はじめに

 明治初期、福井藩に招かれて来た米国人のウィリアム・E・グリフィスは、教育者として教育県福井の礎を築き、また帰米後生涯にわたる精力的な言論活動を通じて世界に日本と福井を紹介し、福井の国際化の原点となりました。

ウィリアム・E・グリフィス

 日下部・グリフィス学術・文化交流基金は、この地域の偉人を顕彰する公益財団法人として県内の青少年の国際交流などを支援してきています。特にグリフィスの来日150周年を迎えた本年は彼の知名度をさらに向上させて、基金を再興し、地域への貢献を強化しようとしています。

 最近、当基金の委託によりFBC(福井放送)がグリフィスの半生を描いたテレビ番組「福井を愛した男 グリフィス」を制作し、放映しました。グリフィスはパトリック・ハーランさん(パックン)が演じています。この番組は当基金のウェブサイトで公開しています。



クリスマス会の日本発祥の地

 グリフィスは当時福井の家で、まだキリスト教が解禁される前に日本人を公に多数招いたものとしては本邦初のクリスマス・パーティーを催し、自らサンタクロースを演じたことなどを詳細に書き残しています。本事業は「福井で見るサンタの夢」と題して、これを150年後にその発祥の地(現在グリフィス記念館)で再現し、グリフィスの生徒たちが日本人として初めて見たサンタの夢を県内の子供達と広く分かち合います。

グリフィス記念館

事業の内容

 本事業は、当基金の直営事業として今後毎年のクリスマスで継続し、地域の年中行事として定着させていくことを目指します。初年度の今年は次の各企画を実施します。


1. 福井の偉人」似顔絵コンテスト

 今年のメインイベントです! 福井県内の全小学生を対象に、福井の歴史にゆかりのある偉人25人の似顔絵を募集します。25人の各最優秀作品を12月25日当日ネットのライブ配信で発表します。25枚の作品は福井独自のドベントカレンダー(12月1日から25日まで、一つずつ窓を開けてクリスマスを待ち望む気持ちを高めていくカウントダウンカレンダー)に仕立ててグリフィス記念館で展示します。


2. 「クリスマス足袋」の配布

 グリフィスは150年前のクリスマスイヴ、生徒たちにクリスマスストッキングの代わりに「足袋」を暖炉に吊り下げさせ、彼らが寝静まったあとそれに贈り物を詰めました。本事業では、似顔絵コンテストの賞品として子供達にクリスマス足袋を贈ります!


3.クリスマス当日は記念館で、グリフィス作の童話の朗読会と、クリスマスキャロルの合唱会を催します。これらはネットでライブ配信します。


4. 記念館では12月1日から25日まで、館内のクリスマス装飾と、館外にイルミネーションを施します。


チーム

 本事業は、公益財団法人 日下部・グリフィス学術・文化交流基金が主催します。理事長(細谷龍平)が中心となり、基金の事務局スタッフがサポートします。また、福井大学国際地域学部の授業で「課題探求型プロジェクト」としても取り上げており、学生(2年生)7名が主体的に参画しています。


資金の使い道

 今年はまず上記の各企画、特に「福井の偉人」似顔絵コンテストに応募した子供達に日本のクリスマス会発祥の地ならではのプレゼント「クリスマス足袋」を贈るために使わせていただきます。さらに「福井で見るサンタの夢」事業は毎年継続、拡大して地域の行事として定着させ、グリフィスを顕彰する当基金が今後も末長く福井の青少年の国際交流に貢献して行くための資金として活用させていただきます。

 

実施スケジュール

 似顔絵コンテストは11月10日から12月10日まで作品を募集します。そのあと審査を行い、25日のクリスマス当日にネットのライブ配信で結果を発表します。入賞者にはグリフィス記念館で表彰とクリスマス足袋の贈呈を行います。優秀作品によるアドベントカレンダーとその他応募作品は記念館で1月まで展示します。


募集方式とリターン

 本プロジェクトは寄付型のAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行します。支援をいただいた方には、プロジェクトの終了後、報告書をメールで送らせていただきます。また、公益財団法人として、寄付控除にお使いいただける領収証を発給させていただきます。

「個人が非営利の特定の法人に対し、事業に関連する寄附をした場合には、 所得税(国税)の計算において、寄附金控除(所得控除)又は税額控除のいずれかを選択して確定申告を行うことにより、所得税の控除を受けられることがあります。税制上の優遇措置がこのプロジェクトにあるかどうか、また優遇措置の試算の詳細は当団体にお問い合わせください。
※「寄附金控除」「税額控除」をお受けいただくためには、確定申告の際に、当団体が発行した「領収証」の提出が必要となります。領収証は年に一度、確定申告時期にお送りしています。すぐに領収証が必要な方はご連絡ください。
※領収証はGoodMorning又はCAMPFIREではなく当団体が発行・郵送いたします。」


最後に

 グリフィスは、伝統的な日本の社会文化が息づき、また日本人の優しさに接した福井をこよなく愛し、「福井よ、あなたは幸せの泉だった」と述懐しました。その意味で彼の福井滞在の一つのハイライトは、生徒たちに幸せのお返しをしたクリスマス会だったのです。

 皆さまのお志により、このクリスマス会日本発祥の地で、特別の「サンタの夢」を多くの子供たちに見させてあげてください!


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください