▼ご挨拶

みなさん、こんにちは。

 私たちGIFTED AGENT(株)は、CAMPFIREで資金提供をうけてスタートした「発達障害を抱える人を対象に3Dプログラミング・デザイン教育を提供する就労移行支援事業所」< GIFTED ACADEMY >を運営しています。

【発達障害者のために世界で通用するプログラミング、デザインを学べる場所を創りたい】

2016年6月開所以来、順調に利用者が集まり、渋谷校はAR/VR業界の第一線で活躍できる人材を目指し学ぶ人々で活気づいています。この場を借りて、GIFTED ACADEMY開所に際し、ご支援と温かいお声がけをくださいました全てのみなさまに再度お礼申しあげます。みなさまのお力添えで、弊社は発達障害者の「偏りが活かせる社会を創る」という企業理念にむけ一歩前進することができました。

今回は、さらなる一歩としてGIFTED ACADEMY利用者と「車を愛する人々」とをつなぎ、新たな価値を生み出すプロジェクトを提案いたします

▼GIFTED ACADEMYでの学習風景

▼名車VRプロジェクトの背景と構想

▼GIFTED ACADEMY利用者の思い

弊社運営の就労移行支援事業所< GIFTED ACADEMY >で3Dデザインを学ぶ利用者からは、特性である集中力とクリエイティビティを活かして、我々が想定していたよりも早いペースで基礎学習からオリジナル作品の制作へ進む人がでています。

そこで、就職にむけて実績(ポートフォリオ)としてアピール可能な実務経験の機会をつくりたいと考えました。ただし、弊社が利用者に寄り添い目指しているのは、「精神的な自律」と「経済的な自立」の達成です。内向きの訓練・練習にとどまらず、社会に求められる価値が生み出せるプロジェクトを創り出し、利用者とともに実現したい。

3Dデザインコース利用者からあがった声もまた、社会貢献と社会参加への思いでした。「学んだ3Dのスキルをいかして人に喜ばれるVRがつくりたい」私たちはユーザーを楽しませ、愛されるVRコンテンツづくりに挑戦します。

第1弾のプロジェクトを成功させるためのご支援と、このプロジェクトの主旨にご賛同いただき、愛車のVR化をご依頼してくださるオーナー様を募集します! 

▼名車VRプロジェクトのきっかけ

名車をVR化しようという発想のきっかけは、今回ご協賛としてモデリングのための車をご提供くださったオーナー様との出会いでした。熱心な車好きであるそのオーナー様が語ってくださったのは、車への強い思いと楽しさ、魅力、車文化が車を愛し憧れるたくさんの人たちに支えられていること、しかし誰もが簡単に手に入れてメンテナンスし続けられるものではないこと、実際に名車を手に入れたあとの終わりのない苦労でした。

我々は、これらの課題を解決し、より多くの人たちに名車の魅力を味わっていただけるよう、VRで名車と遊ぶことができるコンテンツを開発することにしました。名車を題材にしたゲームはすでに存在していますが、私たちのプロジェクトはVRコンテンツとして、よりリアルに実物大の名車と360度視点で触れ合う体験を可能にします

今回は第1弾の企画として、英国の名門メーカーTVR社のタスカンをVR化します。

第1弾プロジェクトの成功後には、第2弾、3弾プロジェクトといろいろな車種をVRにして、さらにユーザーのみなさんが心躍るような機能を追加実装していく構想です。将来的には制作した3DCGデータをもとに複数ユーザーがそれぞれのVR車に乗ってドライブをしたり世界の風景のなかを走ることができるVRへと進化していきます。私たちのプロジェクトに、多くのみなさまからのご支援いただけますようお願い申し上げます。

▼名車VRプロジェクト第1弾 <タスカン VR>概要

制作チーム

※GIFTED ACADEMY利用者がOJT(オン・ザ・ジョブトレーニング:実践的な職業訓練)として制作の一部を担当いたします。

開発状況と品質の管理および高度なスキルが必要とされる部分の制作はクリエイターとして経験が長いACADEMY講師陣が担当します。

チームリーダー 高野将則

3Dデザイナー。アニメーション作品のメインキャラクターモデリング等、実績多数。現在はGIFTED ACADEMYの3DVRクリエイターコース講師を兼務。

ポートフォリオ

エンジニアリーダー 河崎純真

GIFTED AGENT(株)代表取締役

15歳からエンジニアとして働きはじめ、Tokyo Otaku Modeなど複数のITベンチャー・スタートアップの立ち上げ、事業売却、役員業務などを経験。直近では、Web 3D / VR(仮想現実)ベンチャー、AMATELUS Inc.(米国)にてCOOとして活躍。離脱後、発達障害者の「偏りを活かせる社会」を目指しGIFTED ACADEMYをたちあげる。

第1弾タスカンVR概要(全ストレッチゴール達成時の仕様です)

・VR空間に実寸大のタスカンを再現
・ハイポリゴンのなめらかで美しい3DCG仕様
・ユーザーの視点から360度見渡すことが可能
・外装および内装を再現
・オリジナルのガレージを制作、ガレージ内部を自由に歩くことが可能
・ドアの開閉可能
・運転席に乗り込みエンジンをかける操作が可能
・操作に連動して録音した生のドア開閉音とエンジン音が再生され、より深い没入感を演出

※現車から録音した音源を使用します

 

Tuscan VR」は、Oculus Riftを接続したWindows PC上で動作します。
 ※Oculus Riftをお持ちでない方はWindowsデスクトップアプリでお楽しみいただけます。

制作スケジュール
 

▼名車VRプロジェクトが生み出す3つの価値

1, For Enthusiasts

手軽に憧れの車のオーナーに!伝説的な絶版車、ヴィンテージカー、スポーツカー、ノスタルジックカーの数々…。車を愛する好奇心旺盛なみなさんには一度は手に入れてみたい憧れのクルマがあるのではないでしょうか?とは言っても、実際に名車を購入し、維持していくためには多くのコストがかかります。

・高額な購入費
・頻繁に必要になる修理費
・メンテナンス費
・自動車税
・ガレージの用意
・求める車が市場に出回るまで待つ根気強さ
・上記すべてにかける時間!

名車VRならば、ぐっとリーズナブルかつ省スペースに、欲しかった憧れの車のオーナーになれます。しかも3DCGですので、車体の質感はお好みに応じて新車同様の輝きをだすことも、ノスタルジックな味わいをだすことも思うままです。すでに手に入らない往年の名車をお望みの場合も、資料を基に3Dデザイナーが細部を補完、美しいフォルムを再現してお手元に届けられます。

2, For Communication

自慢の愛車をVR化することで、車を介したまったく新しいコミュニケーション体験が可能に、愛車を披露したいときに悩みのたねとなるのは場所と天気です。名車VRなら予定を合わせて集まらなくても、大きな駐車場にいかなくても、雨の日でも、ヴァーチャル空間に接続すればいつでも愛車を披露することができます。海外へ持ち運ぶことも簡単に実現可能です。

最先端の技術で、あなたのカーライフに新しいコミュニケーションスタイルがプラスされます。愛車の走行距離を気にする必要もありません! 

3, For the Future

車を愛するすべての人のために自動車の継承を、車の味わいと魅力を深く理解したみなさんの手で。

――愛車のVR化をご依頼いただけるオーナー様を募集しています

いまの社会では、時代の変化によって若い世代は自動車との距離が生まれつつあります。若い世代に限らず、

・経済的・時間的に憧れの車を所有することができない
・足や体に障害を抱えていて狭い座席では乗り降りができない
・ライフスタイルの変化で愛車を手放さなくてはならない

こういった様々な事情から、名車への憧れをもちながら実際に所有することができない方はたくさんいます。それに、未来の同好の士である子どもたちが大人になるまで、希少な車が完璧にいまの状態を保つことは困難です。「本物」の車の魅力は、資料として保存する価値があります。より多くの人々に名車の魅力を味わっていただくために、私たちは制作した名車VRの体験会を実施していく予定です。

第1弾プロジェクトへのご支援いただける方を募集するとともに、我々のプロジェクトにご賛同いただき、愛車をVR化させていただけるオーナー様も募集しています。VR制作をご依頼いただきますと、私たちがオーナー様のガレージに実際に訪問し、録音と撮影をいたします。3Dで愛車がしだいに再現されていく過程を見守り、最先端の姿に生まれ変わった愛車と対面する。めったに味わうことはできないあなただけの特別な体験です。自慢できるコレクションとして、ヴァーチャル世界のガレージにも車を並べてみませんか?

制作費用はお住いの場所とご依頼の台数によって前後いたします。見積もり・ご質問は下記までお問い合わせください。100,000円ご支援くださった方には、リターンとして製作費を割引いたします

▼ご支援いただいた資金の使用用途

VR制作費用として使用いたします。音声録音などを担当する外部スタッフの人件費やオーナー様ご自宅への素材撮影・録音のための出張費が主な用途です。

▼プロフィール

 

GIFTED AGENT株式会社

弊社はCAMPFIREでご支援をうけ開所した、大人の発達障害に特化して3Dプログラミング・デザインを教える就労移行支援事業所※<GIFTED ACADEMY>を運営しています。このプロジェクトはOJTの一環として、<GIFTED ACADEMY>で訓練を受け、3Dデザイナーとして就労をめざす利用者たちが3DCGのモデリングに参加します。発達障害の当事者は、コミュニケーションや社会がもとめる定型的なふるまいに困難があります。いまの社会では、それを自分の責任や能力の欠如として抱えこみ、うつ病など二次的な病を患い就労が難しくなってしまう人たちが大勢います。当事業所に通う利用者は、社会で役にたちたいとう意欲にあふれ訓練に取り組んでいます。

ご支援いただきますと、社会での活躍をめざす利用者たちの、活きた職業訓練の機会づくりにご貢献いただけます。品質については、ACADEMY講師一同と3Dデザイナーの高野が責任者として利用者制作部分の最終チェックおよびブラッシュアップを行い、責任をもってハイクオリティな3Dモデルを制作いたします。

※ 就労移行支援

障害者総合支援法にもとづいた障害福祉サービス。認可をうけた事業所は、一般企業への就労を希望する障害者の方を対象に、就労に必要な知識・能力の向上を目的とした訓練の機会を提供します。 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください