※9月14日追記
【まだまだご支援受け付けています!!!】
おかげさまで目標金額を達成することができました。しかも配信ライブ中というこれ以上ないタイミングで、ライブもすごく盛り上がりました。本当にありがとうございました。
配信ライブのアーカイブはこのクラウドファンディングが終了するまで公開していますので、ぜひご覧いただければと思います。
→シロたろし単独リモートコントライブ「一(ぴん)」アーカイブページ
なお、目標は達成しましたが、引き続きご支援を受け付けています。少しでもたくさんの想いを被災地に届けたいので、拡散、シェア、ご友人、お知り合いへのご紹介などのご協力をいただけると幸いです。引き続きよろしくお願いいたします。
シロたろし


■ご挨拶

いつもお世話になっております。ピン芸人のシロたろしです。

ふだんは都内の劇場をベースに活動しており、年に数回単独ライブを開催してコントの腕を磨いています。

ところが、皆さまご存知の通り、このコロナ禍において劇場での興業は大きなリスクを伴うことになってしまいました。いつもはしつこいほどにお願いする「ぜひご来場ください」という言葉を、軽々とは言えない状況です。

なのでこのたび、完全リモートによる単独コントライブを行うことにしました。

リモートすなわち配信なので、皆さまには感染のリスクがないばかりか、好きな場所で、好きな格好で、好きなことをやりながら見ていただくことができます。まさに新しい様式のライブスタイルと言えるのではないでしょうか。

僕も、舞台とは違う環境でどうやったら楽しんでもらえるかを考えながら試行錯誤の日々です。配信ならではのネタも披露したいと思っています。


そして今回、素敵なゲストもお呼びしました。

熊本で活動されているアーティスト「タイチジャングル」さん!

僕が毎年お世話になっている熊本地震の復興イベントで「ひと耳ぼれ」して、サッカー好き同士ということもあり、いつかまたご一緒したいと思っていました。

今回オファーを出したら「ロアッソの試合の日以外ならいつでも出るよ!」と快く引き受けてくれました。遠く離れた東京と熊本でも、気軽に出演してもらえる。これも配信ならではだと思います。

今回のクラウドファンディングプロジェクトにも「熊本のためにぜひ!」と賛同してくれました。

タイチさんのことですから、きっと僕のコントの余韻を吹き飛ばすくらい素敵な歌を聞かせてくれるはずです。どうぞお楽しみに!


✳︎ライブ配信は、僕のYouTubeチャンネル「たろしチャンネル」にて行います。

ライブ配信のURLはこちらです。配信視聴予約とチャンネル登録をお願いいたします!

シロたろし単独リモートコントライブ「一(ぴん)」アーカイブページ


たろしチャンネル


■このプロジェクトで実現したいこと①「新様式のライブを成立させたい!」

この先、しばらくはナマの舞台でなんの心配もなくライブを行うのは難しいと思います。この機会に配信の可能性を探りつつ、コロナが収束した後も続けていけるような、新しいお笑いライブの形をご提案できればと思っています。

ただ、僕自身、自分のライブでの生配信はほぼ初めての試みなので、トラブルが起きる可能性も高く、舞台と同じように入場料(視聴料)をいただく形は難しいと考え、このクラウドファンディングを立ち上げさせていただいた次第です。

ですので、配信自体は無料でご覧いただけます。ただ、諸経費の分をご支援いただければと思っております。


■このプロジェクトで実現したいこと②「被災地のチカラになりたい!」

このライブにはもうひとつ大切なコンセプトがあります。

今年の7月、熊本県を中心とする九州地方が、令和2年7月豪雨災害によって甚大な被害を受けました。あれからひと月以上経ち、「もう大丈夫なんでしょ?」と思われる方もいるかもしれませんが、まったくそんなことはありません。

今回被災した地域は、人口が少なく、高齢者がほとんどという地域も多く含まれます。そのうえコロナ禍でボランティアも集うに集えない状況です。復興は遅々として進まず、住み慣れた場所を離れざるを得ない方も出てきているそうです。

そんななかで、日々コツコツと復興活動に取り組んでいる地元の皆さん、ボランティアの皆さんがいらっしゃいます。僕の友人たちも、毎日のように被災地で泥出しやゴミ出しに励んでいて、今回のゲスト、タイチジャングルさんも支援に奔走されています。

今回のライブは配信です。きっと被災された方々にも届くはず。皆さんに少しでも楽しんでもらうのと同時に、クラウドファンディングを通して、現地でがんばる人たちに日本中の皆さんの気持ちをお伝えしたいと思っています。


■「え、お前ボランティアとかやってんの?」という皆さまへ

そうなんです。やってるんです。ちょっとだけですけど。

ボランティアグループ「Smile foe Nippon(ちょんまげ隊)」隊長のツンさんに連れられて、熊本では2016年の熊本地震発災後から毎年チャリティイベントに出演させていただいています。

福島県南相馬市、愛媛県宇和島市、北海道厚真町、埼玉県東松山市など、天災被害に遭われたいろいろな場所に伺いました。

ツンさんも、今回のクラウドファンディングプロジェクトに「熊本のためにぜひ!」と賛同してくれました。



■資金の使い道

必要経費(配信スタジオ代、機材レンタル代、返礼品の製作費、送料など)およびクラウドファンディング手数料(総支援金の17%(税別))を引いた全ての額を等分して、本クラウドファンディングの共同企画者であるタイチさんとツンさん(Smile foe Nippon/  ちょんまげ隊)に託し、被災地で支援活動を行うのための資金として有効に使わせていただきます。

✳︎タイチジャングル
熊本地震発災後より、仮設住宅などで弾き語りライブを実施。令和2年7月豪雨災害後には熊本市内の運送会社と組んで、日用品を集めて芦北町へピストン輸送する活動を実施。その後、人吉観音寺様と連携し、ご老人のご婦人用の衣服を調達する活動を実施。南阿蘇村など、老人が多い地域に協力してもらい現地へピンポイントで届ける。現在は、エリア(コミュニティ)を絞って必要な物資(生活家電)を直接届ける活動を実施中。今後は熊本地震時同様の弾き語りライブを実施予定。

✳︎Smile for Nippon
2011年3月11日に起きた東日本大震災を機に、「ちょんまげ隊」を名乗るサッカーサポーターが中心となって、世界中の仲間と毎回“この指止まれ”の形式で被災地支援、貧困支援、障がい者スポーツ普及などを行うボランティアグループ。世界各地で200回以上の被災地報告会、東日本大震災被災地の中学生をサッカーW杯に招待するプロジェクト、ネパール地震の被災地に衣料品を届けるプロジェクト、東日本大震災復興支援映画「MARCH」の製作、熊本県益城町の城南学園「スマイルハートフェス」開催支援などのほか、天災に見舞われた各地での復興支援ボランティア活動を行う。
ホームページ:http://smile4nippon.com/


■リターンについて

✳︎「一(ぴん)」オリジナルTシャツ&シール
いつも僕のグッズをつくってくれている相澤一貴くんに素敵なグッズをデザインしてもらいました。Tシャツは受注生産なので、ここでしかお渡しできません。この機会にぜひ!

✳︎ちょんまげ隊長ツンさんプロデュース、漫画家能田達規先生デザインの熊本&九州支援Tシャツ
「ぺろり!スタグル旅」「マネーフットボール」などのサッカー漫画でおなじみ、愛媛FCのマスコットデザインも担当されている能田先生デザインのかわいらしいTシャツです。

✳︎シロたろし直筆「一(ぴん)」
このライブの宣伝用に僕自らが筆を取ったこの世にひとつしかない作品です。額装してお届けします。もしもらい手がつかなかったら、うちの玄関に飾ります笑。

✳︎1000円支援について
僕は「はじめてのチャリティ体験」ってすごく大切だと思っていて、例えば皆さんがお子さんにこのクラウドファンディングの趣旨をお話してもらって、もしお子さんが自分も応援したい!と思ってくれたときに、自分のお小遣いのなかから1000円を寄付することは、きっとお子さんにとってとてもかけがえのない経験になると思うんです。ぜひ皆さんのお子さんにも「こんなのがあるよ」と呼びかけてみてください。
あ、だからといって大人は3000円以上で!というわけではありませんので、ご無理、お気遣いのない範囲でご支援いただければと思います。


■実施スケジュール

このクラウドファンディングは、2020年9月20日(日)までの実施となります。何卒よろしくお願いいたします。返礼品は10月中を目処に順次お届けする予定です。

なお、本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も計画を実行し、リターンをお届けします。


■最後に(余談)

新型コロナウィルスの流行で、世に出るはずだったたくさんの舞台が中止に追い込まれてしまいました。

キャストやスタッフ、来場者にひとりでも感染者が出てしまえば、どんなに周到な準備をしていてもアウト。どうかするとバッシングを受けてしまう。感染者が出なかったとしても、関係者やお客さまが対策に神経を尖らせて、どんどん心がすり減ってしまう。そんな様子を間近に見てきました。

自粛明けから、僕も舞台に立たせてもらってます。こんな状況のなか運営してくださるスタッフの皆さま、見にきてくださるお客さまには感謝しかありません。舞台でネタをやって、お客さまに笑ってもらえることがどんなに嬉しいか。

でも、お互いにうつさないように、うつらないようにビクビクして、終演後も、うつったかも、うつしたかも、と安心できない…そのストレスを、少なくとも自分の主催ライブでは誰にも感じてほしくありませんでした。

だからこその完全リモートライブです。だからこそ当日ライブ中はひとりですべてのオペレーションをやります。めざすは「見る人も関係者も全員ノーストレスライブ」です。

9月11日19時30分から約1時間半。どうかこの時間だけでも、嫌なことを忘れて楽しんでもらえますように。そうしたら、最高。

僕のネタが面白ければもっと最高なんだけど、それはもう、これを書いてる時点から本番までの僕に期待するしかないです。よいネタをお見せできるようにがんばります。

それでは当日、画面越しではありますが、みんな元気で会えますように。


2020年夏 シロたろし

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください