はじめに・ご挨拶

初めまして。広島県、宮島の島内にある「国民宿舎みやじま杜の宿」です。

杜の宿の若手スタッフが杜の宿を代表して書いてます!温かい目でご拝読下さい。

みやじま杜の宿は宮島島内の最西に位置しています。宮島水族館の目の前です!

ご存じの方は、遠いなと思われている方も多いと思います。事実、歩いて通っているスタッフは毎日汗だくです。みやじまフェリー乗り場(桟橋)からは徒歩30分です。

確かに遠いですが、見方を変えるとそうでもないなと私達は思ってます。

宮島を観光する。楽しむと考えた時にはむしろメリットも多い宿かなと!

↑の地図を見て頂くとわかる通りフェリー乗り場と杜の宿の間にほぼすべての観光スポットが収まっています!

宮島観光のその先に「杜の宿」はあります!


宮島・杜の宿の現状

そんな杜の宿ですが、宮島全体・杜の宿周辺はとても寂しい状況になっています。コロナウイルスの影響から

宮島の来島者数は8月を見てみると昨年に比べ約35%です。ここ何年も右肩上がりだった宮島

来島者数がここまで激減してしまうことは前代未聞です。

杜の宿に関しては休館も余儀なくされ、売上0円の月もありました。

コロナ前

コロナ後国や、県、市の施策もあり、おかげさまでお盆や連休は、忙しく過ごさせて頂きました。この時ほど、来てくださったお客様に感謝を感じたことはありません。その意味では、スタッフにとって貴重な時間だったなと思います。

そして、またこのような日が来ればよいなとスタッフ一同心から願ってます。

お盆が明けると再び、宮島は閑散としてしまいました。春に賑わうはずだった修学旅行は秋に延期となっています。しかし、その予約も少しづつ消えてしまっている状況です。


広島県民・近隣エリアの方に来てほしい!!

杜の宿にご来館のお客様は例年、広島県民の方は全体の20%ほどです。関東や関西の方が多かったり、月によっては海外のお客様が多いのが宮島の特徴かなと思います。

現状の宿泊業界のトレンドは県内旅行の促進です。

広島では湯来などは普段から地元に愛されるスポットとして人気です。この流れのまま県内のお客様はさらに増えています。

そういった、地元密着のスポットは賑わっている中、宮島はどうか?と考えた時、まだまだ寂しいなと感じることが多いです。

杜の宿スタッフは、こう考えています。「地元は、宮島に行き飽きている」「船に乗るひと手間が。。。」

「宮島に宿泊は高い」という声が大きいのかな~。と。。。

しかし、実情は違います。宮島は今、リーズナブルに泊まれます。食べ歩きなど、地元民でも楽しめるスポットはたくさん増えてます。船に乗るのはプチ旅行気分で楽しいです♪

とにかく、宮島に地元の方ほど来ていただきたい!

夜のライトアップされた嚴島神社など新しい発見が必ずある!

というのが今の杜の宿スタッフの思いです!


プロジェクトを立ち上げた背景

皆様に宮島の現状とスタッフの思いを届けたい。

地元の皆様に来て頂きたい。

リターンはできる限り、宮島や杜の宿で楽しんで頂けるものをご用意致しました。

宮島に来た際に「杜の宿」にお立ちより、もしくはご宿泊下さい。

宮島を楽しむ一つとしてご利用頂けると幸いです。


リターンのご紹介

☆彡宮島の「杜の宿」で楽しもう☆ 

杜の宿館内で利用できる館内利用券1,000円分&宮島水族館内で利用できる特別クーポン2枚付き 


☆彡宮島水族館で楽しんだ後は「杜の宿」でランチ☆ 

杜の宿ペアランチ券&宮島水族館内で利用できる特別クーポン2枚付き 


☆彡宿泊未来チケット☆
平日限定おまかせペア宿泊券(朝食・夕食付プラン)&宮島水族館内で利用できる特別クーポン2枚付き

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


最後に

色々書きましたが、とにかく

宮島にお客様が戻ってきてほしい。もっと宿泊してほしい。地元の方にも遊びに来てもらいたい。

豊かな自然 マイナスイオン溢れる原生林の中を歩く登山や

世界遺産を朝さんぽなどまだ知らない宮島の魅力を新発見してもらいたい。

そうすることで、スタッフは忙しくも楽しく充実した日々を取り戻すことが出来ます!!

感染対策を十分に心がけ、スタッフ一同皆様のお越しをお待ちしております。


みやじま 杜の宿
〒739-0588
広島県廿日市市宮島町大元公園内
0829-44-0430(受付 9:00~21:00)




このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください