はじめに

私は フェンシング という競技の選手です。
櫛橋 茉由 MAYU KUSHIHASHI と申します。はじめまして。
今まで何回か、プロジェクトを投稿させて頂いております。お久しぶりです。


このコロナ時代がやってくるまで、私はイタリアに住んでいました。
日本代表として、世界を飛び回らせて頂いておりました。が、、、、
現在は、日本のホームタウンにてひっそり暮らしております。
落ち着くまでは、イタリアには帰ることができません。

そのため、日本でできることを色々とやっております。


私はフェンシングにおける サーブル 種目の選手です。

フェンシングにはフルーレ、サーブル、エペと3種目あり、全てが異なります。
サーブル種目は相手を切りにいく競技です。

詳しくは下記の動画をどうぞ。



このプロジェクトで挑戦したいこと

実は、9月に全日本選手権が行われます。今年は例外として、日本ランキングがベスト16以内の
選手のみ出場可能という措置が取られています。私、権利を頂きました。
が、現在コロナの影響で色々と仕事が激減し、フェンシングを続ける費用をどうにか模索している
状況です。


3月に日本に帰国後、コロナの影響で思うように練習ができない日々が続き、
実際今のところ100パーセントの練習ができるようになったかといいますと、
そうではありません。日々、練習場所と相手を探しています。
そして、今のこのような現状でスポーツを行うこと自体に疑問を抱いていた時期もありました。

たくさんの人が仕事を失い、感染の恐怖に怯え、世界的によくない方向へ進んでいる今、
アスリートの価値を考えていたということもあります。
何ができるのか?全ての目標が見えないまま進み続けるトンネルに、出口はあるのか?
悲観していても何も始まらないので、自分で日本でできうることを片っ端からやってみることにしました。


今、私は日本での生活がもうすぐで半年になります。

半年間、イタリアの家は放置されたまま。

全日本選手権があったので、それが終わった頃に帰れたらいいなあと思っていました。

しかし、これから先もどうなるかはわからない。

色々なことを全ておいて日本に帰ってきたので、本当に心配ですが、

今は今できることを積み重ねていくしかない時期なのだと思います。


世界中がみんな同じ状況なのであれば、いつか世界の試合が再開される時まで
地道に練習を続けます。

そして、自分にできることを日本で少しづつ行っていきます。


私がこのスポーツを始めたきっかけ


私がフェンシングを始めたのは13歳の時、中学校で始めました。
剣が好き、とにかく剣が好きで。始めました。
その後、高校大学と続けながら、実業団で4年間過ごさせて頂いた後、
自らコーチを見つけ直談判をし、イタリアに渡ってまいりました。もうすぐ4年になります。


これまでの歩み・軌跡


2017年にナショナルチーム加入後、イタリアからW杯に参戦する日々を送らせて頂いておりました。
時折、日本の試合に帰国しながら、日本と世界を繋ぐプロジェクトを企画しておりました。

今後もどんどん企画をリリースしていけたらいいと考えています。
オンラインでのレッスンなども行っております。


2017年度 W杯転戦 日本代表ジュニアチームを自身のクラブに招聘(国際合宿)

2018年度 W杯転戦 日本代表ジュニアチームに帯同、通訳

     イタリアの国際合宿に日本チームを招聘、コーチ兼通訳

     第1回KUSHIPROキャンプ を日本代表コーチ、選手方と共同企画、主催

     世界ベテラン選手権帯同コーチ

2019年度 W杯転戦 イタリア合宿企画帯同、コーチ

     第2回KUSHIPROキャンプを主催

     世界ベテラン選手権帯同コーチ


私のクラブが主催する国際合宿に、日本から選手を招聘しました。

世界中から200人以上が集まるメガキャンプです。


2019年夏 日本代表コーチ、選手のご協力を頂き、

第2回KUSHIZZI PROJECT SABRE CAMPを主催しました。

海外からもご参加いただきました。


そして、現在。こちらの サーブルファミリーというコミュニティを運営しております。

サーブルファミリーフェイスブック


こちらは我がKUSHIZZI PROJECTがプロデュースし、
日本代表のサーブルチームと、また日本のサーブル種目に関わる選手、全ての方に
様々な情報共有や、ニュースをお届けしようというコミュニテイになっております。

第一の目的は、日本代表が2021年まで歩むストーリーを共有すること。

身近な代表、応援したくなる代表、顔が見れる代表の、ストーリーテリングに挑戦しております。


資金の使い道・実施スケジュール


皆様にご支援いただいた資金は、現役続行費用、用具代、全日本選手権参戦費に活用させて頂きます。
私は今まで自己資金とクラウドファンディング で皆様にご支援いただいた資金で、
競技では珍しい企業スポンサーのない選手として、今まで歩んでくることができました。

私にとってのスポンサーはご支援いただくサポーターの方々です。

今、とても選手として、モチベーションを欲しております。

応援いただく方、私の挑戦に賛同してくださる方へ、しっかりと準備して全日本選手権に挑みたい。

そして、その後の試合に挑み続けていたいと考えております。


リターンのご紹介


リターンにつきましては、今回はこちらのサーブルファミリーティシャツとさせて頂きます。

サイズはSS S M L LL にて。

フェンシングのサーブル応援団の方々、私を応援してくださる方々に、
ぜひこのTシャツを着て、応援頂きたいのです。

そして、2021年のサーブルの日。会場をこのTシャツで埋め尽くしたい!!


本来ならば、私のプロジェクトとサーブルファミリーは別事業なのですが、

KUSHIZZIPROJECTがサーブルファミリーより、リターン分のTシャツを購入し、

日本中の皆様にお届けするという形で設定させて頂きます。



最後に

今、このような状況で自分の目標のためにクラウドファンディング を行うことは
ある意味自分勝手で、ある意味一つの挑戦だと考えています。

私がこうしてプロジェクトを行うことで、多くの方が応援してくださり、
そして多くの繋がりが生まれてきました。

発信し続けることで、より多くの方にフェンシングという競技を知って頂きたい。


このプロジェクトの意図は、私の全日本選手権参戦を応援いただければ嬉しいです!
ということが一つと、
これからの活動を少しでも多くの方々に知って頂きたい。という覚悟が一つです。


側から見ると、留学中断状態の、事業もできなくなり仕事も減ったどちらかというと
コロナの影響をかなり受けた人間の一人のようですが、そこで悲観している場合ではありません。

もっともっと困っている人に何かできることがあると思います。
少しづつ、オンラインで発信を行っています。

そして、これから何を企画して、どんな風にフェンシングを日本で盛り上げていこうか
ずっとワクワク考えています。

もちろん日本の中だけではなく、世界と日本をコネクトしていきたい。



今、私は日本代表サーブルチームとして、クラウドファンディング のおかげで

試合に出続けることができ、今こうしてまだ現役を続けさせて頂いております。

こんな選手もいるんです。ぜひ、日本の皆様に知って頂きたい。

そして、一緒にこれからの日本の未来をつくっていきたい。

スポーツを通して、自分の行動を通して、少しでも明るい話題をお届けすることができたら

本当に嬉しいです。




KUSHIZZI PROJECT

代表 櫛橋 茉由

公式ブログ 

フェイスブックページ

<All-in方式>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

Copyright © 2019 KUSHIZZI PROJECT All Rights Reserved.



  • 2020/10/12 11:44

    https://youtu.be/2_ugTRvgNQo全日本選手権、応援いただきまして本当にありがとうございました。こちらその動画です。悔しいですが、また頑張ります!

  • 2020/09/11 10:46

    #全日本選手権 ライブ配信http://championship.fencing-jpn.jp/こちらの全日本選手権特設サイトにて、試合がライブ配信されます!パソコンではサイトからそのまま観戦ますが、スマホからですと #Player! アプリのダウンロードが必要だそうです。ぜひぜひ、生で観てく...

  • 2020/09/10 17:33

    全日本選手権の組み合わせが出ました。相手は同い年のスーパー仲間、青木選手です。最後になるかもしれないこの試合で同じく最後になるかもしれない大事な友人と剣を交えることができるチャンスに心からワクワクしています。思いっきり戦います。試合はオンライン配信があるようなのでまたわかり次第投稿します^_^

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください