はいさ~い!

鶴見ウチナー祭実行委員長の下里と申します。

沖縄県那覇市出身で大学進学の時に神奈川県に住み始め、今現在は横浜市鶴見区で(株)おきなわ物産センターの代表を務めております。

新しいお祭りをみんなで作りたい

今年はコロナウイルスの影響で会場での開催が出来なくなってしまいました。

沖縄関連のお祭りやイベントもほとんど中止となっております。

鶴見ウチナー祭もお祭り自体を「中止」にする事は簡単です。しかし、この先いつまでこの状況が続くか分かりませんし、状況が収まったとしても、これまで通りのお祭りが出来るかと言えば恐らく難しいと思います。

それなら、オンライン開催で音楽や芸能を届け、リターンで食事やドリンク等をご自宅に届けて、同じ日、同じ時間を共に楽しむ「新しい鶴見ウチナー祭」をみんなで作りたいと考えております!

2日間で70,000人が来場

2016年11月に第1回鶴見ウチナー祭を開催。2日間でおよそ50,000人が来場しました。

第2回は2日間でおよそ55,000人、第3回はBEGINさんの出演で2日間でおよそ70,000人、2019年の第4回もディアマンテスさんに出演して頂き2日間で約70,000人の来場がある鶴見区を代表するお祭りとなりました。

1889年に沖縄県人が鶴見に移民として来航。長い歴史が物語るように鶴見は沖縄と大変縁の深い地域であり「沖縄タウン」とも呼ばれております。

また、鶴見区は沖縄系南米出身者も多く暮らしている地域でもあります。

鶴見ウチナー祭は沖縄の食、芸能、音楽、文化を体感して頂き、また沖縄と南米を融合させ、地元企業とも連携し、地域の活性化を目的としております。これからも「鶴見ウチナー祭」でしか味わえない新しいお祭りを開催したいです!

資金の使い道

鶴見ウチナー祭の会場は横浜市管理の公園を利用していた為、入場料を取っておらず、約80の出店者様の出店料と関連企業様や協力団体様からの広告、協賛で運営しておりました。

今回はそれらの運営収入がほとんど見込めない状況となっております。しかし、2020年の鶴見ウチナー祭を中止するのではなく、クラウドファンディングで皆さんに参加して頂き、これからも続けて行ける「新しい鶴見ウチナー祭」の開催を目指しております!

リターンについて

・お礼のメール 3,000円

・エンドロールでのお名前の掲載 5,000円

・オリジナルTシャツ 5,000円

・沖縄そば6人前セット 5,000円

・ウチナー祭オリジナル絵画(レプリカ) 5,000円

・沖縄グルメ詰め合わせセット 5,000円

・泡盛残波ウチナー祭記念ラベル 10,000円

・オリオン缶ビール12缶+沖縄グルメセット 10,000円

・当日オンラインライブご招待 50,000円

・背景パネルにお名前掲載+PR文章読み上げ 50,000円

・ウチナー祭オリジナル絵画(原画)  100,000円

・PR動画撮影&当日放映 100,000円

実施スケジュール

9月上旬・クラウドファンディングスタート

10月5日・クラウドファンディング終了

10月中旬以降・リターンの準備が出来次第発送

11月8日・鶴見ウチナー祭開催!

最後に

誰もが予想もしない日々が続いており、日本中でイベントやお祭りが中止や延期となっております。
2020年、最後の沖縄のお祭りをみんなで作り上げ、楽しみたいと思っております。
そして、この「新しいお祭りの形」が日本中に広がり、みんなが笑顔で過ごせる日々が増える事を願っております。


<All-in方式>本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/09/17 17:37

    平川美香 生出演決定!鶴見ウチナー祭配信会場より生出演が決まりました。美しい歌声とパワフルなダンス、『平川のおじさん』『レディーブブ』などのキャラクターで大人気⤴今、注目のアーティストです‼限定10名様、配信会場の特別観覧席から参加する事が出来ます‼詳しくはクラウドファンディングのページをご覧...

  • 2020/09/16 14:20

    鶴見ウチナー祭オンライン開催に向けて沖縄市観光物産振興協会さんよりご後援を頂けることが決まりました!ありがとうございます。今日は、沖縄市エイサーキャラクターのエイ坊より応援動画が届きましたのでご紹介致します。鶴見ウチナー祭YouTubeチャンネルよりご覧ください!

  • 2020/09/15 09:09

    琉球新報さんに取材していただきました。ありがとうございます。鶴見ウチナー祭をいつも応援して頂いております。引き続き10月5日までクラウドファンディング開催中。応援引き続き宜しくお願いします

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください