はじめに・ご挨拶

突然の難病宣告によりバンドボーカリストとして活動することが困難になった『ぼくたちのいるところ。』の人生ダメ子がソロアーティスト「Dame.co.jp」として活動を開始するとともに彼女を中心とした新たなプロジェクト『ゆめの向こう側』を始動させる事になりました。

このプロジェクトは「最高のショートフィルム映像作品を製作し、その映像作品にリンクした最高品質の配信ライブを無料で多くの人に届けアート全体の可能性を知ってもらいたい」そんな想いから生まれました。

今までのように激しいパフォーマンスで表現することが難しくなりバンド活動を英断したDame.co.jp。自身のバンドの最後の配信ライブを終えたときに自身の根元にあるものは間違いなく「ライブ」であることを痛感しました。しかしながら昨今の状況と体調面を考えるとできるライブ環境は配信ライブのみです。ですが、前バンドのラストライブを行った後、配信ライブに大きな可能性を感じました。

配信だからこそできる事やクオリティ、まだ知らない人に届くと言う利点はもちろんのことまだまだ新しいことができるんじゃないか。今回は「映像作品」との融合で新しい世界観を作り出し「現実を忘れるくらい、夢の中にいるような空間を体感できる最高の映像と音楽の無料配信ライブ」を作り上げることができれば、「ライブを配信でしている」という感覚から「配信ライブだからこんな世界が見られる」認識に変わっていくのではないかと思っています。

まだ見ぬ新しい景色を目指して、一緒にゆめの向こう側へ行ってみませんか?


プロジェクト参加メンバー

今回のプロジェクトは人生ダメ子改め『Dame.co.jp』を筆頭に、言わずとしれたアニメ映画『パーフェクトブルー』を代表作とする作家『竹内義和』078FMVCグランプリ受賞の実力派クリエイター『タニガワヒロキ(ケチャップマヨネーズ)』ぼくたちのいるところ。の作曲担当だけでなく各方面に楽曲提供も行う『下駄華緖』が参加。このメンバーを中心に独自の歌詞を作り上げてきたDame.co.jpの頭の中に浮かぶ想いを紡ぎ"言葉・映像・音楽"それぞれがひとつの物語を支えていくような作品を製作していきます。ショートフィルムが完成した暁にはプロジェクトメンバーによる配信ライブが無料で開催されます。

さらに今回のオリジナルグッズデザイン作成やデザイナーとしてイラストレーター・怪談師として名を馳せる『田中俊行』が参加。さらに全国多方面の絵画や立体アート制作で活躍中、バンド”バミューダバガホンド”ボーカルの『HARRY画狛』もアートワーク担当で加わって頂きました。

楽曲制作においては世界をまたにかけるバンドthe band apartのベーシスト『原昌和』Half-Lifeのギターボーカルとして長年のバンドキャリアを持ち、現在”らせん。”として活動を行っている『上里洋志』関西を中心に様々なバンドを手掛けあらゆるジャンルのサポートもこなす実力派ドラマー『楽しんでいこうや西岡』を招いて行っていきます。

ここでしか手に入らないグッズや、今回の参加メンバーによるハイクオリティな無料配信ライブも必見。人生ダメ子がDame.co.jpとしてソロ活動する新しい門出とともに、新時代を切り開く当プロジェクト。是非多くの方に携わっていただければ幸いです。


このプロジェクトで実現したいこと

今まで通りの形でライブをすることが難しくなった昨今において、ライブでの表現の新しい形を見出したいと思ったのが今回のきっかけでした。そしてその時期とほぼ同時に活動に制限がかかったDame.co.jp自身が感じたのは『身体がそばにいけないなら、心をもっと近く』と言う想いでした。生で体感する表現の素晴らしさは、変えがたいものです。でもそれに匹敵するような別の部分『製作過程』や『画面越しならではの表現』や『高い頻度での交流』そんな部分で、観る側と作る側が一緒になっていける表現で打撃を受けたエンターテインメント業界の中で「映像と音楽の融合が産む新しい可能性」を実現し、それを無料配信ライブとして最高品質でお届けし、新しい時代を切り開きたい、それが今回のプロジェクトで実現したいことです。


資金の使い道

今回は【ショートフィルム制作プロジェクト・ゆめの向こう側】を実行する為にクラウドファンディングを実施致しました。言葉から紡ぐ物語に映像と音楽をのせ、そしてライブと融合させる今までに無い壮大なプロジェクトですが、作品としてクオリティの高いものにするだけでなく「作る側」と「見る側」以上の関わりを持っていければと思っております。さらにこのメンバーだからこそ出来ることや、表現の新しい形を確立していき、今回はアウトプットの形として三本に渡るショートフィルムを制作していき、配信ライブとの融合を行います。

さらに他では見ることの出来ないこのメンバーならではの瞬間もご参加いただいた方には月に2−3回の頻度でCAMPFIRE内の活動報告にて様々な様子をお届けして行きます。前代未聞の大型プロジェクトに参加して一緒に楽しんでいただけたらと思います。

完成したショートフィルムはyoutubeなどで配信されますが、その他の限定動画や活動秘話などはクラウドファンディングにご参加頂いた皆様限定でお届けしていきます。皆様のご参加お待ちしております。


リターンについて

8/28に行われた「ぼくたちのいるところ。」のラストライブまでの一日をドキュメンタリー形式で収録したDVDや、今回のプロジェクトの音源や映像、さらには田中俊行デザインのプロジェクト限定グッズをリターン品としてご用意しております。さらに無料配信ライブを行った際のライブ映像や音源もリターンとしてご用意しております。

さらに新たに「エンドロール名前掲載プラン」を追加しました。記念でのご参加はもちろん、ご自身がアーティストとして活動されている方にも賛同の意味を込めてご参加いただけるのも大歓迎です。同じ表現者として新たなる配信ライブの未来を一緒に切り開きましょう!


実施スケジュール

9/18 23:30より30日実施します。


【人生ダメ子改め"Dame.co.jp"からのご挨拶】

今回はDame.co.jpソロ活動の第一弾として『ショートフィルムプロジェクト』を上記メンバーと打ち立てる事になりました。自分の病気が発覚し、活動がストップしてしまった時に『今自分にできることはなんだろう』と考えた時に「自分が置かれている環境の中で最高の表現をする為に協力してほしい」とまわりに声をかけたのがきっかけでした。前に踏み出すことに協力してくれて、新しいチャレンジをしたいと思わせてくれた参加メンバーには感謝してもしきれません。

今回描くストーリーは心の中で起こるお話です。人の心は宇宙です、晴れやかだったりドロドロしたり視覚には見えないものを視覚化したとしたら、それはとても美しく、時におぞましい。それでも目を背けてはいけないものとして存在すると思っています。それを画面越しで多くの人に体感してもらう•••かつてそんなライブがあったでしょうか?

各メンバーに出会ったのはそれぞれ"音楽"だったり"怪談"だったり様々ですが全員『なにかを創り続けている人』ばかりです。様々な環境が大きく動いている今、僕たちに出来ることは”創り続けること”、そしてそれを止めないことだと思います。


昨今の情勢でエンタメは大打撃です。でも、止めるわけにはいきません。大変だからこそやるんです。新しい形としての『表現』を今後も残していくために。そして新しい時代を切り開きます。


”創る”の裏側にはいつも支えてくれている人がいます。どんな時でも発信し・創り続けたい。そしてそれを楽しみにしてくれている人に目一杯感じて欲しい。そして遠くにいるあなたにも心で参加して欲しいです。
『あなたが参加してくれたから生まれた新しい時代の表現』という着地点、まさに”ゆめの向こう側”に一緒に行きませんか?


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください