オランダを拠点にヨーロッパで演奏活動をするジャズシンガーWAKA

「はじめまして、ジャズシンガーのWAKAと申します。"WAKAちゃん"と呼んでいただけると嬉しいです。オランダ在住5年、ヨーロッパを舞台にジャズとブラジル音楽の演奏活動をおこなっています。」

バイオグラフィー
東京都渋谷区出身、高校アメリカ長期留学中にジャズに出会う。上智大学文学部哲学科在学中に始めたジャズヴォーカリストとしての活動が、卒業後にオランダのユトレヒト音楽院に進学したことを期に天職となる。2019年にユトレヒト音楽院をクム・ラウデで卒業し、その後もオランダを拠点に演奏活動を続けている。ノースシー・ジャズフェスティバル、ミデルハイム・ジャズフェスティバル、チヴォリ・フレ―デンブルグなどのステージで演奏を経験。ヨーロッパでは自身のJAZZトリオ「HBB」や、ブラジリアンカルテット「JAZAMBEI」を率い、日本では「WAKAトリオ/カルテット」のリーダーとして活動している。 
WAKA公式ホームページ
WAKA Instagram
WAKA Facebook

キャンセルされた帰郷ライヴツアーをリベンジ実現させたい!

今年2020年4月~5月にかけて予定されていた「WAKA TRIO ツアーJAPAN2020」が、コロナの影響で私WAKAのフライトが欠航になったことにより、キャンセルとなりました。自宅待機生活の中で、今まで以上にふる里である日本の皆さんとの繋がりを大切にしたい、私を育ててくれた日本に恩返しをしたい、という気持ちが強くなりました。
今回このクラウドファンディングキャンペーンを通じて、今までに私の歌声を聴いたことの有る方も、ない皆さんとも、音楽を通じて繋がることができると信じております。

ポストコロナの世界では、私を含め世界中のアーティストが試行錯誤しています。コロナで疲弊してしまった方々に私の音楽を届け、元気になってもらいたい。そんな気持ちで来年春(4月予定)にリベンジ帰郷ライヴツアー再企画することを決めました。
約3年ぶりの帰国と日本縦断ツアー企画の実現には、皆さんの応援が必要です。

WAKA JAZZ トリオ 紹介♪

今年春キャンセルとなったWAKA TRIO ツアーで一緒に演奏するはずだった、東京を拠点として活動するWAKAトリオのメンバー2人、ケビンとタイラーをご紹介します!ピアノ:ケビン・マキュー / Kevin McHugh (Pf.)   

1982年アメリカ合衆国ワシントン州シアトル生まれ。ピアニスト・アコーディオン奏者。アメリカ合衆国で最も古い歴史をもつ音楽学校、オバーリン音楽院でジャズピアノとドイツ語を専攻し、DAAD奨学生としてベルリン工科大学で音楽とデザインを学ぶ。2006年にはトマス・J・ワトソン研究奨学金を獲得し、一年間に渡ってブラジル・エジプト・インド・中国・日本の大都市における即興音楽シーンを研究する。2007年から2009年にかけてはニューヨークおよびサンフランシスコを拠点としながら、ジョン・フェファー主宰のバンドCapillary Actionや、トニー賞受賞の劇団The San Francisco Mime Troupeと共にアメリカ・ヨーロッパ各地でツアーを行う。
現在は世界各地を飛び回りながら即興音楽を中心として精力的に活動しており、30近くの国での演奏実績をもつ。ベルリンを拠点とする音楽集団North American Tonal Organizationや、東京を拠点とする即興実験学校(インプロ・ラボ)の立ち上げメンバーでもある。2012年には、国際交流基金からの助成を受け、東日本大震災復興支援のための演劇および短編映画作品に楽曲を提供した。また、最近では、日米の音楽家を結びつけるプロジェクトSeattle Meets Tokyo: Modern Jazz Connectionsの主宰者として、2015年のSeattle 4Culture賞を受賞している。
ケビン・マキュー公式ホームページ

コントラバス:タイラー・イートン / Tyler Eaton (Cb.) 

カリフォルニア大学サンディエゴ校を主席で卒業。
同大学でMark Dresser 氏の指導を受けた。モントレージャズフェスティバルコンクール、学生部門、トリオにて優勝。
2012年、ロジェ•ワーグナー合唱団日本公演ツアーに同行、共演。原点であるジャズの世界と同様に、クラシック、現代音楽の演奏も積極的に行い、国際的に演奏活動を行っている。2013年秋より日本在住。
タイラー・イートン公式ホームページ


♫♪WAKAカルテットとして2人が参加した、2018年のWAKA凱旋ツアー風景♪♫

リターンについて

A.  WAKA本人よりお礼メール (¥500のご支援)

B.WAKAトリオ・リモート演奏動画(未公開)の限定配信! (¥1500以上のご支援)
+ リターンA. WAKA本人よりお礼メール

当初予定されていたツアー期間(今年4月)自宅待機生活中にテレワーク演奏で作成した、WAKAトリオ・リモート演奏コラボ動画です。*全員自宅~部屋着~で挑んだレコーディングです(*´∀`*)

C.未公開MVライヴ映像を限定配信!(¥2500のご支援)
+ リターンA. WAKA本人よりお礼メール
+ リターンB. WAKAトリオ・リモート演奏動画(未公開)の限定配信!

ヴォーカルジャズ、ハードバップ、ブラジリアン・ジャズ、ボサノヴァの名曲を収録した、(昨年オランダのユトレヒトで行われた)未公開コンサート映像を今回初公開いたします!*高品質4K動画、プロによるレコーディングと編集です。

D.WAKA本人からご支援者様へのプライベートビデオメッセージ(¥3500のご支援) 

+ リターンA. WAKA本人よりお礼メール
+ リターンB. WAKAトリオ・リモート演奏動画(未公開)の限定配信!
+ リターンC. 未公開MVライヴ映像を限定配信!

ご指定のご連絡先Eメールに、ご支援者様のみのために収録されたTHANKYOUのショートムービーを送信いたします。 

E.ツアー期間中(2021年4月予定)、ご支援者の最寄りで開催されるコンサートにご招待!(¥5000のご支援)
※演奏地・会場のリクエスト大歓迎!

F.  WAKAプライベートヴォーカルレッスン 50 mins(¥10000のご支援)
WAKA本人からマンツーマンでヴォーカルレッスンを受講できます!
レッスン内容は以下2種類からお選び下さい:
①ボサノヴァ・フレージング
②ジャズ・フレージング
レッスンの最初には、基本的な身体の使い方や発生・発音についても少し扱います。
ヴォーカリストならではのフレージングに着目したワークショップレッスンです。
※「生徒様ご自宅」か「レンタルスタジオ」でのレッスンをお選びいただいた方は、ツアー期間中(2021年4月予定)でレッスン日を調整いたします。

G.   ご支援者様のリクエストソングを収録したWAKAトリオ演奏動画を限定提供!(¥16500のご支援)
選曲はジャズ・スタンダード、ボサノヴァ・スタンダードに限り、どの曲でもリクエストいただけます。トリオのレパートリー外の曲でもOK!

H.  WAKA愛用マイク SHURE SM58★ (¥30000のご支援)
WAKAが2015年から5年間愛用するマイク、SHURE SM58を限定一名様にお送りします★

I.リクエストコンサート開催! (¥45000のご支援)
※最長1.5時間のパフォーマンス
※屋内/屋外どちらも可!
※プライベート/パブリックコンサート、いずれも大歓迎!
※首都圏外の場合は別途追加交通費が発生する場合があります。
※ツアー期間中(2021年4月予定)の実施日を事前調整。


実施スケジュール

2020年11月:リターンA〜D, I の完了

2020年12月:リターンGの完了

2021年4月(予定):WAKAトリオ日本縦断凱旋ツアー開催!
        :リターンE, F, Hの完了

ご支援金の使い道

◆ツアー運営費◆
・リハーサルスタジオレンタル料
・フライヤー/ポスターデザイン費
・フライヤー/ポスター印刷費
・web宣伝広告費
・ミュージシャンへ演奏代
・宿泊費
・移動費

◆MV/コンサート動画制作費◆
・動画編集費
・レコーディングミックス費
・撮影カメラマン代


最後に

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、できる限りの規模、無理のない時期(2021年4月を予定)にツアーを実行し、ご支援頂いた皆様に必ずリターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください