はじめに・ご挨拶

初めまして。

今回の体験会を主催するプロモトクロスライダーの佐竹涼冴(16歳)です!

4歳からモトクロスというオートバイレース競技を行っており、2019年には全日本選手権125ccクラスで第1位を獲得し、世界で活躍できる選手を目標に、日々努力しています。

今回のモトクロス体験会は、10代の現役プロライダーが主軸となって行います!

去年の初めには、堀江さんに向けてプレゼンも行いました!




モトクロスの魅力

モトクロスは、まず、免許が必要ありません

そして、非日常的な体験ができます!

このような点がモトクロスの魅力として挙げられます。

皆さん、バイクでジャンプしたことはありますか?

ないと答える人が多いでしょう。

私の体験会に参加すると、バイクで空を飛ぶことができるんです!!

こんな風に飛べたらかっこいいですね。これは僕です(笑)

ここまではすぐにはできませんが、実際に飛ぶことは可能です!


このプロジェクトで挑戦したいこと

 このプロジェクトでは、モトクロスの認知度向上や、楽しさを伝え、少しでも日本モトクロス業界が活性化することを目標としています。

 日本では、モトクロスはマイナースポーツですが、欧米では、大手保険会社や、レッドブルやモンスターエナジーなどの大手飲料会社などもサポートするほどのメジャースポーツなのです!

 今の日本モトクロス業界は、お世辞にも良い状況とは言えません。

 年々競技人口も低下して、引退する選手も多く、このままでは今の現状を維持することも難しいと考えています。

 そこで、一人でも多くの人にモトクロスの魅力を、実際の体験を通じて伝えるために、体験会を開催しようと思いました。

 普通に過ごしていては、出会うはずもないモトクロスの非日常感を、皆さんのストレス発散の場にしていただければなとも思っています。


モトクロスとは?

モトクロスと聞いて、ピンとくる人もそう多くはありません。モトクロスは、モトクロス用の競技バイクを用いて通常は行われます。

モトクロスのコースは、ジャンプとコーナー、ストレートで主に構成されています。コースを作った土地を利用した、登り坂や下り坂などの要素もあります。

これだけでも、普通では考えられないようなスポーツです。


モトクロスの特徴

モトクロスの一番の魅力、特徴と言えば、横一列のスタートです。

モトクロスのスタートは、ほかのモータースポーツとは違い、参加ライダー全員が横一列で同じ位置から、スタートするようになっています。大きな音と共に、一斉にライダー全員がスタートするのは、何とも言えない迫力があります!

次は、ジャンプです。

二つの山を飛び越える、二連ジャンプ、台形の山のテーブルトップジャンプ、など様々な形のジャンプがあります。また、長さ、大きさも異なり、普通のサイズでも15mから18mほどの飛距離があり、大きいものでは30m級のジャンプも存在します。

 まだまだ、魅力、特徴は伝えきれていませんが、実際行ってみると、迫力が凄くてすべてが見どころになっていると思います!


僕がこのスポーツを始めたきっかけ

 モトクロスを始めたきっかけは、「バイク」が近くにある環境があったからだと思います。僕の父が、モトクロスとは異なりますが、エンデューロという、オフロードレースを遊びでやっていて、そこに幼いころから一緒にいたことがきっかけで、バイクが好きになり、2歳の頃からバイクに乗りたいと言っていたそうです。しかし、僕の親に、自転車を補助輪なしで乗れないから乗らせられない、と言われ、すぐには乗らせてもらえませんでした。そこから、家の近くの土手で練習しだし、すぐに補助輪なしで乗れてしまったそうです。さらに、その土手の隣に、モトクロスの全日本コースがあったことから、モトクロスがしたい!と言いだし、僕がモトクロスと出会うことになりました。そんなこんなで4歳でモトクロスデビューを果たしました。


体験会内容

午前の部、午後の部、それぞれ10人ずつ、3時間ずつで開催します。

体験会の対象者は、高校生以上とします。

この体験会は完全に手ぶらで参加可能です!

バイク、ヘルメット、装備、何もいりません!

さらに、講師は、僕を含める現役の若手トップライダー3名になります!

ある程度バイクに乗れれば、プロバイクに少し乗ることも!?


体験会の流れ

準備運動、着替えなどを終えた後、実際にモトクロスを楽しく体験!講師陣によるデモンストレーション走行もあります!

最後には、みんなでチーム対抗レースをしましょう!

さらに、カメラマンさんに撮影してもらった映像を編集して、プレゼントする予定です!



資金の使い道・実施スケジュール

モトクロス装備品一式(10人) 150万円

11月~3月は毎月3回ずつ、4月~10月は毎月1回ずつ、1年間で計18回の開催を予定しております。

また、体験会に参加した人や、その他でのモトクロス経験者向けの、体験会の発展版である、スクールも開催予定でいます。そこでは、さらに深く技術介入していく予定です。


リターンのご紹介


Q&A

Q. 危なくないのですか?

A. 危険性は常に伴います。しかし、佐竹選手本人が一度も骨折をしたことがないように、安全性に配慮した体験会になります。その安全性のために大切な要素である、身体を守る装備品は一流のものを準備させていただく予定です。


Q. 保険はありますか?

A. 年間保険2500円(別途)で、障害保険、賠償責任保険、突然死葬祭費用保険の3つの保険を完備しています。参加者の方には、こちらから案内させていただきます。

詳細はこちら https://www.sportsanzen.org/hoken/hoken1.html 


Q. 何が得られますか?

A. バイクでジャンプをするという、非日常的な体験を得られます!また、その体験を影像に収め、皆様にお配りする予定です。


Q. 他社と異なる点は?

A. 第一に、手ぶらで参加できる点です。そして、他社と比べ、私たちは安全性を重視いたします。そのため、装備品等に大きなコストをかけさせていただく予定です。さらに、講師陣も現役の若手プロライダーですので、リアルな感覚と意見をお伝えできます。


Q. 初心者でも大丈夫ですか?

A. 大丈夫です!体験会ですので、初心者の方や、未経験者の方向けに開催する予定です。皆様が楽しめるものを準備いたします。


Q. 何歳から参加できますか?

A. 準備させていただくバイクの排気量や、装備品のサイズ等から、高校生以上からを参加可能としています。


最後に

この体験会は、僕たち若者が先頭に立ち、少しでも業界を活性化させようと企画したものです。

今後、全国にモトクロスの魅力を伝えられるように、活動範囲を全国に広めていきたいとも思っています。

また、僕の目標である、世界一位を達成できるよう頑張っていきます!

皆さんご支援ご協力お願いいたします。

こちらは僕のオンラインサロンです!無料ですので、ぜひ入ってください!


これまでの戦績

2017年(13歳)

(2017年12月30.31~2018年1月1.2日) アメリカにて活動

・2018 RAYAN VILLOPOTO AMATEUR MOTOCROSS CUP 出場 

  13歳~14歳の部(85cc)   総合第1位

  12歳~15歳の部(85cc) 総合第3位


2018年(14歳)

 ・全日本モトクロス選手権大会

   第1戦(九州大会) 4月7日 第2位

   第2戦(関東大会) 4月21日 第4位

   第3戦(宮城大会) 5月12日 第4位 

   第4戦(中国大会) 5月26日 第3位

   第5戦(九州大会) 6月9日 第10位

   第6戦(岩手大会) 7月21日 第3位 

   第7戦(中国大会) 8月25日 台風の為中止

   第8戦(近畿大会) 9月8日 第12位(マシントラブル)

   第9戦(宮城大会)10月27日 第4位

 ・2018ジュニアモトクロスワールドチャンピオンシップ 日本代表

   個人ランキング 第14位

   国別ランキング(日本) 第7位


2019年(15歳)

 ・東北モトクロス大会 年間シリーズランキング 第1位

 ・近畿モトクロス選手権大会 第2位

 ・モトクロス全国大会 総合第7位

 ・全日本モトクロス選手権大会 125ccクラス

   第6戦(近畿大会) 第1位


2020年(16歳)

 ・全日本モトクロス大会 IBクラス 年間シリーズランキング 第4位



<All-or-Nothing方式の場合>

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

  • 2021/03/24 06:41

    皆さんご支援いただきありがとうございました。今回、目標金額150万 最終金額351,000円達成率23%で、終了しました。多くの方々支えられたにも関わらず、サクセス出来なくてとても悔しい気持ちでいっぱいです。今回の体験会は、日本にモトクロスを広めていくための開催費用でした。モトクロスは、初期投...

  • 2021/03/21 22:55

    クラウドファンディング終了まで、残り1日となりました。ご支援してくださった皆様、ありがとうございました!この一か月近く、クラウドファンディング成功のために一生懸命活動しましたが、現在の達成率はAll-or-nothingの23%で、なかなか厳しい現状です。今回、初めてクラウドファンディングをや...

  • 2021/03/20 20:14

    クラウドファンディング終了まで、残り2日となりました!応援してくださっている方々、本当にありがとうございます!さて、本日はYSP浜松様のところに、YAMAHA様からのサポートバイクを引き取りに行きました!毎年そうですが、実際に引き取ると、今年のシーズンも本格的に始まるんだな、と身の引き締まる思...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください