はじめに・ご挨拶

 こんにちは。私は合同会社ナミレ代表の中村と申します。弊社は、災害避難用機器の開発、製造を行っています。メインの商品は、災害避難対応ワンルームカーという軽トラックに搭載したいわゆるキャンピングカーです。コンセプトは、”どこでもおうち”で災害によってインフラが分断された環境下でも5日間、2人が生活できる装備を有していることが特徴です。今回、懇意にさせていただいている湖西ボランティア団体の方とお話をする中で若者の参加が少ないことへの対策として現地での活動期間中の生活環境を改善することが重要であると認識し、今回のプロジェクトを行おうと思いました。

         災害避難対応ワンルームカー外観と内部

このプロジェクトで実現したいこと

 災害国ニッポンにおいて災害ボランティアは、非常に重要な戦力ですが、若者の参加が非常に少ないのが現状です。その原因の1つとして現地での活動期間中の環境があります。インフラの整っていない環境で活動以外の衣食住を個人で負担しなければなりません。ボランティアの4割の方が不調になっているという調査結果もあります。今回、ボランティアの皆さんが本来の活動に専念できるようにすること及び災害地で災害ゴミの運搬等に使用する軽トラックを供給することを同時に行うため、軽トラックの荷台に宿泊ボックス(2段ベットと簡易トイレ、簡易電源含む)を載せ、現地で容易に載せ下ろしできる機構を有した車両を開発しボランティア団体に寄贈し活用してほしい。

                資料:国立国際医療研究センター

    マルチボックス搭載状態            マルチボックス自立状態


私たちの地域のご紹介

私が住んでいる浜松市西区は、海抜4.5mで南海トラフ大地震が発生すると津波で水没する地域に入っています。


プロジェクトを立ち上げた背景

東日本大震災の復興具合を知りたくて石巻市から相馬市まで実際に車で走って見て聞いて感じた被害の甚大さに、今後発生するであろう南海トラフ大地震で予想される浜松の災害情景を重ね合わせると、何か自分の持っている技術で役に立てないかを考えて起業したのがナミレです。現在、ワンルームカーという災害避難対応のキャンピングカーを製造販売しており、その中で知り合った湖西市災害ボランティアの皆様と意見を交わすうちに今回のボランティアの皆さんの手助けとなる”どこでも下せる”マルチボックスの開発を思いつきました。

これまでの活動

 湖西市災害ボランティアの皆さんとお話していると以下のことが分かりました。①ボランティア団体及び参加登録者が高齢化していること=若い人がボランティア登録しないということ。②災害ボランティアは、非常に気力、体力を必要とすること。③現地での生活は、自分ですべて用意する必要があり負担になっていること。約4割の方が様々な要因で体調不良になっていることと関係があると思います。若い方は、参加したいという希望があっても③のハードルが高く①に繋がっている部分も多く、それならば③の部分の改善をして若い方がボランティアに参加しやすくする環境作りが出来ないか考えました。

資金の使い道・実施スケジュール

 上記③を達成するため、今回の簡易宿泊ボックスの設計要件として2名がプライバシーをある程度保てる就眠空間の確保、簡易トイレとカセットコンロ台、換気扇そして照明やスマホ充電用ソーラーバッテリーを備え、季節に影響されないよう30㎜程度の断熱材で壁を覆い窓とドアを設置した仕様の設計費及び材料、加工組立費、このボックスを支え且つ伸縮可能な支柱の設計及び材料、加工組立費、このボックスを搬送及び現地での災害ゴミの運搬に使用する軽トラック(AT、4WD仕様)購入に支援金を使用。

   ◆支援金用途内訳

 ・上記仕様の簡易宿泊ボックス・・・・80万円

 ・伸縮式支柱4本・・・・・・・・・・・・20万円

 ・軽トラック1台(上記仕様)・・・・・・70万円(中古車検討)

 ・リターン分費用・・・・・・・・・・・・10万円

 ・手数料他・・・・・・・・・・・・・・・20万円

   ◆寄贈先:湖西市災害ボランティア様(静岡県湖西市) 簡易宿泊ボックス、支柱及び車両一式

   ◆車両購入先:大雄自動車株式会社様(静岡県磐田市)

プロジェクトの全体日程は以下です。

 プロジェクトによって資金調達が達成(8月末)しましたら、湖西市災害ボランティアの皆さんと仕様の最終打ち合わせを行い、決定後設計実施。同時に車両購入先である大雄自動車様へ車両仕様と予算を連絡し、車両の確保を依頼します。この車両の荷台形状の最終確認後、各部品を発注(9月上旬)し、製作開始します。同時に支援者様へのリターンの製造及び情報のまとめを行い、随時、発送等対応する。簡易宿泊ボックスが完成した段階で湖西市災害ボランティアの皆さんに監査(10月中旬)をお願いし修正等を行い完成させます。簡易宿泊ボックスの表面にリターンの1つである支援頂いたお名前や企業名、マーク等の製作と貼り付けを行い、最終確認と写真撮影後、手配いただいた車両へ搭載し完了とします。車両の名義変更等を行い湖西市災害ボランティアへ寄贈手続きを完了させる予定です。(10月末) 

           プロジェクト全体日程
リターンのご紹介

リターンに関しては、以下を用意しています。

①サンクスレター&領収書

②ステッカー 黒色 1枚

③キャンプ用シリコン鍋敷き(鍋掴み兼用) 1枚 5色有り

材料はシリコンゴムで普段は家内だけでなくキャンプ場でも使える鍋敷きで、上部と下部の間のスリット部から折れ曲がりやすいので鍋掴みに適しています。洗った後は、穴部を引っ掛けておけます。色は、5色用意していますが、ご指定はできません。

④キャビンへの名前掲載S~XXL(企業ロゴ含む)個人名や会社名、ロゴ等の掲載をいたします。

自社の場合、XXLサイズは以下となります。

⑤メールにて毎週の製作過程報告(設計レイアウト⇒毎週の製作風景⇒完成品)

支援金とお返しは以下とします。

・3,000円・・・①、②          50口限定

・10,000円・・・①、②、③        50口限定

・20,000円・・・①、②、③、④S     (④の文字高さ20mmまで) 黒色のみ

・50,000円・・・①、②、③、④M、⑤     (④の文字高さ50mmまで) 黒色のみ

・100,000円・・・①、②、③ⅹ2枚、④L、⑤   (④の文字高さ100mmまで) 黒色のみ

・300,000円・・・①、②、③x3枚、④XL、⑤  (④の文字高さ150mmまで) 2色使用

・500,000円・・・①、②、③ⅹ5枚、④XXL、⑤ (④の文字高さ200mmまで) 3色使用
※注:文字長は、文字高さの5倍以下となります。

最後に

 このような災害関連の仕事をしていると”それって行政のやることでしょう?”とよく言われます。でも災害が起こって真っ先に困るのが災害被害者です。我々もいつ災害被害者になるかもしれません。そんな時に思うことは、一番困るであろう被害者が先頭を切って動くしかないということ。行政ばかり頼りにするのでなく、民間でできることは積極的に活動し準備しておくことが大切と思います。いち早く普通に生活できる環境を整え、早急な復興の手助けをしたいと思います。


<All-or-Nothing方式の場合>

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください