせたい!」

予選として行う、最初のビフォーアフターが彼女たちの一歩を後押しする最初の「キッカケ」でもあるのです。

こちらの予選の模様は随時公式サイトにUPされていきます。
単純な見た目だけのビフォーアフターではなく注目すべきはその表情。
カメラを見据えて、嬉しそうにキラキラした笑顔を向ける彼女たちは可愛らしく
思わず目を奪われるほどです。

キャンパスシンデレラコレクション運営スタッフはビフォーアフターの予選撮影の他
ネイルやエステ体験、お料理教室、ヘアメイク講座など
女の子のモチベーションを上げるためのコンテンツを用意して、ファッションショー当日を堂々と迎えられるように後押ししていきます。

また、ファッションショーのメイン10名は予選のネット投票で選抜されますが、メインから外れた20名もファッションショーに参加できるよう取り計らっています。

グランプリは選抜10名から1名が選ばれますが、予選を逃した20名の内、もっとも輝いた1名は1986年度ミス日本である中村麻美さんによる特別賞が授与されます。


今回のプロジェクトは当初、100名程度の規模の小さいものを考えていました。しかし、実際に動いて見ると、多くの方がこのプロジェクトに共感し、何より参加してくれる女の子たちがそれぞれ自分と向い合うための努力をはじめました。
「せっかくこんなチャンスをもらったなら、自分を好きになれるように頑張りたい」そんな風にキラキラした笑顔で言ってくれる彼女たちを見て、わたしたち運営側はもっともっとこのイベントを大きく、素敵な場所で開催してあげたい。
そして彼女たちの前向きな気持ちとそこから生まれる感動をより多くの人と分かち合いたいと考えるようになりました。
しかし、そのための会場代がまだ足りない状態です。
正直、今回の目標額10万でも足りないのが現状ですが、campfireの出稿だけに資金を頼りきるのも本来のスタンスと違うため、運営メンバーが自ら出資をしたり、協賛を探して営業を続けております。
本プロジェクトについて、共感いただける方のご協力を心よりお願い申し上げます。


■大学、仕事の枠を超えて力を合わせて築きあげるプロジェクト

早稲田、慶應、明治、理科大、国学院、法政、専修、バンタン
運営メンバーはあらゆる大学の学生さんや専門学校の学生さん
ccc_06

大学の枠を超えて一緒にこのプロジェクトを成功させようと昼夜惜しまず意欲的に活動しています。

そしてこの企画に共感したフリーのヘアメイク、スタイリスト、サロンやECサイトさんも全力で支援してくださっています。
ccc_07

予選からがっつり行う今回の企画は30名の女の子をハンドリングするだけでも一苦労です。
けれど、スカウトされた女の子がみんなモチベーションを上げて今回の企画に向き合いはじめてくれています。
それぞれがこのイベントを通して自分を好きになりたい、と前向きに動き始めました。

自分の100%を目指して、一歩一歩、踏み出した彼女たちをぜひ一緒に応援ください!

ccc_08
▼パトロンの皆様へのお返し▼

女の子がキラキラ輝く姿を見届ける感動をパトロンの皆様全員にプレゼントします。

また、出資いただいた額に応じて参加者の女の子からお礼の暑中お見舞い、CCCロゴステッカー、当日のイベントの招待状、当日の招待状にプラスして女の子たちと写真が撮れる、などのお返しをご用意しています。
本イベントは女子大学生をメインとしたイベントですが、このcampfireの内容に共感くださった男性につきましては、本企画を理解して携わってくださったお礼として、当日のファッションイベントを観覧&夜のパーティに参加いただける特別チケットをご用意いたします。

みなさまご支援のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

シンデレラプランニング 代表 三村 愛

ccc_09
http://ccc-0729.com/

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください