はじめまして

~三重県障害者フライングディスク協会です~

たくさんのプロジェクトの中から、興味を持っていただいてありがとうございます。三重県で障害者フライングディスク競技の普及、大会運営等を行っているボランティア団体です。

このプロジェクトで実現したいこと

~笑顔を取り戻したい!~

今、新型コロナウィルスの影響でスポーツに関する大会やイベントの多くが開催されず、自粛生活を余儀なくされている障がいをお持ちの方やご家族等がたくさんいらっしゃいます。その方々が仲間との触れ合い、社会参加等の貴重な機会が失われ、笑顔さえも奪われています。今、このような状況下で彼らに対し、失ったものを取り戻す機会を安心安全に、そして盛大に提供したいのです。

フライングディスク競技大会開催の意味~

新型コロナ感染の危険がある中、なぜ、たくさんの人が集まる大会を開催をするのか、反対や批判のご意見があることは重々承知致しております。

しかし、このような時だからこそ、競技する選手、選手を応援する人、大会を運営する人、選手や大会を支援する人・・・大会を通じて、皆で安全で安心して参加出来る大会を創り上げ、元気と笑顔を取り戻したいと願っています。


プロジェクトをやろうと思った理由

~障害者フライングディスクを知って欲しい!~

フライングディスク競技とは、フリスビーをイメージいただければわかりやすいと思います。フリスビーは商品名であり、総称としてフライングディスクと呼ばれています。

障害者フライングディスク競技は、知的に障がいをお持ちの方を中心とした活動が原点ではありますが、現在では取り組みやすさや楽しさから老若男女問わず、重度の身体障がいをお持ちの方、視覚や聴覚に障がいをお持ちの方、精神に障がいをお持ちの方…たくさんの方々にご参加いただいております。過去にはストレッチャーでご参加下さった方もいらっしゃいました。「だれでも、どこでも」をテーマに取り組まれているユニバーサルスポーツです。

~1人でも多くの方に関わって欲しい!~

障害者フライングディスク競技は障害者スポーツの中では非常に参加者の多い競技ですが、一般的にはほとんど知られていないのが現状です。イベント等の開催を行い、PR活動やボランティアの募集にも取り組んでいますが新型コロナの影響で思うように進んでおりません。

そこで、クラウドファンディングを通じて、一人でも多くの方に知っていただき、応援していただければ幸いです。


資金の使い道

安心・安全確保のためのお金~

障害者フライングディスク競技に参加される選手は、もちろん全員障がい者です。持病をお持ちの方もいらっしゃるので、大会開催には細心の注意を払い、安心して競技に集中していただくための準備に使わせていただきます。

①消毒用アルコール ¥20000

②飛沫予防パーテーション ¥10000

③テント ¥100000

④返礼品 ¥8000

⑤CAMPFIRE 手数料 17%


リターンについて

*1000円 → お礼の手紙

*3000円 → お礼の手紙・審判講習会参加権・シェフタオル

*5000円 → お礼の手紙・判講習会参加権・オリジナルステッカー

*10000円→ お礼の手紙・審判講習会参加権・ディスク1枚

*50000円→お礼の手紙・審判講習会参加権・出張フライングディスク体験イベント開催(三重県内限定)


実施スケジュール

●R2年9月5日 強化指定選手練習会●R2年9月11日 実行委員会●R2年9月25日 役員会●R2年10月実行委員会●R2年10月役員会●R2年10月 強化指定選手練習会●R2年11月14日 障害者フライングディスク競技大会



最後に

我々の日々の活動やこの度の想いは、障がいをお持ちの方々の声無き声を背負っています。コロナに怯えるリスクは彼らの笑顔というエネルギーを奪います。

想いをカタチに‥飛べ、フライングディスク!この応援、あなたにも届け!


【募集方式】

<All-or-Nothing方式>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください